« Mahler StraßeのSushi Bar「ねこ」 | Main | 夜だけ営業する謎のブルストスタンド »

March 23, 2016

建設が進むU1  Oberlaa延伸工事の近況

Sn00526

各国で大きく報道されていますが、昨日、ブリュッセルでテロ事件が発生しました。犠牲になった皆さまに心から哀悼の意を表します。

オーストリアでも空港をはじめとする主要施設の警備が厳しくなると思われます。今週はイースター休暇で移動する人が増えるだけに、混乱も予想されます。

しかし、空港の非制限エリアや地下鉄駅といったソフトターゲットは、このようなテロを完璧に防ぐことが困難なだけに、関係者も頭を悩ましていると思われます。

さて、今日は「地下鉄U1の南延伸工事の話題」をお伝えしましょう。

現在、Wiener Linienでは地下鉄U1でReumannplatz-Oberlaa間の延伸工事を進めています。

このブログでも、2015年5月17日の記事(詳しくはこちらから)で工事の模様をお伝えしましたが、工事もだいぶ進んだようなので、Wiener Linienの現場写真で工事の進捗をご紹介します。

まず、南延伸工事のおさらいから。工事はReumannplatz-Oberlaa間4.6キロを新たに建設するもので、Troststraße、Altes Landgut、Alaudagasse、Neulaa、Oberlaaという五つの駅が新設されます。

総工費は約600 Millionen Euro。工事は2012年に着工され、2017年秋の開業が予定されています。

全体的には、トンネルをはじめとする構造物の工事はほぼ完了したようで、すでに線路の敷設が完了している区間もあります。

Sn00525

また、地下に駅がある区間では、内装の仕上げ、電気、地上設備の工事に入っているようです。今回の延伸区間は、地下、地上を問わずプラットホームは両側に列車は発着する島式になっています。

Img_2016_02_0482

○Troststraße駅付近
ReumannplatzからTroststraße駅までは、地上への影響を防ぐため単線シールド工法で施工されています。シールドトンネルの完成後、2015年12月に線路の敷設が完了し、現在、電気システムや内装工事に入っています。

Reumannplatz-Troststraße間は、トンネル工事の関係で、地上の道路に大規模な車線規制が行われていましたが、トンネル工事完了にともない、昔の姿に復旧しています。

車線規制もなくなりました。そのため、この下に地下鉄ができているとは、地上からはわかりません。Feriも、先日、ボタンを買うためにReumannplatzへ行った際、付近を散策しましたが、地下鉄工事の痕跡は姿を消していました。

Sn00512

左が最近撮影したReumannplatz付近の道路です。この地下にU1の延伸区間が建設されています。

Troststraße駅は単線シールドトンネル内にあるため、駅には上下線のプラットホームを結ぶ連絡通路が設けられています。ただ、従来の駅よりもプラットホームの幅は広くなっているようです。

2016年春からは、プラットホームへの床材敷設などの最終的な仕上げ工事に入ることになっています。

なお、右の写真は建設が進む地上の駅設備です。

Sn00511

○Altes Landgut駅付近
この区間は、イラストを見るとわかるように、既存の道路トンネルがある関係で、その下にU1を通すため、単線シールド工法で建設されました。駅も単線シールドトンネル内にあり、上下線のプラットホームが別れています。上下のプラットホームは連絡通路で結ばれています。

たた、従来の駅と異なり、エレベーターシャフトの部分は、吹き抜けになっているそうです。これは新しい試みですね。
2015年にトンネルをはじめとする土木工事は完了し、軌道の敷設も完了しています。

現在、駅設備の工事に移っています。同駅は地下にあるため、地上の駅舎の工事も急ピッチで進められています。2016年半ばからは、プラットホーム上の床材敷設や階段の仕上げに入ることになっています。

Sn00524

なお、Altes Landgut駅からAlaudagasse駅までの間も、Alaudagasse駅付近をのぞいて単線シールド工法で建設されました。

○Favoritenstraße付近
2015年12月にコンクリート打ちが完了し、構造体が完成しました。2016年からは、線路の敷設工事が始まっています。写真は地下トンネルから地上にアプローチする部分です。

トンネル区間の完成に合わせて工事が行われた模様です。そのため、トンネル区間よりも完成が遅くなったようです。

なお、Favoritenstraßeは幹線道路で、自動車の通行量も多いため、地下鉄延伸による渋滞緩和も期待されています。

Sn00510

○Alaudagasse駅付近
Alaudagasse駅は地下にありますが、深い場所に駅がある訳ではなく、地上から掘り下げる開削工法で建設されました。そのため、プラットホームは一般的な島式です。

駅付近では線路の敷設は完了し、プラットホームや駅舎の構造体は完成しました。現在、窓ガラスの取り付け、プラットホームへの床材敷設が始まっています。今後、内装の仕上げに移ることになっています。

Alaudagasse駅付近からNeulaa駅までは、一部が地下、途中から堀割の中を走るようになっています。なお、地下区間でもAlaudagasse駅近くに明かり区間があります。

Sn00509

○Neulaa駅付近
Neulaa駅は地上にありますが、駅舎や構造体は完成しており、写真のように線路の敷設が始まっています。今後、駅舎などの内装工事が行われることになっています。

工事の進捗が早く、2016年秋には竣工する予定になっています。また、同駅に隣接して車両基地が設けられますが、こちらも構造体は完成しており、線路の敷設や各種付帯設備の工事が始まっているようです。

○Oberlaa駅付近
Oberlaa駅は地上に設けられています。すでにプラットホームや駅舎などの構造体は完成しており、2015年から線路の敷設工事が始まりました。

Sn00508

2016年春には、線路の敷設が完了することになっています。その後、駅舎をはじめとする施設の内装工事が行われる予定です。

Oberlaa駅は地上駅であるため、TermeWeinやÖBBの駅とは、線路上に掛かる歩道橋(自由通路)で結ばれます。

なお、工事が完成するとReumannplatz-Oberlaa間は8分で結ばれる予定になっています。

Oberlaaには有名な温泉保養施設TermeWienがありますが、U1の南延伸が完成すると、都心から30分で行くことができるようになるため、非常に利便性が向上すると思います。

Sn00507

Oberlaa付近にはホイリゲもありますし、ある意味、地域の活性化に貢献しそうです。Terme Wienで疲れを癒やした後、ホイリゲで一杯‥という楽しいプランが実現しそうですね。

余談ですが、南延伸が完成すると、U1は路線が19.3キロとなり、ウィーンの地下鉄では最も長い路線となります。

なお、U5とU2の新鮮区間の建設工事も始まっていますが、こちらについては、日を改めてご紹介します。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« Mahler StraßeのSushi Bar「ねこ」 | Main | 夜だけ営業する謎のブルストスタンド »

Comments

Feriさん、こんにちは。

ウィーン滞在中は、Therme Wienに週1で行くので、
67番のトラムがなくなって、最近はバスを使ってました。
Oberlaa駅の工事は、行く度に進捗を感じていましたが、
2017年秋には地下鉄が延伸するんですね。

ところで、Feriさんは市営プールには行かれますか?
私は、Reumannplatzでバスに乗る手前に、Amalienbadを発見!
1926年に竣工したアールデコを思わせる内装を見ながら、
気持ちよく泳ぐと、
ウィーンで生活しているなと、その幸せを感じます。

17区のアパートメントの近くには、Jörgerbadもある
ようなので、今から楽しみです。

Posted by: ぷいい | March 23, 2016 16:16

Feriさんこんばんわ
ベルギーのテロ。本当に心が痛みます。悲しいです。

Oberlaa!! 初めてウィーンに行った時のホテルがOberlaaでした。
旧市街からトラムに乗って行くのにドキドキした思い出が。
12月だったのですがその年は記録的な大雪で、トラムの終点から
ホテルまで歩くだけでも遭難しそうな積雪でびっくりしました。
U1がつながるんですね、それは便利になりますね。
温泉にホイリゲ、最高ですね。

その初めての旅行で、帰りのウィーン発便が雪で遅れに遅れ、
空港にほぼ1日いた後、やっとオランダまでたどり着いたけれど
もう便がなく、またもや空港で長時間待ちぼうけで、
結局オランダ宿泊になった思い出が。今となっては良い思い出ですが
その時はドキドキして半泣きでした。

Posted by: Kei | March 23, 2016 20:14

ぷいい様

私はあまり温泉には行きませんが、一時、はまっていた友人がおりました。

17区のJörgerbadは、私が17区に住んでいたころ、43系統でよく前を通っていました。確か1年ほど前にリニューアルしたと思います。

U1の南進工事が完成するとOberlaaも、今まで以上に賑わうことでしょうね。

Posted by: Feri | March 23, 2016 21:51

Kei様

最初にご宿泊されたのがOberlaaだったのですか。ウィーンの外れですから、最初は戸惑ったことと思います。

私も、その昔、知らないでウィーンの外れにあるホテルを予約したことがありましたね。

ところで、以前、ブログでもご紹介したことがありますが、私も何度か接続便の遅れで、予定通り日本へ戻れなかったことがあります。

Posted by: Feri | March 23, 2016 21:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Mahler StraßeのSushi Bar「ねこ」 | Main | 夜だけ営業する謎のブルストスタンド »