« 日本の新幹線を支えるオーストリアの優れもの | Main | グラーツ歌劇場 2016/17シーズン・プログラム発表 »

April 19, 2016

アン・ディア・ウィーン劇場 2016/17シーズン・プログラム発表

Sn00563

各劇場で来シーズンのプログラムが発表になっていますが、アン・ディア・ウィーン劇場でも2016/17シーズンのプログラムが発表になりました。

その概要をお伝えしましょう。なお、皆さまご存じのように、同劇場では月替わりでオペラが上演されるパターンです。例によって個性的なプログラムが多いですね。

○オペラ
-シャルル・ルイ・アンブロワーズ・トマ作曲「ハムレット(Hamlet)」(2016年9月14日プレミア)
-アントニオ・サリエリ作曲「ファルスタッフ(Falstaff)」(2016年10月12日プレミア)
-ジュゼッペ・ヴェルディ作曲「マクベス(Macbeth)」(2016年11月11日プレミア)
-ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲「ドン・ジョヴァンニ(Don Giovanni)」(2016年12月12日プレミア)
-ヘンリー・パーセル作曲「妖精の女王(The Fairy Queen)」(2017年1月19日プレミア)
-ヴェルナー・エック作曲「ペール・ギュント(Peer Gynt)」(2017年2月17日プレミア)
-ジョアキーノ・ロッシーニ作曲「イングランドの女王エリザベッタ(Elisabetta)」(2017年3月17日プレミア)
-ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ作曲「若い恋人たちへのエレジー(Elegie für junge Liebende)」(2017年3月2日プレミア)

○コンサート形式オペラ

-Georg Friedrich Händel作曲「Il delirio amoroso」(2016年9月17日、Wiener Philharmonikerによる上演)
-Henry Purcell作曲「Dido und Kleopatra」(2016年9月24日)
-Antonio Salieri作曲「Les Horaces」(2016年10月18日)
-Jean-Philippe Rameau作曲「Zoroastre」(2016年11月16日)
-Christoph Willibald Gluck作曲「Orpheus」(2016年11月23日)
-Giovanni Battista Pergolesi作曲「Adriano in Siria」(2016年12月16日)
-Antonio Vivaldi作曲「Juditha Triumphans」(2017年1月25日)
-Johann Adolph Hasse作曲「Piramo e Tisbe」(2017年2月28日)
-Claudio Monteverdi作曲「Il ritorno d´Ulisse in patria」(2017年3月22日)
-Nicola Antonio Porpora作曲「Germanico in Germania」(2017年3月30日)
-Georg Friedrich Händel作曲「Ariodante」(2017年5月12日)
-Joseph Haydn作曲「Die Schöpfung(szenisch)」(2017年5月15日・16日)

○カンマー・オペラ
-Giuseppe Verdi作曲「La Traviata」(2016年9月27日プレミア)
-「Portraitkonzert::Matteo Loi, Bariton」(2016年10月13日)
-「Portraitkonzert: Anna Marshaniya, Mezzosopran」(2016年10月20日)
-Šimon Vosecek作曲「Hybris」(2016年11月3日プレミア)
-Hannes Löschel作曲「Nemesis」(2016年11月14日プレミア)
-Christof Dienz作曲「Soma」(2016年11月25日プレミア)
-「Portraitkonzert:;Carolina Lippo, Sopran」(2016年12月2日)
-「The Flying Schnörtzenbrekkers」(2016年12月31日)
-Viktor Ullmann作曲「Der Kaiser von Atlantis oder Die Tod-Verweigerung」(2017年1月11日プレミア)
-「Portraitkonzert::Frederikke Kampmann, Sopran」(2017年1月22日)
-Georg Friedrich Händel作曲「Oreste」(2017年3月6日プレミア)
-「Portraitkonzert::Florian Köfler, Bass」(2017年3月17日)
-「The Flying Schnörtzenbrekkers」(2017年3月18日)
-Antonio Salieri作曲「Die Schule der Eifersucht」(2017年5月18日プレミア)
-「Portraitkonzert:Thomas David Birch, Tenor」(2017年5月29日)

なお、このほかにも各種のコンサートやバレエなども上演されます。ちょっとバタバタしているため、詳細な分析がない「手抜き」で申し訳ありません。

オペレッタが入れば、気合いが入るのですが(笑)。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

オペラ |

« 日本の新幹線を支えるオーストリアの優れもの | Main | グラーツ歌劇場 2016/17シーズン・プログラム発表 »

Comments

こんばんは!その節は大変お世話になりました!

これからも読者を続けます。
楽しみにしています!

Posted by: カナ | April 20, 2016 00:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日本の新幹線を支えるオーストリアの優れもの | Main | グラーツ歌劇場 2016/17シーズン・プログラム発表 »