« 住宅団地を訪ねて(集合住宅編) | Main | 速報 オーストリア航空 今秋、日本線から撤退 »

April 07, 2016

速報 ウィーン国立歌劇場 2016/17シーズン プログラム発表

Sn00554

4月6日、ウィーン国立歌劇場が2016/17シーズンのプログラムを発表しましたので、その概要をご紹介しましょう。

年間の公演プログラムは350以上で、オペラ公演は54演目、バレエ公演は10演目、子供向けオペラは3演目となっています。

なお、具体的なスケジュールについては、Austria-fan.comに掲載をお願いしました。相変わらずAustria-fan..comのスタッフは仕事が早いです。

来シーズンも、9月3日の「Tag der offenen Tuer」(オープンハウス)で開幕します。

○オペラ・プレミア
来シーズンは5演目が新演出で上演されます。
-Christoph Willibald Gluck作曲「ARMIDE(アルミード)」(2016年10月16日プレミア)
指揮はMarc Minkowskiさん、出演者にはGaëlle Arquez、Paolo Rumetz、Stanislas de Barbeyrac、Gabriel Bermúdez、Jinxu Xiahou、Olga Bezsmertna、Hila Fahimaといった皆さんの名前が挙がっています。

-Giuseppe Verdi作曲「FALSTAFF(ファルスタッフ)」(2016年12月4日プレミア)
指揮はZubin Mehtaさん、出演者にはAmbrogio Maestri、Ludovic Tézier、Paolo Fanale、Carmen Giannattasio、Hila Fahima, Marie- Nicole Lemieux、Lilly Jørstadといった皆さんの名前が挙がっています。

-Giuseppe Verdi作曲「IL TROVATORE(イル・トロヴァトーレ)」(2017年2月5日プレミア)
指揮はMarco Armiliatoさん、出演者にはLudovic Tézier、 Anna Netrebko、Roberto Alagna。Luciana D’Intinoといった皆さんの名前が挙がっています。

-Richard Wagner作曲「PARSIFAL(パルジファル)」(2017年3月30日プレミア)
指揮はSemyon Bychkovさん、出演者にはGerald Finley、 Hans-Peter König、Christopher Ventris、Jochen Schmeckenbecher、Nina Stemmeといった皆さんの名前が挙がっています。

-Claude Debussy作曲「PELLÉAS ET MÉLISANDE(ペレアスとメリザンド)」(2017年6月18日プレミア)
指揮はAlain Altinogluさん、出演者にはFranz-Josef Selig、Bernarda Fink、Benjamin Bruns、Simon Keenlyside、Olga Bezsmertnaといった皆さんの名前が挙がっています。

○子供のためのオペラ・プレミア
-「Tristan Schulze(トリスタン・シュルツェ)」(2017年1月29日プレミア)
AGRANA STUDIOBÜHNEに制作を委託した作品です。指揮はWitolf Wernerさんが予定されています。

○バレエ・プレミア
3作品が新演出で上演されます。
-「BALANCHINE | LIANG | PROIETTO」(2016年11月1日プレミア)
「LE PAVILLON D'ARMIDE | LE SACRE」(2017年2月19日プレミア)
-「NUREJEW GALA 2017」(2017年6月29日プレミア)

Img_2015_09_3387

○レパートリー・オペラ
以下のオペラが継続上演されます。
「Turandot」、「Lohengrin」、「Carmen」、「Madama Butterfly」、「La Fille du régiment」、「Salome」、「Aida」、「Simon Boccanegra」、「Tosca」、「Le Nozze di Figaro」、「Alcina」、「Don Pasquale」、「La cenerentola」、「Manon」、「La Bohème」、「Il barbiere di Siviglia」、「La traviata」、「La fanciulla del West」、「L'elisir d'amore」、「Macbeth」、「Peter Grimes」、「Die Zauberflöte」、「Hänsel und Gretel」、「Die Fledermaus」(オペレッタ)、「La sonnambula」、「Die tote Stadt」、「Roméo et Juliette」、「Don Giovanni」、「Salome」、「Nabucco」、「Il Trovatore」、「Otello」、「L'elisir d'amore」、「Turandot」、「Don Giovanni」、「Arabella」、「Tristan und Isolde」、「Faust」、「Faust」、「L'Italiana in Algeri」、「Werther」、「Medea」、「Un ballo in maschera」、「Kátja Kabanová」、「Lady Macbeth von Mzensk」、「Das Rheingold」、「Die Walküre」、「Eugen Onegin」、「Siegfried」、「Götterdämmerung」、「Der Rosenkavalier」、「Fidelio」、「Rigoletto」、「Don Pasquale」、「Don Carlo (ital.)」、「Elektra」、「Pelléas et Mélisande」、「L'elisir d'amore」

○レパートリー・子供向けオペラ
「Pünktchen und Anton」、「Die Zauberflöte für Kinder」(2017年2月24日限定公演)、

○その他
恒例の「Opernball」(オペラ座舞踏会)は、2017年2月23日に開催されます。

また、2017年5月17日には、「KS Plácido Domingo sein 50-jähriges Bühnenjubiläum an der Wiener Staatsoper」(プラシド・ドミンゴ国立歌劇場舞台デビュー50周年記念ガラコンサート)が上演されます。

○来日公演
すでに招へい元のNBSから公表されているように、2016年10月から11月にかけて、来日公演が予定されています。
―「ナクソス島のアリアドネ」:10月25日、10月28日、10月30日(東京文化会館)
-「ワルキューレ」:11月6日、11月9日、11月12日(東京文化会館)
「フィガロの結婚」:11月10日、11月13日、11月15日(神奈川県民ホール)

Img_2015_10_6524

○ゲストソリスト
来シーズンは、アンサンブル(専属歌手)に加えて、以下のようなゲストソリストが出演する予定です。
Gun-Brit Barkmin、KS Angela Denoke、Véronique Gens、Angela Gheorghiu、KS Edita Gruberova(2017年3月24日「Solistenkonzert Edita Gruberova」だけでオペラ出演はなし)、 Anja Harteros、Anita Hartig、KS Sophie Koch、Aleksandra Kurzak、Isabel Leonard、 Kristin Lewis、Lise Lindstrom、Irina Lungu、KS Waltraud Meier、KS Ricarda Merbeth、Anna Netrebko、Camilla Nylund、Olga Peretyatko、Marina Rebeka、Chen Reiss、Dorothea Röschmann、Michaela Schuster、Martina Serafin、Albina Shagimuratova、KS Nina Stemme、KS Krassimira Stoyanova、KS Violeta Urmana、Elena Zhidkova、KS Roberto Alagna、KS Carlos Álvarez、Marcelo Álvarez、Piotr Beczala、Jean-François Borras、KS Johan Botha、Pavol Breslik、Marco Caria、Jorge de León、Andrzej Dobber、Albert Dohmen、KS Plácido Domingo、KS Juan Diego Flórez、KS Ferruccio Furlanetto、Matthias Goerne、KS Stephen Gould、Eric Halfvarson、Dmitri Hvorostovsky、Eric Jurenas、Joseph Kaiser、Jonas Kaufmann、Tomasz Konieczny、Dmitry Korchak、Hans Peter König、Ambrogio Maestri、Christopher Maltman、KS Leo Nucci、Michele Pertusi、George Petean、Saimir Pirg、Luca Pisaron、Adam Plachetka、Piero Pretti、Peter Rose、KS Michael Schade、Jörg Schneider、Erwin Schrott、Gerhard A. Siegel、KSCH Peter Simonischek、Pietro Spagnoli、KS Falk Struckmann、Bryn Terfel、Ludovic Tézier、KS Ramón Vargas、Klaus Florian Vogt、Kwangchul Youn、KS Heinz Zednik

○WIENER STAATSOPER LIVE AT HOME
今シーズンに引き続き、有料でインターネットによる中継が行われます(45公演)。

○OPER LIVE AM PLATZ
来シーズンも2016年9月、2017年4月から6月にカラヤン広場で、約20演目のライブビューイングが行われます。また、12月31日の「こうもり」もライブビューイングで楽しむことができる予定です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ウィーン国立歌劇場 |

« 住宅団地を訪ねて(集合住宅編) | Main | 速報 オーストリア航空 今秋、日本線から撤退 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 住宅団地を訪ねて(集合住宅編) | Main | 速報 オーストリア航空 今秋、日本線から撤退 »