« アン・ディア・ウィーン劇場 2016/17シーズン・プログラム発表 | Main | ウィーンの「凧揚げ」 »

April 20, 2016

グラーツ歌劇場 2016/17シーズン・プログラム発表

Graz201617

各劇場で2016/17シーズンのプログラムが発表されていますが、今日はグラーツ歌劇場の来シーズン・プログラムをご紹介しましょう。なかなか興味深い演目が並んでいます。

○オペラ・オペレッタのプレミア(初演)
-リヒャルト・ワーグナー作曲オペラ「トリスタンとイゾルデ(Tristan und Isolde)」(2016年9月24日プレミア)

-ベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァース作曲ミュージカル「チェス(Chess)」(2016年10月15日プレミア)
ABBAのメンバーであるベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァースが作曲した冷戦をテーマにしたミュージカルです。1986年のロンドンで初演されました。

Img_2015_02_2349

-シャルル・グノー作曲オペラ「ロメオとジュリエット(Roméo et Juliette)」

-エドヴァルド・グリーグ作曲オペラ「ペール・ギュント(Peer Gynt)」(2016年11月19日プレミア、コンサート形式)

-ジャコモ・プッチーニ作曲オペラ「つばめ(La Rondine)」(2017年1月12日プレミア)

-エメリッヒ・カールマン作曲オペレッタ「サーカスの女王(Die Zirkusprinzessin)」(2017年2月11日プレミア)
毎年、オペレッタが1演目上演されますが、来シーズンは、奇しくもフォルクスオーパーが2016/17シーズンで取り上げたカールマンのオペレッタ「サーカスの女王」がグラーツでも上演されることになりました。演出の違いに注目したいところです。しかし、同じ演目というのは、もったいない気もします。

Graz_opernball

なお、2015/16シーズンに上演されたオペレッタ「オペラ舞踏会」については、日程が合わず、Feriは観に行くことが叶わなかったのですが、劇場のホームページに掲載されている写真を見ると、グラーツにしては珍しい「まともな演出」だったうようです。残念無念。

-アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー作曲オペラ「こびと(Der Zwerg)」(2017年3月25日プレミア)

-ヴィンチェンツォ・ベッリーニ作曲「ノルマ(Norma)」(2017年5月6日プレミア)
まだ、出演者が公表されていませんが、タイトルロールのノルマに誰が起用されるか注目されるところです。

○オペラ・ミュージカル再演
-ジュゼッペ・ヴェルディ作曲オペラ「椿姫」(2016年9月29日再演初日)

-「マイ・フェア・レディ」(2016年9月25日再演初日)

-レナード・バーンスタイン作曲「ウェスト・サイド物語(West Side Story)」(2017年5月31日再演初日)

○バレエ
-Nussknacker und Mäusetraum(2016年12月3日プレミア)

-Koontrapunkt(2017年4月7日プレミア)

これで大所は出そろった感じですね。しかし、しつこいですが、オペレッタの作品が重なってしまったのが、ちょっと残念です。まぁ、見比べるという楽しみもありますが‥

なお、ご紹介は省略しましたが、日中、子供さん向けのプログラムも組まれている日があります。また、冬に関しては日曜日は15時開演というマチネ公演が増えています。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_austria_001

オペラ |

« アン・ディア・ウィーン劇場 2016/17シーズン・プログラム発表 | Main | ウィーンの「凧揚げ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アン・ディア・ウィーン劇場 2016/17シーズン・プログラム発表 | Main | ウィーンの「凧揚げ」 »