« Feriの散歩コース(その2 街中編) | Main | 便利なSchinkenspeck Streifen »

April 14, 2016

またまた登場? 街頭本棚

Img_2016_02_1561

今日は「街頭本棚の話題」をお届けしましょう。

このブログでも、今まで何回か「街頭本棚(図書館)の話題」をお伝えしてきました。街頭本棚(図書館)とは、待ちの広場などに本を収納するケースを設置し、利用者は、そこから自由に気に入った本を借りるシステムです。

また、本の寄贈も歓迎しているところが大多数。NPO法人や自治体が管理していますが、特に貸出記録などはなく、利用者の両親に任せているシステムです。

ちなみに、今までご紹介した記事は、以下のとおりです(Feriも好きものですねぇ)。

ご興味のある方は、過去の記事もご覧頂けると幸いです。

ウィーンの「街角本棚(7区)」(2011年04月)

続「街頭本棚(16区、9区)」(2011年6月)

素敵な田舎の街頭図書館(Lungau)(2012年10月)

街頭本棚-続編 今度は「オープン市立図書館」(1区)(2013年7月)

5区にもあった「街頭本棚」(2014年10月)

バーデンの「街頭図書館」(2015年4月)

治安が悪くなった、いたずら書きが増えた‥といったウィーンですが、とくに監視体制もとられていない街頭本棚や街頭図書館が円滑に運営されているのは不思議です。これも文化を大切にする風土と関係があるのでしょうかね。

さて、先日、Feriが契約している某銀行の支店がある9区へ出かけた時、街頭本棚を見つけました。

設置されている場所はJosefstädter StraßeとAlbertgasseが交差する場所です。Cafe Hummelの向かいにある小さな広場Josef-Matthias-Hauser-Platzにありました。

Img_2016_02_1559

以前、通りかかった際には、見た記憶がないので、もしかすると最近、設置されたものかもしれません。

金属製のボックスで、両側にアクリル製の窓が付いた扉が取り付けられています。本を収納しやすいように本棚が斜めになっているのが特長です。

屋根の部分に「Powered by Josefstadt」と書かれているところをみると、区が設置したのかもしれません。

Feriが、通りかかった時も複数の住民が、本を探しており、多くの利用者がいるようです。

この交差点は2系統と5系統・33系統が合流する場所なので、人通りが多く、街頭本棚の利便性は高そうです。

ちなみに9区にはAlserStraße近くのHEINZ-HEGER-PARKにNPO法人が設置している街頭本棚がありますが、それに続く、第2弾という訳でしょうか。もっともFeriが気がつかないだけで、他の場所にも設置されている可能性がありますが‥

日本では「本離れ」が深刻だと言われていますが、ウィーンでは、街頭本棚が盛況なようからも、まだまま本の需要はありそうです。

ところで、こちらで人気のある本は「料理のジャンル」だという話を聞いたことがあります。Feriは、実際に調べたわけではありませんが‥

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« Feriの散歩コース(その2 街中編) | Main | 便利なSchinkenspeck Streifen »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Feriの散歩コース(その2 街中編) | Main | 便利なSchinkenspeck Streifen »