« Feriの散歩コース(16区・17区のお山編 その1  下) | Main | “Selfie-Stick”雑感 »

April 03, 2016

やはり便利な食洗機

Img_2016_04_2658

日本から「桜の便り」が届くようになりました。恐らく週末は、お花見にお出かけの方も多いのではないでしょうか。

写真は日本の友人が送ってくれたもので、4月2日に東京駅周辺で撮影したものだそうです。

また、先日、東京の郊外に住んでいる友人から、出勤の途中で、ウグイスの鳴き声を聞いたというメールが来ました。良いですねぇ。

Img_2015_12_7175

さて、今日は、ご希望の多い(と勝手に思っている)「ウィーンのキッチンから‥」です。

こちらでは、日本よりも食洗機が普及しています。以前、お世話になっていた17区のアパートはキッチンが非常に狭かったのですが、しっかり食洗機(Geschirrspüler)がビルトインされていました。

メーカーは、日本では自動車用電装品でおなじみのBOSCH社製でした。

Img_102_01_3630

また、5区へ移った当初、キッチンに食洗機を入れるスペースはあったものの、本体は入っていませんでした。が、その後、家主さんが新品を購入し、食洗機が取り付けられました(今回はSIEMENS製でした)。

最近では、職場までの通勤時間が短くなり、自宅で夕食をとるケースが増えた家主さんですが、それでも男性のビジネスパーソンなので、ご自宅で調理をするケースは希です。

にも関わらず、食洗機をご購入するところをみると、それだけに、こちらでは一般的な「白物家電」なのでしょう。

日本では、最近、流し台の横に置けるようなコンパクトタイプの食洗機が人気を集めているようですが、こちらはシンクの下にビルトインする大型が一般的です。

使い方は簡単で、扉を開いて、中にあるバスケットに鍋やフライパン、食器やグラス、カトラーなどを入れます。扉の裏側に専用洗剤(キューブ型)を入れるスペースがあるので、そこへ洗剤を投入。

Img_102_01_3629

扉を閉めて洗浄コースを選択したら、後はボタンを押して、おしまい。ただ、通常、2時間近くかかりますので、Feriは、外出前に食洗機に食器類を入れて洗浄を開始。帰ってきたら、洗浄が終わっているというパターンにしています。

一番多いのは、夜、フォルクスオーパーなどでオペレッタを鑑賞する日、昼食を食べた後、食洗機を使うものです。23時過ぎに帰ってくると、食器洗いが終わっていますので、あとは取り出して、片づけるだけ。

Sn00545

それにしても驚くのは、音が静かなこと。初めのうちは、動いているのかどうかがわからなかったくらいです。さすがドイツ製です。そのため、夜間に使用しても、全く問題ありません。

洗浄のコースについては、色々なモードがあります。汚れがひどい鍋やフライパンと行った金属製の調理器具を洗う専用のモードもあります。また、ガラス製品専用のモードもあります。

ご存じのように、鍋やフライパンなどの金属製品とガラス製品では、使用するお湯の温度が異なるのですが、同時に実施できる「お手軽コース」もあります。Feriは、通所、Eco-Modeというお手軽コースを使っています。

日本の実家には食洗機がないため、ウィーンでの使用が初体験だったのですが、やはりガラス食器は非常にきれいになります。ワイングラスやビアマグなどは、新品のような輝きを取り戻します。

Img_2014_09_5826

なお、数量が少ないと無駄も多いので、通常はシンクでお湯を使って洗っておき、1週間に1回程度、食洗機で本格的に洗うというパターンが多いですね。

ところで、シンクには混合水栓が付いており、お湯も出るのですが、古いアパートのため、キッチンに給湯器からお湯の配管が来ていません。

そのため、シンクの下に電気温水器がビルトインされています。この電気温水器ですが、小型の装置なので、連続使用するとお湯が出なくなることがあります。

Img_2015_09_2892

ただ、非常に高温のお湯が出るので、洗剤を使わなくても食器や鍋、フライパンはきれいになります。正直、温度設定を誤ると火傷をしそうになるほど、高温のお湯が出ます。

それにしても、オーストリアは省エネに力を入れている割には、キッチンでは電気を使う機具が多いような気がします。5区のアパートもキッチンに関しては、3.11以降、日本ではあまり聞かなくなった「オール電化」ですから‥

家主さんは、食後に食器を洗うのが面倒なようで、時々、食洗機の中に汚れた食器が入っていることがあります。そういうときは、Feriが、自分の食器と一緒に洗うことも‥何しろ、気がきく主夫ですから(笑)


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング |

« Feriの散歩コース(16区・17区のお山編 その1  下) | Main | “Selfie-Stick”雑感 »

Comments

Feriさん

適当なオーナーさんの食器を洗ってあげるなんてなんとお優しい!
さすがFeriさんですね。
しかもなんとまあきれいで整然としたキッチン!!


今滞在しているアパートにも食洗器がありますが、音がわりと大きいです。Feriさんのアパートのものはきっと高級なんでしょうね。洗ってもタブレットがそのまま使用されない状態になっているのはなぜでしょうか・・・ボタンの押し間違いでしょうか・・・

それからウィーンでショッピング中によく使用済かと思われるものを返品している人を見ますが、あれは一体なんでしょうか?海外事情がわかりませんので教えていただければ幸いです。

Posted by: カナ | April 04, 2016 05:19

我が家も数年前リフォームした際、
ビルトインタイプを設置しました。
便利なのは確かですが、3人家族ですが、
和食器は大きさ、深さがばらばらなので、
毎回納めるのに苦労します😥
日常使いの食器は全て洋食器にした、という知人もいますが、
そこまで割りきることもできず
《脳トレのジグソーパズル》だと思って使用しています😅

Posted by: necchi | April 04, 2016 10:13

カナ様

>きれいで整然としたキッチン
撮影用に片づけました(笑)

基本的にドイツ製の食洗機は音に対しては注意しているようです。というのは夜間使いますので‥

洗剤が溶けないのは、操作上の問題よりも機械の故障という可能性も考えられます。

というのは、食洗機の場合、洗剤を入れないで使うケースは希なので‥

>ウィーンでショッピング中によく使用済かと思われるものを返品している人
こちらに関しては、申し訳ございませんが、よくわかりません。ちなみに、どんな商品ですか?

Posted by: Feri | April 04, 2016 16:17

necchiさま、コメント、ありがとうございます。

実はジグソーパズル状態は、私も一緒です(笑)。というのは、基本的に1人分の食器と調理器具を洗浄するため、バスケットにきれいに収まらないのです。

本来、鍋やフライパンだけで洗浄すれば楽なのでしょうが、電気や水の無駄遣いは申し訳ないので、なるべくまとめています。

やはり同じようなお悩みをお持ちなのですね。

Posted by: Feri | April 04, 2016 16:19

Feriさんおはようございます(^◇^)

撮影用にかたずけされたのですね。笑!Feriさんはとても誠実で正直な方ですね。それがブログにも出ています。

ウィーンに来る前にウィーンの情報を探していてFeriさんのブログをみつけましたが、もっと早くから読みたかったなと思っています。(ちなみに友人もコメントこそしませんが、同感してます。)

返品事情はうーーーん服やバッグ、食器などどのお店でもわりと見ます。一番よく見るのはZARAとかファッション系のお店です。

今日もいい天気ですねーー
いい一日を過ごしてください!またブログ楽しみにしています。

Posted by: カナ | April 04, 2016 17:56

カナさま

このところ日本よりも陽気が良いような感じですね。

返品の件ですが、お恥ずかしい話、私はファッション系のお店とは無縁の人間なので、目撃したことが無いのかもしれません。

今度、友人に聞いてみます。

それでは、引き続き、滞在をお楽しみください。

Posted by: Feri | April 04, 2016 21:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Feriの散歩コース(16区・17区のお山編 その1  下) | Main | “Selfie-Stick”雑感 »