« やはり便利な食洗機 | Main | 番外編 「NHK 世界入りにくい居酒屋 ウィーン編」 »

April 04, 2016

“Selfie-Stick”雑感

Img_2016_02_1699

最初に「お知らせ」から。日本の友人に教えてもらったのですが、** 4月10日にテレビ東京系で「幸せになれる街ウィーン~恋と笑いの劇場フォルクスオーパー~」という番組が放送されます。

フォルクスオーパーの来日公演は、日本経済新聞社が公演していますが、テレビ東京は日本経済新聞系の放送局。という訳で、特番が企画されたのでしょう。

国立歌劇場を取り上げた特番は多いですが、フォルクスオーパーは珍しいですね。

今回は女優の板谷由夏さんが、“音楽の街”ウィーンを旅します。そして、この街で育まれた“オペレッタ”とその殿堂フォルクスオーパーの魅力に迫ります。ご期待ください。放送時間は、4月10日(日曜日)の16時00分~17時15分

ご覧になった皆さま。是非、ご感想をお寄せください。ちなみにFeriは番組には関係ないので、出ていません(笑)。

週末、ちょっとバタバタしているので、今日は「軽めの話題」でご容赦ください。

という訳で、今日は「最近流行のSelfie-Stickの話題」です。

2015年あたりから、日本でも流行が始まった「自撮り棒」(セルフィースティック、セルカ棒)ですが、最近はウィーン市内でも、時々、見かけるようになりました。

Feriは写真も趣味の一つで、現在はデジタルカメラを使っています。ただ、フィルムを使う銀塩写真出身の人間なので、携帯電話やスマートフォンで写真を撮影することに、抵抗があります。

最近のスマートフォンに搭載されているカメラ機能は、性能が著しく向上しており、コンパクトタイプのデジタルカメラと遜色ないレベルの写真が撮れるそうですが、どうも、あの形が趣味に合わないのですよ。

Img_2015_12_8019

さて、話題をSelfie-Stickに戻すと、ウィーンの写真用品店や携帯電話店などでも販売していますが、利用している人は観光客の皆さんが圧倒的に多いようです。

ちなみに市内の携帯電話アクセサリー店では、写真の製品が39Euroで販売されていました。

Selfie-Stickですが、使っているご当人は余り気にならないのかもしれませんが、使っているところを見ると、なかなか興味深い光景ですよね。

先日、所用があってインナーシュタットへ出向き、帰りにリンクを通ってアパートに戻る途中、国会議事堂前でSelfie-Stickを使っているカップルを見かけました。

写真がデジタル化して、銀塩時代と最も異なる「行為」が、撮影終了後、即座に撮影結果を確認すること。下を向いてモニターで撮影結果を確認するというのは、銀塩写真時代には考えられなかった行為です。

Img_2016_02_1698

一人くらいならば気になりませんが、アマチュアカメラマンが多く集まるイベントなどで、大勢の人が同時に行っていのは、ある意味、シュールな光景と言えるかもしれません。

このカップルも、1回目はうまく撮れなかったようで、再度の撮影にチャレンジしていました。2枚目の写真は美味く撮れたようで、モニターを見ている女性の笑顔が印象的でしたね。

ちなみに昨年のクリスマス市でも、Selfie-Stickを使っている人を多数見かけましたが、人混みでは、正直、迷惑になると同時に、危険ですよね。ちなみに中国や韓国の方が盛んに使っているような印象があります。

ところで、以前は観光地で記念写真を撮る時、付近の人にシャッターを押してもらうのが当たり前だったのですが、そういう光景が見られなくなったのは、ちょっと寂しい気もします。

それにしても、1980年代、世界に先駆けて日本で開発されたSelfie-Stickが、30年以上の歳月を経て、世界的に大ヒットするとは、不思議な気がします。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グッズ |

« やはり便利な食洗機 | Main | 番外編 「NHK 世界入りにくい居酒屋 ウィーン編」 »

Comments

初めまして。
日常のウィーンの様子、楽しく拝見させて頂いてます。
3月頭、初めてウィーンを訪れました。友達からわざわざ自撮り棒を借りたのですが、使用している人を余り見掛けなかったので自粛しました。
日本では危険な事もあり、禁止エリアも増えているようです。
ウィーン、素敵な街ですね。
今回は楽友協会で第九を歌ってきました。オプショナルツアーではベートーベンゆかりの地を巡ってきました。
団体行動故、ゆっくり観光が出来なかったので、次は個人で行きたいと思っています。
これからもウィーンの日常、楽しみにしています🎵

Posted by: ぴよ美 | April 04, 2016 09:39

ぴよ美さま、コメント、ありがとうございます。

楽友協会の第九に関しては、私の友人も関わっておりますので、色々とお話はうかがっております。

良い思い出になったことと思います。

今度は個人旅行で、ぜひ、ゆっくりとお越しいただければ幸いです。

Posted by: Feri | April 04, 2016 16:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« やはり便利な食洗機 | Main | 番外編 「NHK 世界入りにくい居酒屋 ウィーン編」 »