« フォルクスオーパー来日に向けた「こうもり」テスト公演 | Main | フォルクスオーパー「Der Bettelstudent」プレミアレポート(その1) »

May 01, 2016

地下鉄の大規模工事が始まりました

Img_2016_04_0956

季節外れの大雪によりオーストリアでは、大規模な農産物の被害が出ているようです。

ウィーンは、昨日あたりから、気温もある程度、上がり、過ごしやすくなりましたが、風は冷たい感じがします。

さて、5月最初の話題は「ウィーン地下鉄の工事に関するニュース」をお届けしましょう。

すでに、このブログでもご紹介したように、4月30日からU4のHütteldorf-Hietzing間を運休しての大規模改修工事が始まりました。

Img_2016_04_1195

9月4日までという長期間、路線を運休しての工事なので、Wiener Linienでも、迂回ルートを含めた案内に余念がありません。

写真のようなパンフレットが各駅で配布されている他、地下鉄や路面電車車内でも案内放送が流れています。さらに、こちらでは珍しいのですが、地下鉄のドア部分に部分運休を知らせる案内が張り出されています(トップの写真)。

ちなみにFeriの最寄り駅であるPilgramgasseでも、方面別の案内が、左の写真のように修正されています。

Img_2016_04_1264

Hütteldorfから市内中心部へ出るルートですが、路面電車49系統、52系統があります。また、S Bahnを利用してWestbahnhofへ抜ける手もあります。

このほか、運休区間を走る代行バスU4Zも設定されています。この区間はウィーン川の河川敷を走っているため、両側の道路を使えば代行バスの運転も可能です。

ただ、乗り換えが生じますから、面倒な点には変わりありません。

Img_2016_04_1123

さらに7月2日からは運休区間が拡大され、Schönbrunn-Hütteldorf間が運休となります。代行バスU4Zも、Schönbrunnまで延長運転されることになっています。

災害復旧の場合は別ですが、このように通常の改修工事で長期間、営業路線を運休するのは珍しいと思います。

まぁ、それだけ本格的なリニューアル工事なのでしょう。

Img_2016_04_0989

一方、段階的に駅の改修工事を行っているU6系統ですが、フォルクスオーパーの最寄り駅であるWähringer Straße駅の本格的な改修工事が始まり、現在、Siebenhirten方面の列車は、同駅を通過しています。こちらの工事は9月4日までの予定です。

Wiener Linienでは、路面電車の42系統でAKHまで行ってU6の乗り換える、Nußdorfer Straßeまで行って折り返すといった方法を推奨しています。

Img_2016_04_1126

フォルクスオーパーの最寄り駅であることから、劇場でも写真のようなチケットサイズの案内を配布していました。

まだ、シーズンが2ヵ月ありますので、不便ですね。ちなみにFeriは通常、5区のPilgramgasseからU4に乗り、LängenfeldgasseでU6に乗り換えてフォルクスオーパーへ向かいます。行きは良いのですが、帰りが問題。

最近はSpittelauまで出て、ここでU4に乗り換えるルートを使っています。若干、遠回りにはなりますが、乗り換えが楽なので‥

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« フォルクスオーパー来日に向けた「こうもり」テスト公演 | Main | フォルクスオーパー「Der Bettelstudent」プレミアレポート(その1) »

Comments

大々的な工事ですねーー。日本ではあまりないことですね。駅がものすごくきれいになるんですか?短期題材でしたが、U4ってオットーワーグナーの路線と覚えていて、とってもきれいだと思いましたが。

大雪だったんですね、知りませんでした。
Feriさんは気温の差は大丈夫でしょうか?
気を付けてくださいね。

ちなみにCAFE MUSEUMのならびにあるベトナム料理屋さんBETTHAOだったかそんな名前です。とーーーーってもおいしくて、滞在中何度も行きました。いつも大混雑で夕方5時とか、もしくは遅めの10時とかに行かないと席がなかったです。ぜひ行ってみてください(^◇^)

Posted by: カナ | May 02, 2016 11:08

カナさま

先週末は良い天気に恵まれて気温も、そこそこ上がりました。

寒暖の差が激しいような気がしますね。

Posted by: Feri | May 02, 2016 20:28

お久しぶりです。実は同様な工事をパリのRERのA線でも「ラ・デファンス~ナシオン」間で行うのですが、あくまでも7月23日~8月21日までの一か月間のみです。ただ、かなりの長期間に渡るのがウィーンとの違いで、2015年から18年までは一か月間その区間を運休して集中工事を行い、19年から21年までは夜間運休して集中工事を行うそうです。夏休みにはビジネス客より観光客が多く来るので双方ともかなり混乱しそうです。

そう言えば、肝心の英語による案内はあるのでしょうか?

Posted by: おざきとしふみ | May 04, 2016 23:46

おざきとしふみ様

英語でのアナウンスもちゃんと行われておりますし、各種の案内表示も英語版があります。

Posted by: Feri | May 05, 2016 21:23

昨日からウィーンに来ています。
昨夜はフォルクスオーパに行きましたが、チケットをネットで買ったら、1日前に最寄り駅の工事とそのための代替交通手段、駐車場の案内がメールできました。自分はShottentorから41番のトラムで行きました。
泊まっているホテルの最寄り駅のStadtparkの駅もHutteldorf方面行きが通過になっていますが、反対側のホームから見るとそんなに大規模に壊しているわけでもなく、日本だったら囲いつくって工事するだろうあという印象でした。なおJohanessgasse側の出口にもエレベーターつくってくれるとありがたいのですが、それはなさそうですね。

Posted by: Hunger | May 29, 2016 16:44

Hungerさま

全面閉鎖して工事をしている理由は、プラットホームの床を張り替えるためだそうです。

タイルの床を剥がして、新しいものに貼り替えるため、どうしても全面閉鎖せざるを得ないようです。

Posted by: Feri | May 29, 2016 21:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フォルクスオーパー来日に向けた「こうもり」テスト公演 | Main | フォルクスオーパー「Der Bettelstudent」プレミアレポート(その1) »