« 新店がオープン | Main | 変わったお店シリーズ110 RADATZのMARKT »

June 22, 2016

変わった色のÖBB近郊型電車

Img_2016_02_0470

現地時間の6月22日、EURO2016に出場しているオーストリアは、サンドニでアイスランドと対戦します。決勝トーナメント進出をかけた戦いです。

もちろん、同時刻に行われるハンガリー対ポルトガル戦の結果も関係しますが、是非、勝利を勝ち取ってほしいものです。

さて、今日は「ÖBBの電車にまつわる話題」をお届けしましょう。

このブログでも何回かお伝えしているようにÖBBでは、様々なキャンペーンに合わせて特別塗装の列車を用意しています。

最近では、ÖBBの看板列車であるRailJet(機関車を含む)に特別塗装を施す例が多くなっているようですが、今日、ご紹介するのは近郊型電車の例です。

Img_2014_10_7942_a

ウィーンのS Bahnでも活躍するBombardier製の連接型電車4024/4124型にも4編成ほど特別塗装の車両が存在します。

4024/4124型のシリーズは、ウィーンのみならず、地方でも活躍するところから、シュタイヤマルク州では「Energie Steiermark Talent」、チロル州では「Tirol 2050 energieautonom – Talent」(2014年9月16日デビュー)という特別塗装車が運用されています。

また、日本のJAバンクに近い「Raiffeisen Bank」の特別塗装車「Raiffeisen Talent」(2015年9月15日デビュー)がチロル州で運用されています。

ウィーン近郊(ウィーン、ニーダーエスターライヒ州)で、このブログでもご紹介したことがあるWien Hauptbahnhofの開業をPRするために2013年9月16日にデビューした「Wien Hauptbahnhof-Talent」が有名です。

こちらは、車体に巨大なピクトグラムを貼り付けている斬新なデザインです。ちなみに編成は4024-103編成です。

Img_2016_02_0473

そして、もう一編成、「ÖBB-Karrierezug Talent」という特別塗装編成が存在します。

こちらは、ÖBBへの転職を勧めるというちょっと変わったコンセプトの車両です。「ÖBBは、企業として多様な職種を用意しており、ビジネスパーソンのキャリアアップに寄与できる」というメッセージを利用者に提供する目的で塗り替えられたようです。

なお、ÖBBでは、現在は多数の女性が、各職種で活躍しており、それをアピールする目的もあるようです。

Img_2016_02_0476

ただ、他の特別塗装車両と異なり、外観にメッセージが掲出されている訳ではなく、職種の多様性を表現するために、車体の一部を通常とは別の色に塗っているというものです。

そのため、ちょっと見ると、何を目的とした車両なのかわかりません。もっとも車内に、何らかのPRをしてあるのかもしれませんが、Feriは乗ったことがないので、この点は不明です。

なお、計画では3年間の限定となっていますが、いつがお終いなのかは、不明です。

また、以前の写真を見ると、何回か塗り分けが変わっているようです。鉄道ファンの方には気になる編成ですが、4124-013が塗り替えられています。

なお、これらの特別塗装編成の運行状況は、こちらから確認することができます。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« 新店がオープン | Main | 変わったお店シリーズ110 RADATZのMARKT »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 新店がオープン | Main | 変わったお店シリーズ110 RADATZのMARKT »