« 番外編 響ホールフェスティヴァル2016「メリーウィドウ」(後編) | Main | 雑感 自転車はどこへ行く »

June 29, 2016

楽しい楽譜を垣間見ました

Img_2016_04_1350

今日は「ブラスバンドの話題」をお伝えしましょう。

こちらでは、各地に楽友協会(ムジークフェライン)がありますが、地方では地元のアマチュアが参加するブラスバンドを保有しているケースが多いようです。

バンドの構成を見ると、老若男女、色々な皆さんが、楽しそうに演奏をしています。各地のお祭りなどに出演する他、他地区へ遠征に出かけることもあるようです。

ちょっと前になりますが、17区DorunbachのRupertusplatzで開催された「初夏の訪れを告げる行事」、Maibaumfestにもブラスバンドが参加していました。

Img_2016_04_1362

この広場に隣接している場所に修道院St.Peterがあるため、地元のブラスバンドではなく、修道院の本院があるSalzburgからバンドが遠征してくることがあります。

普通、ブラスバンドの演奏を聴くときは、指揮者の側、つまり正面に陣取るのが一般的ですが、へそ曲がりのFeriは、時々、バンドの後ろ側へ回って聴くことがあります。

これは、指揮者の表情を含む、指揮ぶりを見たいためです。指揮者の個性が出ていて面白いものです。

日中、演奏ですと、どうしても気温が上がるため、主催者側からビアなどが差し入れられて、休憩時間に、れを飲みながら演奏するのがオーストリア風。

もちろん、未成年の奏者も加わっているので、ソフトドリンクが差し入れられる場合もありますが‥

Img_2016_04_1362_b

また、真面目な日本では考えられませんが、時々、奏者の方が自分の席を離れていることがあります。そして、演奏途中に戻ってきて、演奏に加わる‥ということもよくあります。

こんな、のんびりとした演奏を色々な角度から眺める、聴くのがFeriは好きです。

さて、休憩時間、奏者の皆さんも譜面台の前を離れて、日陰で一休み。また、お仲間とインを楽しんでいる奏者の方も‥

Img_2016_04_1364

その時、ある奏者の楽譜が目に入りました。底には、犬がパーカッションを演奏しているイラストが‥なかなか面白いですね。

楽譜にこういったいたずら書きをするところが、オーストリアらしい感じもします。そして、隣の譜面台には、なぜか日本名菓「MIKADO」(日本名はポッキー)が‥

おやつに持ってきたのでしょう。演奏そのものは、なかなか見事でしたが、こういった「緩いところ」が、実はFeriのお気に入りでもあります。

という訳でブラスバンドの演奏もお楽しみください。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 番外編 響ホールフェスティヴァル2016「メリーウィドウ」(後編) | Main | 雑感 自転車はどこへ行く »

Comments

私も興味津々除いた事があります🎵
意外だったのは、手描きの楽譜があったり、
カラーマーカーでラインが記入されていた事です🎵
私が学生の頃《部活》で使用していた楽譜を思いだしました🎵

その時の演奏の合間にも、林檎やクッキーを食べたり、ワインを飲んだりしていました😊
Feriさんのおっしゃる通り、見事な演奏と緩さ、
本当に音楽を楽しんでいる様子が、私も好きです🎵

Posted by: necchi | June 30, 2016 at 11:05 AM

necchさま、こんにちは。

楽譜に書き込みをするのはフォルクスオーパーなどでも、よく見ますね。実際、演奏の際に指揮者の演奏に関する指示があるためだそうです。

こちらのアマチュアのバンドは、楽しみながら演奏するのがお決まりのようです。

Posted by: Feri | July 01, 2016 at 07:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 番外編 響ホールフェスティヴァル2016「メリーウィドウ」(後編) | Main | 雑感 自転車はどこへ行く »