« まもなく開幕EURO2016 “ÖFB railjet”も応援 | Main | 番外編 今年も開催 レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ »

June 03, 2016

消えた壁画

Img_2016_04_1221

今日は、以前にご紹介した話題の「続編」をお伝えしましょう。

以前、Feriが、5区のアパート近くで見つけた「スポーツ用品店の壁に描かれた奇妙な壁画」をご紹介したことがあります(2016年1月22日「壁画といたずら書きのコンビネーション」)。

この壁画ですが、道路の面したスポーツ用品店の壁に自転車に乗った奇妙な人物が描かれているものです。正直、日本人の感受性から見ると、ちょっと不気味な感じがしますね。

また、下の方は、残念ながらいたずら書きの被害に遭っていました。

Img_2015_12_8602_01

「いました」と書いたのは、実は、このスポーツ用品店ですが、前回の記事を掲載してから、廃業してしまったのですが、何とびっくり、建物そのものが解体されてしまったのです。

写真をご覧になるとわかりますが、こちらでは都心部には、所有者の異なる建物がつながっているケースが散見されます。

そうすると、建物を解体すると、隣の建物の壁が現れる訳ですが、つながっていた部分は壁がむき出しになります。

隣も古い建物なので、外壁は煉瓦造りのようですね。前のスポーツ用品店の形が、そのまま残っているのが興味深いところです。

すでに、Feriが通りかかった際には、スポーツ用品店は完全に解体されてしまっており、大型重機を使って瓦礫の撤去作業が進められていました。

Img_2016_04_1220

このスポーツ用品店の奥についても整地作業が進められていたところから、二つの建物を同時に解体した可能性がありますね。

それにしても、壁画が消されただけならわかりますが、建物ごとなくなってしまったのには、正直、驚きました。

5区でも賑やかな場所にあったので、廃業してしまった理由は不明ですが、独立系の店舗(ボランタリーチェーンには入っていたようですが‥)なので、もしかすると後継者難が理由かもしれません。

Img_2014_10_7426

なお、最後の写真は、営業中だった頃のスポーツ用品店です。解体後の写真と比べると、興味深いものがありますね。

しかし、自分で言うのも何ですが、こういった「何気ない建物」の定点撮影写真が存在するところが、何とも‥

さて、跡地に何ができるのか、興味があるところです。こちらについては、新しい建物が完成した時点で、またご紹介することにしましょう。まぁ、順当に考えるとアパートだろうと思いますが‥


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« まもなく開幕EURO2016 “ÖFB railjet”も応援 | Main | 番外編 今年も開催 レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« まもなく開幕EURO2016 “ÖFB railjet”も応援 | Main | 番外編 今年も開催 レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ »