« 懐かしのフォルクスオーパー・ビュフェ | Main | 「秘密の屋根裏」を探訪 »

June 19, 2016

訪ねてびっくり Robert-Stolz-Platz

Sn00643

熱戦が続くEURO2016ですが、F組のオーストリアは18日、ポルトガルとサンドニで対戦しました。結果は、0対0のスコアレスドロー。同時に行われたハンガリー対アイスランド戦も0対0でした。

その結果、オーストリアは勝ち点1を確保しましたが、得失点差で、オーストリアはF組4位となっています。ちなみにF組の首位はハンガリー。

かなり厳しい状況になってきましたが、オーストリアは予選突破はできるでしょうか?

Img_2016_02_1684

さて、今日は「広場の話題」をお届けしましょう。

先日、Johann Strauß gasseをご紹介しましたが、ウィーン市内の通りや広場、公園の名称は人名が使われているところが多いですね。

日本では、人名がついている通りや広場は少ないと思いますが、この点はお国柄‥と言って良いでしょう。やはりご縁のあった方の功績を後世に伝える‥という意味もあるのでしょう。

日本人には馴染みのない政治家や学者の名前がついているケースもありますが、Johann Straußのような有名人の名前がついているところもあります。

Sn_x6100118

今日、ご紹介するのはオペレッタ「白馬亭にて」にも楽曲が使われているウィンナーリートの作曲家Robert-Stolzの名前がついた広場です。

Robert-Stolzの碑については、プラーターなどにもありますが、広場はどこにあるか‥と言うと、1区のリンク沿いにあります。

具体的にはOpernringとSchillerplatzの間にあるのですが、広場という名称がついているものの、実際には「細長い緑地帯」なので、通りのようなイメージです。そのため、普通に歩いていると、気づきません(笑)。

実は、Feriは、その昔、はじめてRobert-Stolz-Platzを訪ねた時、奥にあったSchillerplatzをRobert-Stolz-Platzと勘違いしてしまったことがあります。

Img_2016_02_1682

“立派なところだな”と思ってSchillerplatz内を散策中、案内看板を見て、場所が違うことに気づき、改めて探すことに‥ 

最終的にRobert-Stolz-Platzに面した建物に付いているプレートを発見し、Robert-Stolz-Platzが「細長い空間」であることがわかりました。

写真をご覧になるとおわかりのように、Platz(広場)ですが、「両側に道路がある緑地帯」といった趣です。ただ、住所になっているため、建物に住所表記が付いているのが特長でしょうか。

Img_2016_02_1685

今回、ご紹介する写真は、改めて最近、Robert-Stolz-Platzを訪ねて撮影したものです。

なお、道路を挟んでLe Méridien Viennaがあるため、ホテルの前庭のような感じもしますので、余計、目立たないようです。

ところで、Robert-Stolz-Platzと名付けられたのは、比較的新しく1978年9月11日だそうです。ちなみに以前はGoethegasseという名称だったとか‥

Img_2016_02_1680

笑い話のようですが、Robert-Stolz-Platzは小さな広場ですが、地下に230台の車を収容できるGarageに「Robert Stolz-Platz」の名称が付けられている関係で、こちらの方が実際の広場よりも有名な感じです。

実際に出かけてみて、拍子抜けする広場の一つかもしれませんね。国立歌劇場からも近いので、ちょっとのぞいて見るのは良いとは思いますが、期待して出かけると拍子抜けすると思います。

なお、最後の写真はSchillerplatzの中央に立てられている立派なSchillerdenkmal(シラーの記念碑)で、後ろはご存じAkademie der bildenden Künsteの建物です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

旅行・地域 |

« 懐かしのフォルクスオーパー・ビュフェ | Main | 「秘密の屋根裏」を探訪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 懐かしのフォルクスオーパー・ビュフェ | Main | 「秘密の屋根裏」を探訪 »