« SCHRAMMELMUSIK発祥の地 | Main | “Ich Wart draußen!” 愛犬の待機場所 »

July 28, 2016

17区の名所 Bärenvilla(Friedrich von Schmidt-Haus)

Img_2014_04_2381

今日は「Feriが以前住んでいた17区Dorunbachの名所」をご案内しましょう。

実は、この名所は、Feriが以前住んでいたDorunbachのアパートからほど近い場所にあり、どこかへ出かけるときは、ほぼ間違いなく、「この名所」の前を通っていました。さすがに「歴史と伝統のある街」ウィーンです(笑)。

実は、17区のアパートを紹介してくれた友人から、契約前にアパートを見学した際、“ここは有名な建物ですよ”と教えてもらったことがあります。

確かに普通の建物に比べると趣のあるデザインです。その名称はBärenvilla(Friedrich von Schmidt-Haus)。

Img_100_12_0234

かつて、この建物を所有していたのはFriedrich Schmidt(フリードリッヒ・シュミット)という人物です。この名前を聞いて、ピンときたあなたは、かなりの「ウィーン通」です。

Friedrich Schmidtは、あの有名なウィーン市庁舎(Wiener Rathauses)を設計した建築家です。いぁー、すごい人物がFeriのアパート近くにお住まいだったのですね。

現在のウィーン市庁舎は、1868年に実施されたコンペで、ドイツ出身の建築家Friedrich Schmidtの案が選ばれました。彼の設計を元に、1872年から建設が進められ、1883年に完成しています。

20160727ss00001

ドイツ出身の建築家なので、ドイツにも同氏の設計した建物が多数存在していますが、ウィーンにもLazaristenkirche(Neubau)、Pfarrkirche St. Othmar unter den WeißgerbernKirche Maria vom Siegeといった教会をはじめとする優れた作品が残っています。

この建物ですが、更地に最初からFriedrich Schmidtが設計して建てたものではなく、1860年にブドウ栽培農家の住まいを手に入れたものだそうです。

ちなみに、この周辺には現在でもワイン用のブドウ畑が存在しています(ブドウ畑周辺はFeriの散歩コースでした)。
17区の住まいは、ウィーン市庁舎を設計する前に入手したことになります。この住まいで、構想を練ったのでしょうか。

既存の住まいを手に入れた建築家のFriedrich Schmidtが、それの満足するはずはなく、リフォームと増築を実施します。

当然、その際、ウィーン市庁舎のスタイルを取り入れたのは言うまでもありません。何しろFriedrich Schmidtの代表的な作品ですから‥

Img_2012_09_5830

Friedrich Schmidtが健在な当時、この住まいはTheophil Hansen、Baron Ferstl、 Hans Markartといった友人のたまり場になっていたそうです。そのため「Bärenvilla」という名称がついているのでしょう。

Friedrich Schmidtは1891年に亡くなりましたが、その後、この住まいは娘夫妻と彫刻家Otto Jarlに所有権が移ったそうです。

Img_107_06_6752

現在でもBärenvillaは、記念館などではなく、「通常の住まい」として使われているため、一般公開などは行われて折らず、表の通りから建物の外観を眺めることしかできません。

邸内には、Otto Jarl作の彫刻などもあるようですが、こちらについても通常は見ることはできません。

このBärenvilla(Friedrich von Schmidt-Haus)ですが、今でもFriedrich Schmidtの関係者がお住まいになっているかは、わかりません。

しかし、Feriが近くのアパートに住んでいるとき、写真のようなケータリングサービスのトラックが止まっているのを見たことがあります。ということは、比較的規模の大きなパーティなどを開催することもあるのでしょう。

いずれにしても富裕層の方がお住まいであることは間違いなさそうです。

Img_2014_05_4252

そのため、特別に興味のある方以外には、見学をお勧めする場所ではありませんが、市庁舎を設計した建築家も自然が豊かな「お山の近く」がお好みだったようです。

ちなみに昔のDorunbach周辺を描いた絵があります。このように「のどかな田舎」だったのですね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

H_banner

街角の話題 |

« SCHRAMMELMUSIK発祥の地 | Main | “Ich Wart draußen!” 愛犬の待機場所 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« SCHRAMMELMUSIK発祥の地 | Main | “Ich Wart draußen!” 愛犬の待機場所 »