« 2016年「夏の音楽祭」から | Main | 計画概要が公表されたウィーン地下鉄U5・U2プロジェクト »

July 10, 2016

秘密の中庭をちょっと拝見

Img_2016_04_1335

通常ですと、ウィーン市庁舎前のフィルムフェスティバルが開幕している時期なのですが、今年はEURO2016(EM)のパブリックビューイングが行われている関係で、スタートが7月14日からになりました。

まぁ、オーストリアは決勝トーナメントに進めなかったので、どうなのでしょうね‥ 決勝はフランスvsポルトガルになりましたが、ウィーンでは盛り上がるのでしょうかね。

さて、今日は、普段は見ることができない「秘密の中庭」の話題です。

以前、このブログでもご紹介したことがありますが、ウィーンの旧市街には、中庭を持った集合住宅が沢山あります。それぞれ個性的な庭になっており、一部は居住者以外でも見ることができます。

Img_2016_04_1356

以前、このブログでもご紹介したことがありますが、ウィーンの旧市街には、中庭を持った集合住宅が沢山あります。それぞれ個性的な庭になっており、一部は居住者以外でも見ることができます。

もちろん、総ての中庭に関係者でない人が立ち入ることができる訳ではありませんが‥

今日、ご紹介するのは、そういった旧市街の中庭ではなく、かつてFeriが住んでいた17区の修道院St.Peterにある中庭です。

修道士が生活する空間にある中庭なので、通常は公開されておらず、中の様子を見ることは困難です。しかし、ホイリゲを営業している時はシャニガルテンから、ちょっとだけ見ることができます。

Img_2016_04_1334

中央にこぢんまりとした四阿がある、なかなかきれいな中庭です。正に「秘密の中庭」という赴きなだけに、中に入ってゆっくり見学したいのですが、何か特別な行事がある時以外、一般の人は立ち入りができないようです。

ところが、ブログでもお伝えした17区DorunbachのRupertusplatzで開催されたMaibaumfestの際、ちょっとだけ、中をゆっくりとのぞく機会がありました。

巨大なMaibaumは、事前にRupertusplatzに準備されていましたが、これを立てるために必要な支柱が中庭の保管されていたのです。

Maibaumを立てる作業を行う地元のおじさま達が、中庭に入って支柱を担いで出てきました。

Img_2013_06_6127

そのため、一時的ではありますが、入り口が開放されており、中に入ることは叶いませんでしたが、入り口から中を比較的ゆっくりと眺めることができた‥というものです。

まず、四阿の手前には井戸があり、庭園内の通路は石が敷き詰められています。さらに四阿の奥には、ぶどう棚のようなものが‥そして、奥の左側には小さな礼拝堂のような施設も見えました。

なお、最後の写真は、その前に入り口からちょっと見たときのものです。季節が違うため、中庭の赴きも違っているような気がします。

修道院の中庭」と聞いただけで、何か神秘的なものを感じますね。できることなら、中に入ってゆっくりと見学したいものです。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 2016年「夏の音楽祭」から | Main | 計画概要が公表されたウィーン地下鉄U5・U2プロジェクト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2016年「夏の音楽祭」から | Main | 計画概要が公表されたウィーン地下鉄U5・U2プロジェクト »