« Rustの消防署まつり | Main | Biker Welcomeのオブジェ »

August 27, 2016

Bad Fischau-BrunnのWienstube を訪ねて

Img_2016_08_2806

今日はひさしぶりに「ホイリゲ関連の話題」をお届けしましょう。

夏休み中、Wiener Neustadt近くに住む友人から、Wienに戻る前にBad Fischau-Brunnにご招待しますから、是非‥というお誘いを受けました。

このブログでも何回かご紹介していますが、Bad Fischau-BrunnはWiener Neustadtに隣接する小さな街ですが、ワインの生産が盛んで、期間限定営業のホイリゲがあるので有名です。

せっかくのお誘いなので、喜んでBad Fischau-Brunnに宿泊し、ゆっくりワインを楽しみながら、友人と語り合うことにしました。

Img_2016_08_2815

例年、この時期に営業しているホイリゲも、なかなか良い雰囲気があってお気に入りなのですが、友人がHeurigenkalenderで調べてくれたもう一軒、Wienstube Goldfussが営業しているので、今回は、こちらにも顔を出しました。

Bad Fischau-Brunnの中心から少し離れていますが、歩いて十分に行くことができる距離です。

Wienstubeなので、本格的なお食事を楽しむことができます。到着したのが、ちょうど19時前だったので、シャニガルテンは平日にもかかわらず、夕食を楽しむグループで賑わっていました。

Img_2016_08_2808

基本的に相席が平気なFeri達は、相席をお願いして、シャニガルテンを利用することにしました。

何しろ、Feriが好きな黄昏時なので、シャニガルテン以外、考えられません。しかも、ここのシャニガルテンはぶどう棚があるという抜群の環境です。

当日は、移動の関係でちょっと遅めの昼食をとったため、飲むだけにしましたが、Feriがお気に入りの銘柄GRÜNER VELTLINERの美味しいこと。非常に口当たりの良いGRÜNER VELTLINERでした。

友人と色々な話をしながら、ワインを傾けるのは、ある意味、贅沢な時間かもしれません。

周囲の様子を見ていると通常のホイリゲよりも、食事を主体にしているお客さまが多いためか、意外とお客さまの回転が良いようでした。

Img_2016_08_2826

しかし、このお店ですが、公共交通機関で来ることもできますが、あまり便利とは言えません。

そのため、店前の道路にはお客さまのものと思われる自家用車が、多数、駐車していました。まぁ、ドライバーさんは、ワインを召し上がっていない方が務めるのでしょうね‥

友人の住まいは、Bad Fischau-BrunnからÖBBで数駅のところにあります。

Img_2016_08_2824

ただ、ローカル線で、通常は1時間に1本。あまり遅くなってはご迷惑なので、日が落ちたタイミングで、店を後にして、駅へ向かったのは言うまでもありません。

シャニガルテンで食事をしているグループを見ていると、皆さま、それぞれお話に花が咲いているようで、楽しそうでした。こんな時間を過ごすことができるオーストリアの皆さまは、本当に生活を楽しんでいるような気がします。

そして、Feriと友人も、この時間を共有できたことに感謝の気持ちで一杯です。

ちなみに、友人を見送ってから、まだ夜が長いので、今や常連になりつつあるホイリゲ1人で立ち寄り、シャニガルテンで杯を傾けました。おばちゃん、曰く“あんた、時々、来るよね”‥困ったものです‥

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

H_banner

ホイリゲ |

« Rustの消防署まつり | Main | Biker Welcomeのオブジェ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Rustの消防署まつり | Main | Biker Welcomeのオブジェ »