« マケドニア共和国大使館 | Main | 空港ターミナル内の移動は‥ »

August 13, 2016

Feriの散歩コース(その4 プラーター編)

20160812ss00001

日本は「お盆休み」の真っ最中だと思いますが、皆さまは、いかがお過ごしでしょうか。

しばらくご無沙汰してしまいましたが、「Feriの散歩コース 第4回目」は「プラーター編」です。実はプラーター周辺は、散歩で訪れるウィーン子が多いエリアとして有名です。

そして、2016年はプラーターが一般の市民に開放されて250年目という「記念の年」です。8月14日にはKaiser Franz Josef Iの誕生日を記念して「Pressespiegel」というイベントも開催されます。

Img_2011_09_1217

プラーター公園は、市内中心部の東隣に位置するウィーン2区にあり、広さは600万平方メートルです。

これはウィーン中心部にある公園では最大の面積を誇ります。それだけに散歩のコースには最適と言って良いでしょう。

「お山のコース」と異なり、平坦な場所なので、ベビーカーを押すお母様方などでも賑わっています。

プラーターの表玄関は、ÖBBや地下鉄U4・U2が乗り入れているPratersternですが、へそ曲がりのFeriは、路面電車1系統の終点であるPrater、Hauptalleeから散歩をはじめます。

Img_2011_09_1226

Prater、Hauptalleeの停留所に隣接して「Haltestelle1er」という売店を兼ねた小さなレストランがあるので、ここに入ってしまうと散歩になりません。帰りに利用することにしましょう(笑)。

ここからプラーターの目抜き通りHauptallee(ハウプトアレー)はすぐ近く。KaiseralleeとRotundenalleeの交差点を左に行くとPratersternへ行くことができます。

この通りは、ウィーン子が色々な楽しみ方をしているので、見ているだけでも楽しいですね。

自転車やジョギングはポピュラーなスポーツですが、ベビーカーを連れたママさんが散歩をしていることも多いのも特長。

Img_2011_09_1255

付近には貸し自転車屋さんもあるので、観光客の方などは、自転車を借りて楽しんでいるようです。この自転車ですが、普通のものの他、複数の人が乗れる四輪タイプなどもあります。

Feriの散歩コースは二つあって、一つはHauptalleeをPratersternへ行くパターンです。左側には子供さん達が遊ぶことができる広場なども広がっており、賑やかな歓声が聞こえることも‥

Img_103_06_2782

途中から、遊園地の中に入って、最近の様子を見学することもあります。乗り物には乗りませんが、どんな楽しみ方をしているのか、どんなアトラクションが増えているのかなどをチェックするのも、これまた楽しいものです。

なお、Kaiseralleeを直進すると、このブログでもご紹介したことがあるウィーン経済大学のキャンパスに出ます。大学の構内は自由に入ることができるので、変わったデザインの校舎を表から見学するのも一考です。

Img_2012_06_2774

さて、二つ目のコースは、Kaiserallee・Rotundenalleeの交差点を右に行くコース。こちらは遊園地関連の施設からは離れるため、静かな森が続きます。真っ直ぐ進むと、左側に小型鉄道Liliputbahnの折り返し地点(ループ線になっています)が見えてきます。

しばらく進むと、Meierei Straße(マイェライシュトラーセ)の交差点に出ます。

ここは路線バスも通っている幹線道路。左側にはフットボールの試合が行われる競技場Stadionが見えます。最も試合がないときは、静かなたたずまいですが‥

Img_2014_03_1651

Feriが好きなのは、この交差点を左に折れてStadionalleeに入るコースです。

実は、StadionalleeとHauptalleeの間には、元は川だったらしい細長い池があり、この季節は、水遊びを楽しむ人たちで賑わっています。この付近を散策するのも、これまた楽しいものです。

この付近は、遊園地があるエリアとは雰囲気がずいぶんと異なりますので、是非、一度、足を運んでみることをお勧めします。

Img_2014_03_1642

なお、Hauptalleeは高速道路A23の先まで続いていますが、風情があるのは、この当たりまでかもしれません。

ここまで来て、1系統のPrater、Hauptalleeへ戻っても良いのですが、FeriはStadionalleeを通る路線バス77Aに乗り、U3のSchlachthauptgasseまで出ることもあります。

Img_2014_03_1653

この付近にはホイリゲはないので、プラーターでお散歩の後は、U3に乗ってOttalringへGo‥といったところでしょうか。

遊園地エリアから入ってしまうと、なかなか本来の公園エリアまで足を伸ばす人が少ないようですが、是非、本来の「公園エリア」を散歩してはいかがでしょうか。

手軽に森林浴を楽しむことができます。このあたりが、ウィーン子に人気があるのかもしれません。

Img_2014_03_1650

なお、プラーターの公園エリアには、広大なドッグランの設備もあるため、愛犬家の皆さんもよく訪れています。

都心にありながら自然が豊かなプラーターには、今でも自然のリスが生息しており、散歩の途中に見かけることもあります。

プラーター周辺は、色々な楽しみ方があるので、Feriは、気分によってコースを変えており、他の場所のように「定番コース」が存在しません。

Img_2014_03_1648

プラーター周辺は、都心に近いこともあり、公共交通機関が充実しているため、アクセスの方法も地下鉄、路面電車、バスと多種多用です。

アクセスを変えるだけで、散歩のルートも変更。毎回、新しい発見があります。短い時間でも散歩が楽しめるので、時間が空いたときなどに訪れてみてはいかがでしょうか。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

日記・コラム・つぶやき |

« マケドニア共和国大使館 | Main | 空港ターミナル内の移動は‥ »

Comments

同僚と彼女の母上の初めてのウィーン旅行を盛り上げるべく市内観光に案内しようと 環状運転を辞めた1系で終点のプラーターへ行ったは宜しいが観覧車が見当たらない それどころか何もない緑に囲まれた終点感満載の転回場に愕然とし こんなことなら大人しく地下鉄にすれば良かったと後悔しつつ初めてのウィーンの観覧車が潰えてしまったことに済まなくて悲しかったことを思い出しました
フンデルトワッサーの家を観る処までは良かったのですがね プラーターの観覧車は日を改めて地下鉄で参りました

Posted by: Salzburg.Love | August 21, 2016 at 08:40 PM

Salzburg.Loveさま

確かに終点からはちょっと歩かないと観覧車は見えませんね。実際には通りを歩けば20分ほどで大観覧車に到着します。

Posted by: Feri | August 22, 2016 at 12:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« マケドニア共和国大使館 | Main | 空港ターミナル内の移動は‥ »