« オーストリアが誇るスポーツモーターサイクルメーカーKTM | Main | マケドニア共和国大使館 »

August 11, 2016

Nipponの郷土料理「スパゲッティ・ナポリタン」をウィーンで食す

20160810ss00001

8月8日、天皇陛下がビデオメッセージを通じて、日本国民にご自身の考え方を伝えられましたが、このニュースはオーストリアでも大きく取り上げられています。

かつて、ハプスブルク王朝時代を持つオーストリアは、王室や皇室について強い関心がある国です。

例えば、プレッセ紙は、東京特派員が国際面にほぼ一面を使って詳細に報じています。ただ、分析内容については、第三者的な立場なので、日本人の感受性からは受け入れにくい内容もありました。

という訳で、詳細な紹介は控えることにします。

Img_2016_02_0807

このところ「固めの話題」が続いたので、今日は久しぶりに「ウィーンのキッチンから‥」、「Feriの昼食の話題」をお伝えしましょう。

Feriは、用事があって午前中に外出する場合以外、昼食をアパートでとります。ちなみに日本にいた頃も昼食は麺類が多かったですね。

ウィーンでも、昼食は麺類、特にパスタをよく食べます。とは言っても最近は「こちらの流儀」に則り、夜は軽く済ませるため、昼にウィンナシュニッツェルなどを食べることもありますが‥

こちらでもスーパーマーケットで既製品のパスタソースを売っていますが、日本と比べると圧倒的に種類が少ないのが難点。こちらで販売されているパスタソースのバラエティについては、日を改めてご紹介する予定です。

さて、ウィーンで生活していると、時々、無性に日本の洋食屋さんや喫茶店でよく食べていた「スパゲティ・ナポリタン」が食べたくなることがあります。

Img_2016_02_0806

そう、こちらでは絶対に考えられない「トマトケチャップ味」の「なんちゃってイタリア風料理」、ある意味「日本の郷土料理」です。しかし、これを考えた人は天才です(笑)。

「スパゲティ・ナポリタン」は、トマトケチャップがあれば、比較的簡単に作ることができます。

という訳で、時々、イタリアの皆さまには申し訳ないのですが、アパートでスパゲティ・ナポリタンを作って食べることがあります。

ちなみにベーコンや玉ねぎと言った具を炒めるのにバターを使うと日本風味になります。なお、ベーコンの代わりに、Feriはフランクフルターを使うこともあります。その場合、一旦、茹でてから炒めています。

そこへ、茹でたスパゲティを入れて、更に炒めます。パスタを油で炒める場面をイタリア人が見たら卒倒してしまうでしょうね(笑)。

Img_2015_10_6170

あと、隠し味としてウスターソースをちょっと入れるとコクが出ます。いずれもウィーンで手に入る調味料です。

お皿に盛り付けて、パルメザンチーズとタバスコを掛けると、懐かしい「日本でおなじみ、喫茶店の味」です。

ピーマンやマッシュルームを入れると、更に雰囲気が出るのですが、小分けがないので、食材を無駄にしないため、今のところ使っていません。

それから、日本へ出かけた際、帰りに日本から和風を中心としたパスタソースを持ち帰ることがあります。

Img_2015_12_6816

特に醤油ベースのパスタソースは、こちらでは、まず手に入りませんから、貴重品。

ホイリゲでワインを飲んでアパートに戻った時、小腹が空いていると、なぜか辛子明太子やタラコのスパゲティが異様に美味しく感じることがあります。やはりFeriは日本人ですね(笑)。

日本で言う、「〆のラーメン」といったノリでしょうか。ちなみに最後の写真は、ホイリゲで一杯やってからアパートに戻り、いただいた「タラコスパゲティ」です。

つくづく思うのは、世界各国の料理が「独自の進化を遂げて家庭料理として定着している」のが日本の変わったところ。

もちろん、こちらでも他国の料理を召し上がる方も増えていますが、一般家庭に深く浸透し、日常的に献立に乗るというケースは希だと思います。

色々な文化を吸収し、同時の進化を遂げさせるというのは「日本のお家芸」なのでしょうかね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ウィーンのキッチンから |

« オーストリアが誇るスポーツモーターサイクルメーカーKTM | Main | マケドニア共和国大使館 »

Comments

(毎日、楽しみに拝見させていいただいています🎵)
久々にコメントさせていただきます😊
《スパゲティ ナポリタン》日本では、スパゲティをパスタと呼ぶ様になってから、喫茶店やレストランから姿を消していましたね。
数年前から何がきっかけだったのか、また姿を見かける様になりました🎵
私の記憶では鉄板プレートで、熱々を提供していたお店もありました。
私自身は作った事はないのですが、
私の母の場合は、具材はFeriさん同様、玉ねぎ、ピーマン、ソーセージ(フランクフルトではなく😁)でした。
味付けは、カレー粉を隠し味に使っていました。
何だか懐かしいです😊

Posted by: necchi | August 12, 2016 16:05

necchiさま、コメント、ありがとうございます。

ちょっとバタバタしていてお返事が遅れて申し訳ございません。

日本ではちょっと高級なお店に行くと、鉄板プレートで出てきましたね。懐かしい。

しかし、こちらにいると、無性にケチャップ味のナポリタンが食べたくなることがあるのですよ

Posted by: Feri | August 15, 2016 23:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オーストリアが誇るスポーツモーターサイクルメーカーKTM | Main | マケドニア共和国大使館 »