« オーストリア航空 日本撤退に思う‥機材編(下) | Main | オーストリアが誇るスポーツモーターサイクルメーカーKTM »

August 09, 2016

番外編 同僚との再会に思う

Img_2016_08_2100

オーストリア航空の機材変遷を3日間にわたりお届けしましたが、飛行機に興味のない方にとっては、正直、面白くない記事だったかも知れません。

また、オーストリア航空の「波瀾万丈の歩み」はいかがだったでしょうか。ところで、今までテロの標的となることが少なかったオーストリアですが、8月に入って「気になるニュース」がありました。

オーストリア内務省は、イスラム過激派テロ組織ISが4日「オーストリア国内の14ヵ所で爆発などのテロを行う」という内容のメールを送信してきたと発表しました。

ISは、過去、オーストリアでテロを警告したことはありますが、テロの時間、場所を明示したのは初めてです。

テロの対象となったのは、ウィーンとグラーツの各5ヵ所の警察署と、ウィーンとグラーツ市の中央駅、空港の合計14ヵ所で、8月4日8時30分から9時の間に爆弾を爆発させるという内容だったようです。

政府では、テロ対策特別部隊を動員し、関係警察署や空港、中央駅内を捜査しましたが、幸い、爆発物などは発見されませんでした。

その結果を受けて、内務大臣は“パニックになる必要はないが、警戒を強めなければならない”というコメントを発表しています。

正直、ソフトターゲットを完璧に防御するのは難しいため、頭の痛い問題です。

さて、前置きが長くなりましたが、今日は番外編として「同僚との再会」をお伝えしましょう。

Feriは、今から30数年前は、ある出版会社に勤務していました。10年強、勤務していたのですが、私の後に入社した同僚Aさんから、先日、久しぶりに連絡が入ったのです。

Img_2015_08_7821

Aさんとは、入社後、一緒に机を並べて仕事をした仲なのですが、一時、誤解からAさんとFeriの人間関係が悪化した時期があります。

この経験は、Feriの20代にとって「最大の出来事」で、自分の至らなさに気づかされると同時に、その後の人生を大きく変える転機になりました。

幸い、その後、Feriは、Aさんに自分の非礼をわびたことで、関係修復が実現しました。

その後、Feriが30代に入って、自分が永年にわたって温めていた企画が、その出版社で実現しました。しかし、大きな仕事を成し遂げたことから、Feriは、今で言う「燃え尽き症候群状態」に陥ってしまいました。

そんな時、全く違う業界で仕事をしていた友人からの誘いもあり、転職を決意し、現在では、転職先の業界における仕事の方が長くなりました。

同僚のAさんは、Feriが退職してからもしばらくは、その出版社で勤務していたのですが、その後、退職し、休養期間をおいてから、別の出版社へ就職しています。

その時代に、業界の行事で数回、Aさんとお目にかかったことがあるのですが、大勢の人がいる会場だったため、簡単な立ち話程度でした。

Img_2015_08_7999

が、しばらくして、Aさんの消息が不明になり、心配していました。そのAさんから、先日、本当に久しぶりに連絡が入り、一時、体調不良で仕事を辞めていたことがわかりました。現在では、体調もある程度、回復し、別の出版会社で、あたらしいプロジェクトを立ち上げているので、Feriの協力してほしいとのこと‥

Feriが、日本に戻っている時期だったので、さっそく、Aさんとアポイントをとり、お目にかかることにしました。

Aさんと、二人でゆっくりと話をするのは、Feriが業界から去ってしまったこともあり、実に20数年ぶりです。ただ、かつて机を並べた同僚だったので、すぐに意気投合し、業界の話に花が咲いたのは言うまでもありません。

Img_2015_08_2797

Aさんは、Feriが退職後、色々な経験をしたようでした。Feriが退職してしまったことで、Aさんにも多大な迷惑をかけてしまって申し訳なかったという想いでいっぱいになりました。

しかし、そんなAさんから、新しいプロジェクトへの協力要請があったのは、本当にありがたいことです。ただ、その業界から離れて20年以上経つため、本当にお役に立てるかどうかは、未知数ですが、私を思い出してくれて、声をかけてくれたAさんのためにも、微力ながらお手伝いしたいと申し出て、固い握手をして別れました。

退職後、20数年後、かつての同僚と新しい仕事ができるとは想像もしていませんでしたが、今は昔と違って、資料のやり取りなどは電子メールをはじめとするネットワークが活用できるため、Feriがウィーンに戻っていても、ある程度、ご協力はできそうです。

「つながりの大切さ」を再認識した同僚Aさんとの再開でした。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

H_banner

日記・コラム・つぶやき |

« オーストリア航空 日本撤退に思う‥機材編(下) | Main | オーストリアが誇るスポーツモーターサイクルメーカーKTM »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オーストリア航空 日本撤退に思う‥機材編(下) | Main | オーストリアが誇るスポーツモーターサイクルメーカーKTM »