« Wiener Mobilitätswoche 2016を開催中 | Main | 地元の「蚤の市」 »

September 22, 2016

老人ホームのお楽しみ会はホイリゲで‥

Img_2016_09_0854

今日、9月22日、日本は「秋分の日」でお休みですね。先日、「仲秋の名月」をウィーンで観ましたが、印象的な付きでした。

さて、今日は「ホイリゲの話題」をお伝えしましょう。9月中旬になっても暑かった今年のウィーンでは、ホイリゲもシャニガルテンが人気でした。

夜遅くになってもシャニガルテンで、ワインを傾けるお客さまの多かったこと‥
Img_2016_09_0306

さて、先日、Feriが贔屓にしている某ホイリゲに出かけた時の話です。通常は16時開店なので、その時間に合わせて出かけました。

ちょうど、店に到着したのが16時。普通はFeriが一番乗りになることが多いのですが、この日は、表からはよく見えないシャニガルテンからは、賑やかな話し声が聞こえてくるではありませんか?

“貸切パーティーでもやっているのかな”と思って店内に入ると、ちょっとまとまった人数のグループがシャニガルテンを利用していました。

Img_2016_09_0303


お気に入りのワインを飲みながら、その団体を見ていると、お客さまの半数が車いすを利用しているお年寄りです。

どうも、近くにある老人ホームの一考らしく「お楽しみ会」として、通常の営業時間よりも早くやってきたような雰囲気でした。

入居者全員が車いすなので、入居者の人数だけ、介護者がついているような感じだったので、人数が多かったのですね。

皆さん、ワインはもちろん、軽食などを召し上がりながら、黄昏時を楽しんでいらっしゃいました。

その中に、中東系と思われる若い男女の介護者がいました。担当している入居者の男性(かなりのお歳と思われます)が、一生懸命、介護者の男性にドイツ語を教えていました。

Img_2016_09_0305

どういった経緯で、介護者として働いているのかは、Feriは知る由もありませんが、恐らく、この仕事を通じて、ウィーンに定住することを考えていらっしゃるのかもしれません。

そうなると、お住まいに方に受け入れてもらうことが不可欠なので、「オーストリアのドイツ語」のレベルアップに努めていたのでしょう。

Feriが入店して、40分ほどして、介護者の援助を受けて、件の団体はお店から帰っていきました。とくに車が来ていた感じがなかったので、歩いて行ける場所に老人ホームがあるのでしょう。

日本でも、時々、老人ホームで外出する催しがありますが、こちらでは、行き先がホイリゲというのは、何ともウィーンらしい気がします。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

H_banner

ホイリゲ |

« Wiener Mobilitätswoche 2016を開催中 | Main | 地元の「蚤の市」 »

Comments

wienならでは、の光景ですね😊
日本で考えると居酒屋さん⁉
ちょっと考え難いですよね😅
(現状に詳しくないので、もしかしたら有るかもしれませんけれど😓)
因みに、義母が最近ディサービスに行き始めたのですが、月に1度の外出(お出掛け)は、歴史博物館や美術館、lunchはファミリーレストランやお蕎麦屋さんです😊

介護者は、先日、知人のお見舞いに行った病院ではフィリピンやタイの方がいらっしゃいました。
日本でも海外の方が随分多くなっている、と実感しました😌

Posted by: necchi | September 22, 2016 22:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Wiener Mobilitätswoche 2016を開催中 | Main | 地元の「蚤の市」 »