« 野鳥被害の防止も大変です | Main | Postの宅配ボックス「ABHOLSTATION」 »

September 02, 2016

朗報、日本で「Das Grosse Museum」が上映されることになりました

20160901ss00001

今日は「オーストリア映画の話題」をお伝えしましょう。

2014年にオーストリアで公開された「Das Grosse Museum(The Great Museum)」というドキュメンタリー作品があります。

内容は、ウィーンの観光名所にもなっているKunsthistorisches Museum Wien(美術史美術館)、2012年から行った大規模改修工事に密着し、通常は見ることができない「舞台裏」を紹介した興味深い作品です。

日本公開に際しては、お客さまの動員を意識してか「グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状」という粋なタイトルになっています。

正直、地味な作品なので、日本での上映は難しいと思っていたのですが、このほど、2016年11月から一般の映画館で公開されることが決まりました。

現在、11月26日から、東京・有楽町のヒューマントラストシネマ有楽町で上映されることが発表されていますが、その後、順次、全国で公開される予定になっているようです。

Feriは、この映画の日本公開に尽力した関係者の皆さまに敬意を表します。

上映時間は94分。美術ファンはもちろん、オーストリアやウィーンがお好きな方にとっては必見の映画と言えるでしょう。

制作スタッフは、以下のとおりです。

-Regie(監督):Johannes Holzhausen(ヨハネス・ホルツハウゼン)

-Produzent (製作):Johannes Rosenberger(ヨハネス・ローゼンベルガー)

-Buch (脚本):Johannes Holzhausen(ヨハネス・ホルツハウゼン)、Constantin Wulff(コンスタンティン・ウルフ)

-Kamera(撮影):Joerg Burger(ヨルク・ベルガー)、Attila Boa(アッティラ・ボア)

Img_2015_10_1504

また、このブログをご覧の皆さまの中には、オリジナルの方に興味がある方も多いと思うので、オリジナルのホームページ(こちらから)もご紹介します。

なお、以下の内容は、日本向けプレスリリースからの転載です。

ハプスブルク家のコレクションを始め、ブリューゲルの「バベルの塔」など膨大な美術作品を所蔵し、ヨーロッパ三大美術館の一つでもあり、今年で創立125周年を迎えるウィーン美術史美術館の改装工事に密着したドキュメンタリー。

2012年から大規模な改装工事に着手した美術館の改装から再オープンに至るまでの舞台裏を、解説やインタビュー、音楽を一切排したダイレクトシネマの手法を用いて撮影。

館長から清掃員、運搬係から美術史家に至るまで、スタッフたちの一人一人が美術館の美術品と共存しながら働く姿、そして最高の形で展示する過程を映し出す。さらに本作が描き出すのは、そこで働く人々の小さなドラマの数々である。

He_great_museum

繊細な絵画の復元作業を日々重ねる修復家、美術館の中で自分がチームにうまく組み込まれていないと感じるゲストサービス、定年にさしかかった貴族出身のコレクション責任者、オークションでスリルと落胆を味わう美術史家。ハプスブルク家の時代から続く伝統と永遠性を兼ね備えた美術品を未来に継承するため、様々な立場にある人々が抱く様々な思いが映し出されていく。

働くスタッフ全員が予算の問題と競争力の重圧との狭間に立ちながら作品に誠実に向き合う姿勢は、政治や観光における国の姿を表現する際に、芸術がどのような役割を担っているのかをも浮き彫りにする。

本作は、「偉大なる美術館」と称えられるウィーン美術史美術館が担う収蔵、収集、修復、展覧というミッションに人々がどう取り組んでいるのかを多角的にとらえたドキュメンタリーである。

YouTubeに公式予告編がアップされていますので、ご紹介します。なお、上がオリジナル、下が日本向けの予告編です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

映画・テレビ |

« 野鳥被害の防止も大変です | Main | Postの宅配ボックス「ABHOLSTATION」 »

Comments

すみません、途中で送信してしまいました。

そんな訳でFeriさんのブログも大変楽しく拝見させてもらいました。
11月のドキュメンタリー映画 是非見てみたいと思います。今後もブログ楽しみにしております!

Posted by: ぷーち | September 02, 2016 17:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 野鳥被害の防止も大変です | Main | Postの宅配ボックス「ABHOLSTATION」 »