« 停車中の車両へエネルギー供給中 | Main | 速報 メルビッシュのインデンダント交代決定 »

October 25, 2016

今年は分散開催“Nationalfeiertag 2016 in Wien”

Nationalfeiertag2016_01

今日はオーストリアのナショナルデー(建国記念日、Nationalfeiertag 2016 in Wien)の行事に関する話題をお届けしましょう。

大統領選挙のやり直しにより、大統領不在で行われる“Nationalfeiertag 2016 in Wien”ですが、今回は開催方法も従来と異なります。

これはウィーン市内で各種工事が行われており、スペースの確保が難しいことが理由になっているようです。

実は、当初、老朽化した国会議事堂の改修工事が検討されていたため、大統領府に面したHeldenplatzでの行事は、昨年が最後になるのではないかという噂がありました。

Nationalfeiertag2016_02

しかし、大統領決定の遅れなども関係したのか、今回は従来とは開催方式が異なりますが、Heldenplatzも会場として残ったようです。

会場はパンフレットに掲載されている地図のようにAm Hof、Freyung、Schottengasse、Burgtheater、Heldenplatzの5箇所に分散されています。

従来はHeldenplatzに戦車や装甲車、自走砲、ヘリコプターなどの兵器が展示されていた他、各部隊のブースが出展されていましたが、今年は兵器の展示会場も分散した他、部隊のブースは5会場に分けられました。

最も分散会場は狭い範囲に集約されているので、移動するのも、さほど手間ではありませんが‥

ちなみにヘリコプターはBurgtheaterとHeldenplatz、戦車はBurgtheaterに展示されることになりました。

行事は10月22日から始まりましたが、25日までは各種の展示だけで、ハイライトはナショナルデー当日の10月26日です。

Img_2015_10_0038

戦没者への慰霊行事や新兵の宣誓式などは従来どおり、Heldenplatzで行われますが、それ以外の行事は分散会場で開催されるようです。

ちなみに毎回、人気があるのは戦車や装甲車の走行展示。左の写真は2015年のものですが、Heldenplatzの会場内を走り回る訳ですから、たいしたものです。

日本では駐屯地や演習場内以外で戦車が走行展示するというのは、最近では、まず考えられません。

近年では不法難民問題で連邦軍の役割が高まっているだけに、今年も色々な形で活動をアピールすることでしょう。

Wiener_sicherheitsfest01

一方、こちらも恒例の行事となっている「Wiener Sicherheitsfest 2016」は、10月25日・26日の両日、従来どおりRathausplatzで開催されます。

今年は第11回目を迎えますが、警察、消防、救急をはじめ、ウィーン市民のセキュリティを守る各機関が一同に出展し、各種のデモンストレーションも行われます。こちらも人気の高いイベントです。

Img_2015_10_0179

このイベントはDer Wiener K-Kreisという団体が運営に深く関与しています。この団体は、住民の安全に密着する各種機関の調整を行っているもので、各種の災害や事故発生時、いわゆる「縦割り行政の弊害」を解消することを目的とした組織です。

会わせて、住民にもセキュリティ意識を高めてもらう民間防衛組織的な側面なもあるようです。

本来ならば、会場へ行ってお得意の写真付きレポートをお届けしたいのですが、今年は諸般の事情で、それは叶いません。という訳でご容赦ください。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 停車中の車両へエネルギー供給中 | Main | 速報 メルビッシュのインデンダント交代決定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 停車中の車両へエネルギー供給中 | Main | 速報 メルビッシュのインデンダント交代決定 »