« 今年は分散開催“Nationalfeiertag 2016 in Wien” | Main | アパート近くに「恋人の聖地」誕生? »

October 26, 2016

速報 メルビッシュのインデンダント交代決定

Sn_x6100127

今日はオーストリアのナショナルデーですが、「オペレッタ関連のニュース」をお伝えしましょう。

10月19日、Seefestspiele Mörbisch(メルビッシュ)のインデンダントが、現在のDagmar Schellenbergerさんから、2018年にGerald Pichowetzさんへ交代することが発表されました。

すでに現地では、2018年からの新スタッフによる記者会見も開かれたようです(今回は、公式写真で新しい幹部をご紹介しましょう)。

FeriはGerald Pichowetzさんのことを詳しく存じ上げませんが、現在はウィーンのフロリツドルフにあるバラエティ劇場Gloria theater総支配人です。

Feriの友人が2年ほど前にクリスマス前の興行を観たそうですが、彼の感想は“吉本新喜劇を思い出した”というものでした。

Dagmar Schellenbergerさんが目指していた路線とは、かなり異なるようです。

Jb2016101900029

さて、Gerald Pichowetzさんについて、ちょっと調べたところ、Volksoper Wienでもミュージカル「Guys & Dolls」にInspektor Branniganとして出演していたようです。ただ、 2009年4月にFeriが観たときは、この役はPeter Piklさんだったので、観ていません。残念。

このほか、Wiener Kammeroperではオペレッタ「こうもり」のFrosch、Badenではミュージカル「My Fair Lady」のDolittle、Operettensommer Kufsteinではオペレッタ「Gräfin Mariza」のPenizekなどに起用されているようです。

自身も役者さんとしてオペレッタやミュージカルに出演しているので、RobertMeyerさんと一脈通じるものがあり、ちょっと楽しみです。

ただ、2018シーズンから新スタッフのカラーが全面に出るかどうかは、微妙なところ。というのは、キャスティングなどの関係で、2年後くらいまでは、水面下で交渉が進められていると言われていますので…発表はされていませんが、2018年の演目も決まっていることでしょう。

Jb2016101900024

そうなると新スタッフのカラーが出るのは、2019年もしくは2020年当たりからになる可能性が高いと思います。

正直、予想以上に早い交代でFeriも想定外でした。インデンダントが交代すると作品選びはもちろん、演出も大きく変わるのが普通です。

さて、Gerald Pichowetzさんが、どのような手腕を発揮されるか、大いに注目されるところです。

なお、写真は記者会見に臨んだ関係者の皆さんです。左から Jürgen Marxさん(メルビッシュ首長)、Astrid Eisenkopfさん(州議会議員)、Gerald Pichowetzさん、Helmut Bielerさん(州議会議員)。

という訳でDagmar Schellenbergerさんが率いる公演は2017年の「Der Vogelhändler」(小鳥売り)が最後となりました。

すでにコスチュームも発表されていますが、伝統的な衣装なので、ある意味、期待が持てます。最後にふさわしい楽しい舞台になってほしいものです。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

オペレッタ |

« 今年は分散開催“Nationalfeiertag 2016 in Wien” | Main | アパート近くに「恋人の聖地」誕生? »

Comments

Feri さん、こんにちは。

Dagmar Schellenberger さんは、意外に短期政権でしたね。なにか、うまくいかないことがあったのでしょうかね?

Gerald Pichowetz さんは、Volksoper で Orpheus in der Unterwelt にも出演されています。Cupido 役で、2008年と2010年に観た記録が残っています。小さな役だったのであまり印象に無いのですが、公式写真を見て、普通の演出と違って Cupido を太ったおじさんに演じさせているなと思ったようなことを思い出しました。
ORF から出ている Volksoper の CD「Operette live 3」に同曲の抜粋が含まれていますが、そこにも名前が載っています。

Posted by: Steppke | October 26, 2016 at 08:07 PM

Steppkeさま

バタバタしており、ゆっくりと検証する時間がありませんでしたが、おっしゃるとおり、よくよく見たら「 Orpheus in der Unterwelt」の怪人Cupidoでしたね。

かなり個性的なキャラクターだったことを覚えています。役者さんとしては、キャラが立っているので、面白そうですが、劇場運営についてはどうなのでしょうね。

少なくとも、今のおばさまとは好対照という感じはします。

Posted by: Feri | October 29, 2016 at 09:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今年は分散開催“Nationalfeiertag 2016 in Wien” | Main | アパート近くに「恋人の聖地」誕生? »