« 謎のピクトグラムシリーズ Theater an der Wien | Main | フォルクスオーパーのWebサイトがリニューアル »

October 07, 2016

スーパーマーケットの宅配サービス

Img_2016_09_0497

今日は「スーパーマーケットの話題」をお届けしましょう。

最近、日本ではスーパーマーケットで色々なサービスが導入されているようですね。

ネットスーパーはもちろんのこと、店頭で購入した商品の宅配サービスなどを始めているチェーン店も増えているとか‥ 人口減少に伴う競争が激しくなり、売上が低迷している中での施策だという話を耳にしたことがあります。

さて、先日、ウィーン市内で、写真のような荷物運搬用自転車を見つけました。

最近、ウィーンでは、先日、ご紹介した「Wiener Mobilitätswoche 2016」でも取り上げられていましたが、自動車に変わって自転車を積極的に活用しようという動きがあります。

Img_2016_09_0664

その中には、自動車による配送ではなく、市内近距離の場合、荷物運搬用自転車の活用も提唱されていました。

そのため、この手の自転車をよく見かけるようになりましたが、写真の自転車はスーパーマーケットチェーンMERKURの文字が入っており、同店の専用バイクであることがわかります。

後日、友人と待ち合わせでMariahilfer StraßeにあるMERKURを訪れた際、実車展示とともにサービス内容が紹介されていました。

「環境に配慮していますよ」というイメージのポスターには、「50Euro以上購入のお客さまは、5Euroで配達します」と書かれていました。MERKURでは、有料の宅配サービスを始めたようです。

購入する品物にもよりますが、食料品を中心に50Euroというと、結構な量になりますから、宅配サービスも便利かもしれません。とくに値段は安いですが、重いミネラルヴァッサーなどは日本でも宅配の対象になりますから‥

Img_2016_09_0665

ただ、Feri個人の感覚では、意外と宅配サービスの料金が高いような気がします。恐らく日本だったら、この購入金額の場合、無料で宅配サービスを行うことでしょう。

ちなみに、ご存じの方も多いと思いますが、日本では従来考えられませんでしたが、一部のコンビニエンスストアでも食料品の宅配サービスを行っていますが、購入金額が500円以上で、無料とか‥  実際、オーナーや店長さんなどが、小型の電気自動車で配達を行っているという話を耳にしました。

さすがにサービス競争が熾烈な日本です。もっとも、そういったサービスの激化が、結果として賃金の上昇を抑えているという見方もあるようですが‥

こちらでは、「サービスに一定の料金がかかる」という発想が基本になっていますが、どちらが良いのかは難しいところですね。

さて、話を本題に戻すと、MERKURの宅配サービスは、どの程度、利用されているのか、気になるところです。とは、言っても、最初に見たのはアパート近くの某所。ということは、利用している人が居るという証でしょうね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

スーパーマーケット |

« 謎のピクトグラムシリーズ Theater an der Wien | Main | フォルクスオーパーのWebサイトがリニューアル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 謎のピクトグラムシリーズ Theater an der Wien | Main | フォルクスオーパーのWebサイトがリニューアル »