« いずこも同じ? クーポン券キャンペーン | Main | まもなく新装開店 ショッピングセンター »

October 10, 2016

謎のピクトグラムシリーズ 鹿に注意?

Img_2015_10_6137_01

今日、10月10日、日本は「体育の日」でお休みですね。Feri以上の年齢の方にとっては、10月10日というのは思い出深い日だと思います。

1964年(昭和39年)に東京オリンピックの開会式が行われた日だからです。当時、Feriは、渋谷区に住んでいた関係で、学校行事の一環としてマラソンの応援に出かけたこともあります。

それ以上に記憶に残っているのは、自宅のテレビ(もちろん白黒です)で、開会式の模様を家族で見ていて、後半、ブルーインパルスが「五輪の輪」を描いた瞬間、庭に出て、本物を見た時の感激は、今でも鮮明に記憶に残っています。

後日、聞いた話なのですが、当初の天気予報では、10月10日は雨だったそうです。そのため、ブルーインパルスのパイロットも、“明日は出番がない”と思い込んでいたという逸話を雑誌で読んだことがあります。しかし、実際には素晴らしい快晴に恵まれて、申し分ない開会式になりました。

その後、「体育の日」は移動祝日になってしまい、毎年、10月10日でなくなってしまったのが、残念でなりません。今年は、久しぶりに本来の記念日に戻りましたね。

ただ、Feriは今日もお仕事です(笑)。

今日は「謎のピクトグラムシリーズ」をお届けしましょう。

自然な豊かなオーストリアでは、野生動物が道路を横断することがあります。そのため、地方に行くと、「野生動物に注意」の道路標識を見かけることがあります。

さて、今日、ご紹介するピクトグラムは、自然が豊かな地方ではなく、何とウィーンのインナーシュタット1区で見つけたピクトグラムです。

標識自体は「鹿の飛び出し注意」といったイメージですが、正直、いくら自然が豊かなウィーンとは言え、インナーシュタットに鹿が走り回っている訳がありません。

Img_2016_07_1995

「ACHTUNG WILDWOCHE」という文字が種明かしなのですが、「ジビエ料理週間」を行っているレストランの店頭に置かれていたものです。

要するに食材として捕獲された野生の鳥獣を使った「ジビエ料理」をアピールするためのピクトグラムという訳です。しかし、考えましたね、レストランのオーナーさん。

ヨーロッパではジビエ料理に使う獣類は鹿の他、野ウサギ、イノシシ、熊などがあるそうですが、Feriは、その手の料理はあまり好きではないので、食べたことはありません。

Img_2016_07_1993

最近は、日本でもジビエ料理が市民権を得つつあるようですが、皆さまは召し上がったことはありますか?

余談ですが、夏に友人から稚内の市内で野生の鹿を見かけたというメールが来ました。ノシャップ岬周辺では、夏期、鹿が悠々と歩いているそうです。

日本にも自然が豊かな地域が存在するのですね。今日は料理の写真がないので、友人の了解を得て、ノシャップ岬の鹿をお目にかけましょう。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ピクトグラム |

« いずこも同じ? クーポン券キャンペーン | Main | まもなく新装開店 ショッピングセンター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« いずこも同じ? クーポン券キャンペーン | Main | まもなく新装開店 ショッピングセンター »