« 「Infocenter U2/U5」がオープン | Main | 揚げパンLangos »

November 20, 2016

Hotel Gösser Schlössl

Img_2016_02_0520

今日は「ウィーンにある変わったホテル」をご紹介しましょう。

このブログでもご紹介した、23区(Liesing区)、Maurerにあるホイリゲを訪問した際、「Hotel Gösser Schlössl」という名前のちょっと変わったホテルを見つけました。

Gösser Bräuは、日本にも輸入されているオーストリアを代表するビア会社で、シュタイヤマルク州LeobenにあるGössで醸造されています。

何でも1459年からGöss尼僧院で醸造が始まったそうですが、本格的な醸造が始まったのは1860年頃だそうです。

Img_2016_02_1402

シュタイヤマルク州の会社なので、グラーツ(Gösser Bräu Graz、Neutorgasse 48)やLeoben(Gösserbräu Leoben、Turmgasse 3)に直営レストランがありますが、ウィーンにGösser Bräuの直営ホテルがあるとは、Feriは実際に見るまで知りませんでした。お恥ずかしい限りです。

このホテルですが、路面電車60系統が走るGeßlgasse沿いにあるので、非常に目立ちます。Ölzeltparkという公園に隣接しているロケーションの良い場所にあります。


写真をご覧になるとわかるように尖塔が印象的な外観です。まさにSchlösslという名前にふさわしい感じがします。

20161126ss00001

部屋数は9室ということで、「プチホテル」といった趣です。例によって個人の邸宅を改装してホテルに転用したようで、1913年に「Park Cafe Mauer」としてオープンしました。

1985年、「Park Cafe Mauer」が閉店となり、中華料理店がオープンします。歴史ある建物を活用した施設ですが、1996年3月、大火に見舞われ、設備の大多数が焼失してしまいます。

そのため、営業停止となり、建物も保全のため、一旦、売却されたようです。

その後、2001年に大規模な改修工事が始まり、2003年8月1日に営業が再開され、現在の形になりました。

Gosserschlossl21

なお、Gösserは最初から経営に参画していた訳ではなく、2013年10月からで、この段階で名称が「GösserBräu in Wien」になりました。更に2015年、名称が「Gösser Schlössl」に変更されています。

結構、数奇な運命をたどっているホテルですね。

「Park Cafe Mauer」として発足した経緯もあり、商売のメインになっているのは「Gösser Schlössl Wien Brauerei & Restaurant」というレストランです。

Img_2016_02_0518

レストランは、写真をご覧になるとわかるように、ガラスを多用した客室が特長。そのため、冬でも景色を眺めながら食事を楽しむことができます。

もちろん、季節の良い時期にはシャニガルテンもオープンします。場所柄、地下に駐車場もあるので、車でのご利用も便利かと思います。

こういう場所にあるレストランなので、各種のパーティなどにも対応した部屋を持っているようです。ホテルと併設のレストランであるためか、営業時間は8時から24時までと長いのが特長(週末は午前1時まで営業)。

伝統的なオーストリア料理だけでなく、ビアレストランらしく軽食を含む気軽な料理も提供しているようです。

Gosserschlossl51

Feriは、現在、アパート暮らしなので、このホテルを使用したことはありませんが、通常、1泊45Euro(朝食、税込、ただし4泊から)と、非常にリーズナブルにな料金設定になっています。もちろん、1泊から利用可能で、その場合は49Euroとなります。

多少都心から離れていますが、路面電車60系統の沿線にあり、U4のHietzingまで出れば、都心まで一直線ですから、決して不便な訳ではありません。逆に近くにホイリゲがあるので、ホイリゲがお好きな方にはうってつけな「隠れ家」と言えるでしょう。

今回はFeriが利用していないため、内部の写真はホテルとレストランの公式写真でお目にかけます。

Gosserschlossl_essen

ところで、ウィーンには、Gösser Bräu直営のレストランがいくつかありますが、「Gösser Bräu Ottakring」も、その一つ。U3のOttalring駅の近くにあるので、Feriもランチタイムに利用したことがあります。

Gösser Bräuが経営しているホテルは、オーバーエスターライヒ州Welsにもあります。こちらはWürzburger Brauereiという地場の醸造所を1925年にGösser Bräuが買収し、その後、施設の一部をレストランやホテルにしたものです。

余談になりますが、1955年5月15日、オーストリアが独立を回復した際、占領国であったアメリカ、イギリス、フランス、ソビエトという4ヶ国の代表と条約締結を祝う祝宴が催されましたが、その際、Gösser Bräuが提供されたそうです。

この話、Feriは同社の広告で知りました。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 「Infocenter U2/U5」がオープン | Main | 揚げパンLangos »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「Infocenter U2/U5」がオープン | Main | 揚げパンLangos »