« 禁煙施策雑感 | Main | 大人の乗り物 キックスケーター »

November 02, 2016

姿を消したレストラン さて、跡地は?

Img_2016_08_2347

今日は「リゾート地の再開発」にまつわる話題です。

メルビッシュもインデンダントの交代が決まり、また新しい時代が訪れようとしています。

ウィーンから日帰りも可能なのに、Feriは、Rust周辺に宿泊してオペレッタを鑑賞するのが好きです。まぁ、ささやかな贅沢と言えるかも知れません。

Rustは、ホイリゲも多いですが、観光客の多いエリアなので、普通のレストランも営業しています。

Img_2005_08_1201

Rustの中心部からSeeBad方面へ向かう道に面して、CSARDAという屋号の比較的大きなレストランがありました。広いシャニガルテンが特長で、日中でも、民族音楽の生演奏を行っていました。

その昔、FeriがRustを始めて訪問した頃は、こういった民族音楽を演奏している場所が好きだったので、何回か利用したことがあります。

場所柄、オペレッタの曲も演奏していたので、そのメロディにつられて入ってしまった‥というのが真相ですが‥(お店の思う壺かな‥)。

Img_2005_08_1202

広い駐車場を備えていたこともあり、団体のお客さまも、よく利用していました。観光地のレストランなので、味や値段は、「それなり」でしたが、音楽の演奏があったので、何となく楽しい気分で食事ができた思い出があります。

写真は、その時に昼食として食べて、ウィンナシュニッツェル。まぁ、これならば、どこで食べてもハズレはありませんから‥ ポンフリットではなく、ライスなのがちょっと珍しい感じですね。

Img_2005_08_1203

ただ、当たり前ですが、この手の観光客をメインターゲットにしたレストランでは、演奏している楽団メンバーが客席を回って、リクエストに応じると同時に、半ば強制的にチップを要求されることがあります。

写真の奏者が「カメラ目線」なのを見ると、観光客への対応は慣れている感じがしますね。まぁ、そういう場所だから仕方がないのでしょうが…

Img_2005_08_1204

その後、Rustでも、夕方からホイリゲへ入り浸ることが増えたため、このレストランは利用しなくなってしまいました。

今年の夏、Rustへ出かけた際、車を止めて、市内を散歩中、このレストラン前を通りかかったところ、トップの写真のように見事な平地になっていました。

どうやら前の建物を全面的に解体して、新しく何か建てるようです。レストランなのか、ホテルなのかはわかりませんが、結構、大規模な工事で驚きました。

さて、来年、夏には、この場所に何が建っているのか‥ちょっと興味がありますが、お楽しみは、来年の夏までとっておくことにしましょう。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 禁煙施策雑感 | Main | 大人の乗り物 キックスケーター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 禁煙施策雑感 | Main | 大人の乗り物 キックスケーター »