« 揚げパンLangos | Main | ドライバー用プンシュ 飲酒運転にご注意 »

November 22, 2016

Weihnachtsmärkte(クリスマス市)余話

Img_2015_12_8572

今日、11月22日は、日本では「いい夫婦の日」だそうですね。「いい夫婦の日 パートナー・オブ・ザ・イヤー」なども発表されるとか‥日本らしい記念日かもしれません。

さて、今日は「クリスマス市の話題」をお届けしましょう。

2016年にウィーン市で開催されるクリスマス市は昨年よりも3箇所増えて25箇所になったそうです。ちなみに、最も多いのはインナーシュタットの1区で8箇所です。

しかし、クリスマス市に出店する店舗の数は、1000を下回る973店に留まっているという報道がなされています。

Img_2015_12_6785

店舗数が減少している理由ですが、関係者によると「クリスマス市の需要が限界点に達している可能性が高い」という見方をしているようです。

ところで、ウィーンのクリスマス市というと、市庁舎前広場に代表されるような大規模なものを思い浮かべますが、ウィーン市が公認するクリスマス市は、公共の場所で10店舗以上の屋台が出店するものを指すそうです。

さらに、「公認」のクリスマス市では、飲食店(屋台)は全店舗数の三分の一に制限されているそうです。「クリスマス市」についても、ちゃんとレギュレーションが決まっているのが興味深いところです。

Img_2015_12_7113

なお、私有地で開催されるものは、上記のレギュレーションは適用されないようです。

公的な場所で開催されるクリスマス市に屋台を出店するには、所場代を市当局に支払う必要があります。どのくらいの費用がかかるのか、興味があったので、ちょっと調べたところ、最も安いところで2000Euro/月だそうです。
高い方については、3万Euroという話を耳にしました。

路上に店舗を構えるシャニガルテンも、市当局に使用料を支払いますが、クリスマス市の出店も意外と高いですね。

もし、天候不順などにより、売上が少ないと、所場代で赤字‥という可能性も考えられるだけに、出店する業者さんも気が気ではないでしょう。

Img_2015_12_8321

ところで、利用するお客さまが気になるのは、飲食物を提供する屋台の衛生管理ではないでしょうか?

日本では、地方自治体などの公的機関が屋台を管理しているという話を耳にしたことがありませんが、ウィーンではクリスマス市に出店している飲食物を販売する屋台を市当局(MA 59-Marktservice & Lebensmittelsicherheit)が抜き打ち検査を行っているそうです。

更にMA59では、食品ホットラインを設けており、様々な情報を提供しています。

Img_2008_12_9578

そのため、飲食物に関するクレームは、ほとんど発生していないそうです。このあたり、厳格に管理しているのは、ちょっと意外でしたが、これがクリスマス市が隆盛を極める理由になっているような気がします。

ウィーンのクリスマス市には長い歴史がありますが、公式には1722年にFreyungで行われたのが最初と言われています。

ご紹介する写真はウィーン市のホームページに掲載されていたもので、1917年の「Christkindlmarkt am Hof」だそうです。

am Hofの雰囲気は、昔も今も、あまり変わりませんね。

Christkindlhofgr

その後、第一次世界大戦、第二次世界大戦で中断された時期がありますが、第二次世界大戦後は1949年から再開されたようです。

以前は12月24日までだったクリスマス市も、最近では観光客をターゲットに26日位まで営業しているところもありますし、シェーンブルン宮殿のように、名称をNeujahresmarktに変更して年明けまで営業するところも出てきました。

これも時代の流れでしょうかね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 揚げパンLangos | Main | ドライバー用プンシュ 飲酒運転にご注意 »

Comments

お久しぶりです。23日までが多いドイツのクリスマス市に比べると、ウィーンの方は比較的遅くまでやっているのが興味深いです。やはり、海外からの観光客が多いからなのでしょうか・・・まぁ、これを目当てに来る人が多いという事なのかもしれませんが、逆にクリスマス市の需要が頭打ちという報道もあり、需要と供給のバランスはどうなんだろう?と思ったりもします。一か所だけでも楽しめますけど、やはり何か所か巡った方が面白いのでしょうか?1日で数か所巡ると、各所各所で名物が違って面白そうですが・・・

Posted by: おざきとしふみ | December 01, 2016 at 11:37 PM

おざきとしふみさま

最近は東欧からのお客さまも増えており、市庁舎前のクリスマス市などは大きな動員数を誇っているようです。

正直、市庁舎前のクリスマス市は、混雑時、入るのをためらうほどです(笑)。

旧市街で開催中のものは、1日でも十分回ることができるので、比べてみるのも楽しいかと思います。

ただ、スリにはご注意を‥

Posted by: Feri | December 03, 2016 at 12:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 揚げパンLangos | Main | ドライバー用プンシュ 飲酒運転にご注意 »