« 立派な看板 | Main | クリスマスグッズよもやま話(その2) »

December 01, 2016

クリスマスグッズよもやま話(その1)

Img_2002_12_4623

こちらもアドベントに入ったので、今日は「クリスマスに関する話題」をお伝えしましょう。

このブログを長くご覧になっている方は、ご存じかも知れませんが、亡きFeriの父親は、戦争から戻ってからキリスト教徒(プロテスタント)になりました。

プロテスタントは、派手な飾りは行わないのですが、なぜか凝り性の父親は、クリスマスの飾りに関しては、気合いを入れていました。

モミの木を庭に植えて、クリスマスの時期だけ掘り起こして、居間に設置。豆電球による電飾やオーナメントを取り付けて、こちら並みの見事なクリスマスツリーを作っていました。

Img_1998_12_00018

その影響なのか、Feriもクリスマスの飾りに関しては、昔から興味があり、本場のこちらへ来るようになってから、色々と買い求めています。

中には、こちらならでは‥というグッズも多く、クリスマスグッズファンにとっては、お財布の紐が緩くなってしまい、頭が痛いところです。

最初にオーストリアのクリスマス市で、目に留まったのは豊富なオーナメント。大きく分けると、素材によって、金属、ガラス、木、その他に分けることができます。さすがにクリスマスツリーの本場だけのことはあります。

Img_2002_12_4717

この中で、金属製(真鍮製)のオーナメントは、当時、日本ではあまり見かけなかっただけに、最初の頃は、結構、買い求めていました。

実は、金属製のオーナメントには、大きなメリットがあります。それは、「薄くて壊れにくい」ため、日本へ持ち運ぶのが非常に楽なことです。それも、気に入った理由の一つ。

また、天使などをモチーフにした木製のオーナメントもお気に入りの一つです。

林業大国オーストリアらしく、木製のオーナメントも種類が豊富です。いわゆる彫刻スタイルと、板を加工したものがあります。

Img_2010_12_2136

どちらも魅力的な作品が多く、つい買いたくなってしまうアイテムです。ただ、木を彫って作ったものは、小さい割にはお値段が張ります。いわゆる「ハンドメイド」なのでやむを得ませんが、それだけに魅力的なのです。

なお、木工の置物については、チロル地方の工房が有名なようで、ウィーンのクリスマス市にも、出張してきています。

ちなみに彩色してあるものもありますが、Feriが好きなのは木の素材を生かした無彩色ものです。オーストリアらしい感じのオーナメントですね。

Img_2010_12_2226

薄い板を加工したタイプは、シルエットになっており、デザインがポイントです。キリスト生誕に関連するデザインのものもあります。こちらもオーストリアらしいオーナメントと言えるでしょう。

なお、このタイプは郵送が可能になっているものもあり、クリスマスカードとして利用する人もいらっしゃるようです。

Img_2007_12_0859

ガラス製のオーナメントに関しては、日本でもポピュラーなボール状のものと、板状のものがあります。

ちなみにFeriの父親が、好んで揃えていたのが「ガラス製のボール状」のオーナメントでした。こちらの場合、単に色を付けただけでなく、絵が描かれている魅力的なものが沢山。

また、「オーナメントの王道」なのか、バリエーションが非常の豊富です。装飾によって絵が浮き彫りになっているもの、半透明のものなどもあります。

Img_2003_12_7209

華やかな金色のものも多数、販売されています。当然、売っているお店によって違いもあり、見ているだけでも飽きません。

ただ、薄いガラス製なので、日本へ輸送するのが大変なので、購入は見送ったことがあります。

同じガラス製でも、ボール状ではなく、円盤状のものもあります。こちらは、クリスマスにちなんだ絵が描かれているものが一般的です。ボール状に比べて運ぶのが楽なので、こちらは買い求めた経験があります。

Img_2003_12_7211

このほか、少ないですがステンドグラスでできたオーナメントもあります。ただ、ステンドグラスの場合、極端に小さいものは作りにくいようで、比較的大きなものを見かけます。

そのため、ツリーに下げるというより、単独で飾るという性格なのかもしれません。

Img_2006_12_2949

その他の材料でできたオーナメントは、布や木を組み合わせて作った人形や、草を加工した星型のものなどを見かけたことがあります。素朴な感じのオーナメントも多く、なかなか魅力的です。

ただ、こちらは、可愛らしいデザインのものも多く、子供さんを対象にしているような感じもします。

今日は「オーナメント編」でおしまいにしましょう。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グッズ |

« 立派な看板 | Main | クリスマスグッズよもやま話(その2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 立派な看板 | Main | クリスマスグッズよもやま話(その2) »