« クリスマスグッズよもやま話(その3) | Main | クリスマスグッズよもやま話(その4) »

December 05, 2016

S Bahnに新駅できます

20161205_x201_00001

日本でも大きく報道されているので、ご存じの方も多いと思いますが、12月4日に行われたオーストリア大統領選挙の再選挙ですが、最終的に「緑の党」前党首アレキサンダー・バン・デア・ベレン氏が対抗候補者「自由党」のノルベルト・ホーファー氏を破り、大統領に選出されました。

意外と差が開いたような感じもしますが、“ヒトラーの再来”と煽りまくったマスコミの皆さんは、一安心でしょう。

これで、静かなアドベントに戻りますね。

Bruennerstrassegr

さて、今日は12月11日に予定されている「ダイヤ改正に関する話題」をお伝えしましょう。

先日、「Nightjet」の話題をお伝えしましたが、それ以外ではRailjetの車両が増備され、Wien-Salzburg間のICがRailjetに置き換えられることになりました。

また、Graz Hbf発着のRailjetで Flughafen Wienへ乗り入れる列車が6往復設定されることになりました。これも大きな時代の変化ですね。Railjetについては、列車内でのサービスが拡充されることになっています。

Khnordoeffisgr

このほか、昨年のダイヤ改正時に登場した新しい近郊型電車「Cityjet」が増強されます。

そんな中、ウィーン市内にS Bahnの新駅が開業することになりました。

路線はS3で、新駅はBrünner Straßeで、場所は図のようにFloridsdorfに隣接するところです。

実は、この場所には現在、Krankenhaus Nord(北病院)の整備が進められており、病院へのアクセスのために新駅が開設されることになったものです。

Bruennerstrassepkgr

病院に隣接した駅なのでバリアフリー対応になっており、駅から直接病院に行くことができるようになっています。S3はラッシュ時15分ヘッドで運転されており、病院へのアクセスが大幅に向上することになります。

北病院は、外来患者数25万人が想定される大規模病院で、2017年に部分開院し、2018年から全面的な使用が開始される予定になっています。

今回、病院に隣接したBrünner Straße駅が一足先に開業することになったものです。ちなみに右の写真で後ろに見える建物がKrankenhaus Nordです。

なお、写真はウィーン市が公開している公式写真をお借りしました。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« クリスマスグッズよもやま話(その3) | Main | クリスマスグッズよもやま話(その4) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クリスマスグッズよもやま話(その3) | Main | クリスマスグッズよもやま話(その4) »