« 自動車事故を目撃しました | Main | こんな使い方もあります »

January 19, 2017

ÖBB高速新線建設中

Img_2015_08_1623

今日は「鉄道の話題」をお伝えしましょう。

ÖBBの長距離優等列車は、昨年12月のダイヤ改正で、RailJet中心になりましたが、基本的に従来の路線を使用しているため、所要時間はあまり短縮されていません。

現在、ヨーロッパの各国では、最高速度250km/h程度の運転が一般的になっていますが、ÖBBの場合、比較的平坦な西鉄道(Wien-Salzburg間)でも、在来線の最高速度は200km/hに留まっています。

RailJetの車両は、最高速度230km/h対応になっているので、車両の性能を最大限、活用しているとは言えない訳です。

鉄道利用者を増やすためには、運賃の低価格化もありますが、やはり所要時間の短縮がポイントになるのは、皆さまもご存じのとおりです。

そこで、西鉄道(Westbahn)では、200km/h以上の運転を目指して、部分的に新線の建設を進めています。

Wien-St. Pölten Hbf間については、Hauptbahnhof開業に合わせて新線(Strecke 30)が建設されましたが、それと同じ発想です。

建設が進められているのは、以下の三区間で、既に開通している区間もあります。

-Knoten Rohr – Ybbs an der Donau間
-Ybbs an der Donau – Amstetten間
-Amstetten – Linz Kleinmünchen間

今日、お目にかける写真は高速道路A-1沿いに建設されている区間です。

Img_2015_08_1622

ご存じのように、日本と異なり、線路の幅や規格が一緒なので、在来線から新線への乗り入れは簡単に実現できます。

また、ドイツなども同じですが、できあがった区間を効果的につかうため、在来線との短絡線が比較的多く設けられています。

そのため、部分的に新線が完成した場合、優等列車は新線経由に切り替えて、時間短縮を図ることも可能です。道路の「バイパス」のような感じでしょうか。

また、Salzburg側のKnoten Köstendorf-Knoten Kasern間でも新線建設されています。

区間によって最高速度は異なりますが、250km/h対応で建設されている区間もあり、新線が完成するとWien-Salzburg間のRailJetも、所要時間の短縮が期待できると思います。

Img_2014_09_6478

ところで、最近のヨーロッパでは、以前のように積極的に300km/h以上の運転を行わない鉄道が増えているようです。

理由は、初期投資がかかる割に、効果が低いためだそうで、250km/h前後の運転が主流になりつつあるとか。

考えてみると、在来線と高速新線を組み合わせている鉄道が多いだけに、高速用車両の投入は過剰投資になる可能性がありますね。

そういう意味では、最高速度が230km/hのÖBBのフラッグシップRailJetは、決して時代の流れに乗り遅れている列車とは言えないと思います。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« 自動車事故を目撃しました | Main | こんな使い方もあります »

Comments

こうして見ると、オーストリアはフランスやドイツと違って、あまり300㎞に固執していない様ですね・・・スイスも同様な傾向ですし。
昔だったら、何が何でも300㎞以上出す事に拘っていましたけど、高速線専用車両はどうしても値段が高くつくので、レイルジェットの様な200㎞程度で済むタイプに変わったという事でしょうか?現実にドイツのice3は300kmに対してice4は250~230㎞程度と現実路線に舵を切った感があります。一方で、フランスのTGVやイタリアのフェッチャ・ロッサの様に相変わらずに300㎞台でかっ飛ばしている所もアリで、国によって事情は大きく異なる様です。

今回工事中の区間がいつ出来るのか気になりますが、早くて来年か再来年くらいなのでしょうか?あと、レイルジェット以外にもWestBahnの電車も走るのか気になります。

Posted by: おざきとしふみ | January 20, 2017 00:12

おざきとしふみ様

コメント、ありがとうございます。

オーストリアの場合、国土が狭いですから、300km/h運転にこだわる必要はないという考え方だと思います。ましてや山岳路線も多いですから‥

ご存じのようにÖBBは上下分割方式で民営化されたため、施設の建設と維持はインフラ会社が担当しています。

そのため新線も利用料金が折り合えばWestBahnも使うと思います。

Posted by: Feri | January 21, 2017 08:57

こんにちは!
とても興味深く拝見いたしております。
これから旅行に行くので大変参考になります。
ありがとうございます。
さて、昨日投稿させていただきました質問ですが、
おかげさまで解決することができました♪
お騒がせして申し訳ありませんでしたm(_ _)m

Posted by: じろうママ | January 26, 2017 16:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自動車事故を目撃しました | Main | こんな使い方もあります »