« 母の誕生日の寄せて(下) | Main | 真冬の写真撮影は大変です »

January 24, 2017

深夜はご遠慮ください ガラス瓶の投棄

20170123ss00001

最初に気になるニュースをご紹介しましょう。

1月20日の夕方、18歳のアルバニア出身のオーストリア人が、地下鉄で爆発テロを実施する計画をしていた容疑で、特殊部隊コブラによって逮捕されたというニュースが入ってきました。

内務省の発表によると「テロ計画は履行される寸前だった」とのこと‥ これを受けて、21日から市内各所、主にソフトーターゲットに対する警備が強化されています。

今回のテロ計画の背景については、操作中なので、はっきりしていませんが、アメリカのトランプ大統領就任に合わせて計画されていた可能性もあるそうです。

いずれにしても、テロが実行前に阻止されて良かったと思います。写真は、緊急記者会見を行った内務大臣です。

Img_2016_12_0846

さて、今日は「ゴミの話題」をお伝えしましょう。

このブログでも、たびたびご紹介しているようにウィーンのゴミ処理システムは、ヨーロッパの他国から参考にされるほど、よく整備されています。

まず、アパートを含む一般家庭から出るゴミは、「燃やせるゴミ」と「再生できる紙」については、各戸から回収しています。

それに対して、ペットボトル類、缶類、ガラス瓶類については、街角に大型ゴミ箱が設置されており、これを利用する仕組みになっています。

Img_2016_12_0847

自宅にペットボトル類や缶、ガラス瓶などが貯まってきたら、自分の好きなタイミングで処理できるので、非常に効率的です。

ペットボトルと缶類については、大型ゴミ箱に廃棄する際、音はほとんど出ませんが、瓶類については、入れたとたんに割れてしまうことが多いので、結構、大きな音がします。

しかも投入口にゴムのフタが着いており、勢いよく入れる必要があるので、割れない方が珍しいような気がします。

回りに住宅が少ない場所の場合は良いのですが、住宅地の場合、騒音源になる可能性がありますね。特に古い石造りの家が並んでいるエリアでは、音が家に反響して、余計に大きな音になるケースもあるようです。

先日、アパート近くのゴミ集積ステーションに瓶を捨てに言ったところ、瓶類のゴミ箱に写真のようなステッカーが貼ってありました。

MA48の作業員が耳を塞いでいるイラストが描かれており、「PSSST! KEINE EINWÜRFE VON 22.00 BIS 6.00 UHR.」という文字が‥

Img_2016_09_0086

日本語ならば、「22時から6時までは瓶類の処分はご遠慮ください」といったニュアンスでしょうか。

このステーションは狭い路地に有り、両側は1階は商店や飲食店が入っていますが、2階以上はアパートになっています。

Img_2016_09_0923

確かに深夜時間帯に、瓶類を大量に入れられたら騒音が気になると思います。そのため、こういったステッカーで注意を喚起しているのでしょう。音に敏感なオーストリアらしい表示かもしれません。

ところで、この瓶類用のゴミ箱から、ゴミを搬出する方法は、クレーンが付いた専用車両を使います。何と、車載のクレーンでゴミ箱を持ち上げ、荷台の上に搬送。

そこでゴミ箱の下を開けて、一気に荷台に落とします。Feriも何回か、その場面を観たことがありますが、すごい音がしますね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 母の誕生日の寄せて(下) | Main | 真冬の写真撮影は大変です »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 母の誕生日の寄せて(下) | Main | 真冬の写真撮影は大変です »