« TANジェネレーター顛末記 | Main | 国会議事堂の改修工事が始まります »

January 04, 2017

萌え系イラストをまとった路面電車

Img_2016_12_0158

今日は「サブカルチャー系の話題」をお届けしましょう。

このブログでも、時々ご紹介していますが、こちらでも日本の漫画やアニメーションは大変人気があります。いわゆるアメリカンコミックと人気を二分すると言っても過言ではないでしょう。

ウィーン市内にも、コミック関連の商品を専門に取り扱っているお店が何軒も営業しており、熱心なファンが訪れています。

また、年に何回か、日本のコミケにあたるようなイベントも開催されています。日本のサブカルチャーが最も高い人気を誇るのはフランスだそうですが、オーストリアも侮れません。

先日、夕方、市内を歩いているとちょっと変わった塗装のULFがやって来ました。いわゆるULFの広告電車です。

ULFは側面が広いため、広告電車には最適。最近では、全面以外は広告にしてしまっているケースも増えてきました。最も塗装ではなく、模様替えが楽なステッカーのようです。

Img_2016_12_0159

さて、先日、夕方、ウィーン市内を歩いていると車体側面に全面広告を施したULFがやってきまいた。

で、そのイラストを見て、Feriは目が点に‥

何と日本のコミックなどで見かけるような萌え系デザインの若い女性が大きく描かれているではありませんか。

突然、出現した広告電車だったので、しっかりと写真撮影ができずに、中途半端な写真を皆さまにお目にかけることになってしまいましたが、バレーボールのレシーブをしている姿のようです。

車体上部には、このブログにも頻繁に登場する大手ベッカライチェーンStröckのロゴが大々的に描かれているところから、ここと関係のある広告のようです。

また、「Aus Liebe zum Handwerk」というキャッチフレーズも車体に描かれています。

20170103ss00001

十分観察することができなかったため、その時は単純にベッカライチェーンの広告なのか、Bäckerei Ströckが関係している「キャンペーン」の広告なのかは、わかりませんでした。

さらに写真を詳しくチェックしたところドアの上に「Fit10」というロゴマークを見つけました。

20170105ss00001

さっそくインターネットで検索してみると、Fit10というプロジェクトは、健康的な食事と適切なスポーツによって体調維持を推進しようというものでした。

極端な食事制限による無理なダイエットではなく、適切な食事とスポーツを組み合わせたもののようです。10週間で、正しい食習慣を確立するためFit10という名称がついていることもわかりました。

ウィーンのみならず、オーストリア全土で展開しており、専門家による指導もあるようです。ただ、専門的な指導を受ける場合は、有償での対応になります。食事管理と運動によるダイエットというと、何やら日本で流行っている「ラ○ザッ○」を彷彿させますね。

ちなみにwebサイトに写っている女性が主催者のChristina Lachkovicsさん。栄養学の専門家で、自らも様々なスポーツにもチャレンジしてる方です。

このプロジェクトを広く広めるために、こういった広告電車を誕生させたようです。なお、Ltröck はmeiner Partnerの一社であることがわかりました。しかし、「萌え系」のイラストを描いたULFがウィーン市内を走っていることは紛れもない事実。

さて、この「萌え系イラスト」に魅力を感じて、Fit10にチャレンジする人が増えるでしょうか?

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« TANジェネレーター顛末記 | Main | 国会議事堂の改修工事が始まります »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« TANジェネレーター顛末記 | Main | 国会議事堂の改修工事が始まります »