« 謎の“狛犬風オブジェ” | Main | ウィーンで活躍 MAZDAのトラック »

February 08, 2017

Maggiのインスタント麺

Img_2015_12_7815

2月最初の「ウィーンのキッチンから‥」は「インスタント麺のお話」です。

寒い日が続くと、日本で生活していても温かい麺類が恋しくなりますね。

日本では、各メーカーがしのぎを削る研究開発の結果、素晴らしい食感のインスタント麺が多数、市販されていますね。

恐らく、世界的に見ても珍しい国ではないかと思います。元々、麺類が好きな国民性も普及の背景にあると思いますが、日本のスーパーマーケットに行くと、種類が豊富で、本当にびっくりすることが多々あります。

さて、オーストリアではインスタント麺は、どの程度、普及しているのでしょうか。

Img_2015_12_7953_b_2

アジア系の食材を扱っているスーパーマーケットなどでは、日本のインスタント麺(カップ麺を含む)も販売されていますが、基本的に、こちら資本のスーパーマーケットの店頭では、まず日本のインスタント麺を見ることはありません。

以前、ご紹介しましたが、ドイツのスーパーマーケットには、現地生産のカップヌードルが並んでいましたが、オーストリアでは見かけませんね。

ただ、最近ではアジア系の麺類が浸透してきているためか、Maggiなどからインスタント麺(袋麺とカップ麺の両方)が発売されており、スーパーマーケットの店頭に並んでいます。

以前、カップ麺については、このブログでもご紹介したことがありますので、今日は「袋麺」についてご紹介しましょう。

Img_2015_12_7957

Feriが試食したのは、BILLAで売っていたMaggiの袋麺「Nudel Snack Geschmack Huhn」。

パッケージに書いてある説明によると、「300ミリリットの熱湯で4分間煮ると、できあがる」と書かれていました。

雰囲気的には某社が長年製造販売している「チキンラーメン」の親戚のような感じ。

さっそく鉄鍋でお湯を沸かして、スナック麺を投入。煮ているところの写真をご覧になるとわかるように、日本で販売されているインスタントラーメンと同じく、ちゃんと縮れた麺がブロック状になっていました。

Img_2015_12_7958

4分経過したところで、スープ皿に開けました。ラーメン丼の方が良いのはわかっているのですが、通常、Feriは、ウィーンでは丼を使うことがないため、スープ皿で代用。そのため雰囲気は出ませんでした‥

正直、この写真を掲載するかどうか、迷ったのですが、仕上がりがないとイメージがつかめないと思い、あえて掲載することにしました。Nudelsuppeみたいですね‥トホホ

さて、お味ですが、スパイスがきいたラーメン風のインスタント麺でした。予想以上に美味しいというものではなく、Feriが予想していたような感じの味でした。

後日、ドイツで食べた現地版カップヌードルに近い味だったことを思い出しました。なお、こちらの方がズッペの代用として使うこともできるかも知れません。

Img_2016_02_1551

ちなみに、この時は、馴染みのホイリゲで一杯やってからアパートに戻り「〆のラーメン」的な夜食でした(怠惰な生活ですねぇ。こんなことをしているから罰が当たるのですよ‥)。

以前、ご紹介した「こちら版の焼きそば」の方が美味しく感じました。やはり汁麺に関しては、需要が少ないためか、研究不足という気もします。

袋麺なので、カップ麺よりもお値段は安く、Feriが買ったときは0.99Euroという微妙な価格設定でした。ちなみにカップ麺は1.49Euroでした。

正直、これだったら乾麺のパスタを茹でて、各種パスタソースとあえて食べた方が良い‥というのがFeriの率直な感想でした。

他にも何種類か販売されているので、いずれ試してみようかとも思いますが、いつのことになるやら…

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ウィーンのキッチンから |

« 謎の“狛犬風オブジェ” | Main | ウィーンで活躍 MAZDAのトラック »

Comments

Feriさん、いつも楽しく読ませて頂いています。実は1/27〜10日間ウィーンに滞在しておりました。カップヌードルのカレー味が大好きなウィーンの友人のために日本から1ケース、担いで参りました 笑 去年秋に日本から2個だけ送ってみたところ非常に気に入ったそうで、自らアジアShopに探しに行ったそうです。でもNISSINはNISSINでも日本製とは味も容器も違うものだったと、とても残念がっていました。今回の渡墺に何をお土産にしようか考えたとき一瞬躊躇しましたがエイヤッと1ケース頑張って持って行ってみました 笑 それはそれは喜んでくれ、昼に夜にと食べていました。Feriさんのラーメン話題が私にとってすごいタイムリーだったものでつい書かせて頂きました。長文になりすみません。あ、長くなりついでに…今回巻き寿司も作ってあげたのですが、これも喜んでくれまして^_^ カップヌードル&巻き寿司…定食のようにして食べていました 笑 SparにSushi-Riceという箱入りのお米が売っていまして、普通に日本同様のご飯が炊けました。

Posted by: あるねこ | February 09, 2017 01:25

あるねこ様

楽しいお話、ありがとうございます。

現地に住んでいる皆さまは、色々と工夫をしているようです。

Feriの友人は、今、「味噌造り」に挑戦中です。

とにかく入手できる食材が限られている上に、日本からの輸入品は高いのが難点。

お米も沢山販売されていますが、まとまった単位の方が安いようです。

Posted by: Feri | February 09, 2017 11:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 謎の“狛犬風オブジェ” | Main | ウィーンで活躍 MAZDAのトラック »