« 冬の風物詩と春の息吹 | Main | In memoriam Prof. Rudolf Bibl「Die Fledermaus」 »

February 17, 2017

バレンタインデーの残照

Img_2017_02_0088

今日は「バレンタインデー関連の話題」をお届けしましょう。

Feriには「無縁」のバレンタインデー。日本ではバレンタインデーは、コンビニエンスストアの店頭にもブランド・チョコレートが臨時に並ぶなど「チョコレート祭り」の様相を呈していますが、こちらでは、男女に関係なく、プレゼントを渡すのが一般的。

また、「お互いの気持ちを確かめる日」といった位置づけでもあるようです。プレゼントも花を贈ることが多いようで、花屋さんは大賑わいでした。そう言えば、家主さんも14日の晩は、お出かけでしたね。

昨年もお届けしたWienHauptbahnhofにあった臨時プリクラですが、今年も登場しました。

Img_2017_02_0177

日本だと14日が終われば、あっという間に次のイベントに向けて撤収されてしまうのですが、こちらはのんびりしたもので、まだ中央コンコースに置かれていました。さすがに利用者は少ないようでしたが‥

一方、WestbahnhofのBahnhofCityには、写真のような巨大メッセージボードが仮設されていました。恋人同士が、メッセージボードに思いを綴るというもの‥

時々、観光地などでいたずら書きをする輩がいますが、それを逆手にとって、「ここに、どんどん書いてください」という趣旨です。それぞれ、個性的なメッセージが書かれていました。

Img_2017_02_0176

こちらも、14日以降も仮設されていましたが、まだ書いているカップルも見かけました。

しかし、気になるのは、この手のメッセージボードを、どのように処分するか‥という点です。変に廃棄すると、色々と問題にもなりそうな気がするのですが‥

いずれも日本と同じ商業ベースのイベントには違いないのですが、15日には姿を消す日本とは対照的なような気がします。

余談になりますが、例の爆弾テロ未遂事件が発生してから、駅などをソフトターゲットに対する警備が厳しくなったように感じます。

実際、警察官や警備職員の姿を見かけることが増えてきました。幸い、駅構内で写真を撮影していても職務質問に遭うことはありませんでしたが、注意した方が良さそうです。

まぁ、何事もないのが一番です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 冬の風物詩と春の息吹 | Main | In memoriam Prof. Rudolf Bibl「Die Fledermaus」 »

Comments

ボードかわいいですね。プリクラも!

そちらでは、バレンタインデーは日本の義理とかはなく、
恋人や好きな人になにかを渡すといった感じですか?

それとも友人同士でもなにかを送り合ったりするんですか?

Posted by: いつこ | February 23, 2017 at 11:16 PM

いつこ様

コメント、ありがとうございます。基本的に女性から男性だけではなく、男性から女性へもプレゼントを渡すことが多いようです。

お互いの愛情を確かめる日‥といったニュアンスなので、友人は対象となるケースは少ないと思います。

最近は、こちらでも商業ベースに乗ってきて、プレゼントの幅も広がってきていますが、以前は花を贈るケースが多かったと聴いています。

Posted by: Feri | February 24, 2017 at 04:59 AM

Feriさん、お返事嬉しいです。ありがとうございます。

昨年友達とウィーンを旅行中に、ちょびっとコメントをさせて頂いた者です。Feriさんの散歩コースシリーズが好きです。

バレンタイン、日本はもう完全にお菓子やスイーツ企業の思うツボ状態になってます。義理チョコ、本命チョコ、自分チョコ、女子友達へのチョコいろいろありますよ。ホワイトデーまでありますし。

オーストリアは、そうなってほしくないですね。
男性が女性に花を贈るっていいですね♥

Posted by: いつこ | February 24, 2017 at 10:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 冬の風物詩と春の息吹 | Main | In memoriam Prof. Rudolf Bibl「Die Fledermaus」 »