« 残念です | Main | スーパーマーケットの店頭から‥ »

February 22, 2017

変わったお店シリーズ116 フローズンヨーグルトを自分でアレンジしよう

Img_2017_02_0170

今日は必死ぶりに「変わったお店シリーズ」として「ちょっと面白い販売方法をとっているフローズンヨーグルトのお店」をご紹介しましょう。

先日、所用があってWestbahnhofへ行った際、BahnhofCityで、面白いものを見つけました。

ヨーグルトを販売している「Wonderpots」というお店なのですが、何と、自分でフローズンヨーグルトをアレンジできるようになているのです。

作り方ですが、最初に5種類のカップサイズの中からお気に入りのものを選択します。

Img_2017_02_0167

そして、ディスペンサーを使い、自分でお気に入りのフローズンヨーグルト(6種類がありました)をカップに入れます。

その後、カウンターに行って、お好みのトッピングをスタッフに入れてもらい、お会計を行います。

お値段は、最も小さいもの(KINDER、子供さん向け)が2.2Euro、一般的なMEDIUMが4.2Euro、更にサイズが大きいCLASSICが5.5Euro、GRANDEが6.9Euro、HOME-BOXが12.9Euroでした。

HOME-BOXについては、円形のカップではなく、四角い箱で提供されるようです。

Img_2017_02_0169

なお、セルフサービス方式のカウンターにはHOME-BOXの容器は置かれていなかったので、こちらはスタッフにお願いして、容器を受け取るようです。

このお値段が妥当かどうか、Feriは相場を知らないので何とも判断ができません。個人的にはBierが3.6Euro前後、ホイリゲのWeinが3Euro程度のことを考えると、結構、良いお値段のような気がしますが‥

ディスペンサーから自分でカップに入れる」というのが、このシステムのミソ。

Img_2017_02_0172

ちょうどFeriが通りかかった際、女性のお客さまがやって来て、実際に買っていました。このお客さまはFROZEN FRESCOという商品をお選びになったようです。

遊び心あふれる販売方法なので、人気があるのかも知れません。恐らく女性のお客さまがメインターゲットだろうと思います。しかし、寒い冬にフローズンねぇ‥

ただ、Feriはフローズンヨーグルトには関心が無いので、自分でチャレンジはしませんでしたが‥

フローズンヨーグルトがお好きな方は、是非、自分だけのオリジナルフローズンヨーグルトを作ってお楽しみになっては、いかがでしょうか。

売上を上げるためには、単純に商品だけでなく、販売方法にも工夫が必要という例でしょうか。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

変わったお店 |

« 残念です | Main | スーパーマーケットの店頭から‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 残念です | Main | スーパーマーケットの店頭から‥ »