« インボラアップグレードよもやま話 | Main | バレンタインデーの残照 »

February 16, 2017

冬の風物詩と春の息吹

Img_2017_02_0141

日本でも報道されてる「ヒトラーのそっくり男、生家付近で目撃情報」。

しっかりテレビ局のインタビューを受けているようです。また、こちらのメディアでも大々的に取り上げられています。ご本人はHarald Hitlerと名乗っているようです。

ただ、「そっくりさん」と言えるほど似ているかどうかは、微妙な気がしますが‥

Img_2017_02_0103

さて、2月も中旬に入り、ウィーンは風は冷たいものの、太陽の輝きは「春の光」に変わりつつあります。

今年は、昨年よりも遅く4月16日がEaster(復活祭)。カトリックなどの西方教会と、ギリシャ正教に代表される東方教会が、3年ぶりに同じ日にちになるそうです。

今年のOpernball(オペラ座舞踏会)は、2月23日。Feriには無縁ですが、まだまだ舞踏会の季節は続きます。

」まだ、冬のウィーンですが、毎朝、アパートのキッチンから外を眺めると“ウィーンらしいなぁ”という光景を目にします。

Img_2017_02_0102

それは、アパートの煙突から立ち上る煙。昔は本当の煙だったのでしょうが、最近、ウィーンでは給湯器の排気などが中心になっているため、水蒸気状の煙が立ち上っています。

今でもウィーンでは家屋に煙突の設置が義務づけられているそうなので、寒い冬の朝は様々な煙突から煙が立ち上っています。

写真に撮るときれいに見えないのですが、実際に肉眼で見ると、風情があるものです‥

Img_2017_02_0106

そして、煙突掃除の季節。アパートの場合、日にちが決まっており、掲示板に煙突掃除の日程が張り出されるのが通例。

写真はFeriがお世話になっているアパートの掲示板に出ていた案内です。

Img_2017_02_0105

一方、春の息吹を感じるのは、花屋さんの店頭でしょうか。

季節を先取りするかのように、春を感じる草花が店頭を飾っています。

日増しに日も長くなり、本格的な春が待ち遠しい、今日この頃です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

日記・コラム・つぶやき |

« インボラアップグレードよもやま話 | Main | バレンタインデーの残照 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« インボラアップグレードよもやま話 | Main | バレンタインデーの残照 »