« Miniatur Tirolerland見学記(上) | Main | Miniatur Tirolerland見学記(下) »

March 06, 2017

Miniatur Tirolerland見学記(中) 動画付き

Img_2017_02_4862

本日も昨日に引き続き「Miniatur Tirolerland見学記」をお届けしましょう。

ドイツ・ハンブルクのMiniatur Wonderlandは、鉄道をはじめとする地上交通だけでなく、船舶や航空機も組み込まれていますが、Miniatur Tirolerlandの交通機関は鉄道が中心です。

ÖBBは電化率が高いため、本線は基本的に電化されている設定で、架線も設置されています。こちらでは、模型用の架線設備も市販されているので、これ自体は珍しいことではありません。

また、市販の鉄道模型も、本物のように架線から電気を取れるようになっています。ただ、この手のジオラマの場合、トラブルを防ぐため、架線集電を行わないのが常。

Img_2017_02_4919

Miniatur Tirolerlandでも見事な架線が張ってありましたが、電気機関車や電車のパンタグラフが下がったままでした。まぁ、これは致し方ないでしょうね。

鉄道ではオーストリアらしく狭軌鉄道(マリアツェル鉄道の車両が走っています)やラック式登山鉄道(右写真の手前がラック式登山鉄道の線路)も設置されています。反面、実際のInnsbruckでは運用されている路面電車の姿はありませんでした。

鉄道博物館の施設ではないため、鉄道は走っているものの、それ以外の街や生活シーンを見て楽しんでもらうことが基本コンセプトになっています。

Img_2017_02_4883

Feriも、今までウィーンで鉄道模型クラブのレイアウト(日本の「鉄道模型の世界」では、いわゆるジオラマをレイアウトと表現するのが一般的です)を2箇所、見学したことがあります。

また、Messeで開催された模型の展示会でもレイアウトを見ています。作り込みが徹底している店は、鉄道模型クラブも共通ですが、一番の違いは、「主役が何か」という点です。

鉄道模型クラブの場合、周囲の景観や街並みは、基本的に付属物で、主役は鉄道です。

それに対して、Miniatur Tirolerlandは「人々が生活する街が主役」で、鉄道は動くアトラクションの一つといった位置づけです。そのため、生活実感のある場面を多く設定している訳です。

Img_2017_02_4895

動くアトラクションの一つである、鉄道車両は基本的に市販のものをベースにしています。しかし、車内に人形を入れているものが多く、生活実感があります。

Magazinに織り込まれていた「見どころガイド」によるとギミック(動くアトラクション)を含む見どころは、現在、101箇所あります。

そして見どころが、どのような性格付けなのかが、オーストリア名物ピクトグラムで案内されていました。

Img_2017_02_0658

ピクトグラムは、以下の4種類です。

Attraktion mit Bewegung(動きのあるアトラクション、いわゆるギミック)

Nachbau eines Originals(オリジナルのレプリカ)

Angeschnittenes Modell(カットモデル)

Nicht Jugendfrei(成人向け)

Img_2017_02_0563

子供さんが多く来場するテーマパークで「成人向け」を作ってしまうところが、オーストリアらしいところ。意外とNicht Jugendfreiの見どころが多いのも特長です。

実は、なぜ成人向けの「見どころ」が比較的多いかというと、「Miniatur Tirolerland」の責任者の経歴に関係があるようです。

このプロジェクトの発起人Wolfgang Pröhlさんは、いわゆるモデラーではありません。

Img_2017_02_4889

様々な仕事などを経験しており、一時期、SexShopのような事業にも関わっていたようです(Magazinに、写真が出ていました)。

そのため、Nicht Jugendfreiの見どころを作ることに、抵抗がないのだろうと思います。なお、同氏は世界各国を回る中で、Miniatur Tirolerlandの構想が宇間だそうです。

Img_2017_02_0562

ちなみに、皆さまの中にはNicht Jugendfreiの写真をご覧になりたい方もいらっしゃると思いますが、不特定多数の読者がご覧になるブログなので、今回は掲載を見合わせました。

ぜひ、現地で、お楽しみください。

Nachbau eines Originalsは、実在する建物や施設を模型にして再現したものです。実在のホテルや史跡などが再現されています。

実はスポンサーを確保するためにも、こういった「見どころ」を設けているようです。考えましたね。

Img_2017_02_0556

Angeschnittenes Modellは、本来は壁に覆われてしまって見えない部分を、あえてオープンにして、内部を見ることができるようにしてあるものです。鉱山や湖底のシーンなどは、その代表でしょうか。

基本的に「見どころ」は、のぞき込むようになるため、見学エリアに近い場所に作られているます、それ以外の場所もかなり作り込まれています。

それでは、今日はFeriが撮影した動画で、Miniatur Tirolerlandの雰囲気をお楽しみ頂こうと思います。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« Miniatur Tirolerland見学記(上) | Main | Miniatur Tirolerland見学記(下) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Miniatur Tirolerland見学記(上) | Main | Miniatur Tirolerland見学記(下) »