« Miniatur Tirolerland見学記(下) | Main | 変わったお店シリーズ117 UNI WIEN SHOP ON THE ROAD »

March 08, 2017

キックスケーター用駐輪場

Img_2017_02_0322

最近はインターネットで、現地の現地の天候をリアルタイムで把握できるので、日本の皆さまもおわかりのように、3月に入ってウィーンは急に暖かくなりました。

今年の復活祭は4月16日なので、「灰の水曜日」は3月1日でした。という訳で、現在は四旬節の最中です。お楽しみのオースタン・マルクト(イースター市)については、3月下旬頃から開催されるようです。

3回に渡ってお届けした「Miniatur Tirolerland見学記」は、お楽しみ頂けましたでしょうか。ちょっとしつこかったですかね(笑)。

さて、今日は軽めの話題です。先日、所用があって16区へ出かけた際、写真のような施設を見かけました。

いわゆる駐輪場なのですが、自転車用ではなく、このブログでも、時々取り上げているキックスケーター用なのです。

自転車もキックスケーターも同じ場所でかまわないのでは‥と思っていたのですが、よく見ると、キックスケーター専用スペースには、ハンドル部分を固定する金具が取り付けられています。

Img_2017_02_0323

当然、盗難防止のため、金属製の金具でハンドル部分を固定した後、自分が持参した鍵でロックをするのが一般的な駐輪方法のようです。

恐らくウィーン市内をくまなく見れば、このようなキックスケーター専用駐輪場は、他にもありそうですが、Feriは、初めて見ました。

この施設ですがBundesgymnasiumという学校のようでした。そのため、若い方が通ってくるために、自転車用の駐輪場に加えて、キックスケーター用駐輪場が開設されているのでしょう。

こちらでは若者だけでなく、大人も都市内の移動に使うキックスケーター。

日本では、道路交通法の関係で、遊具的な位置づけに留まっていますが、こちらでは立派なパーソナル交通機関として認知されているこがわかるような施設でした。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« Miniatur Tirolerland見学記(下) | Main | 変わったお店シリーズ117 UNI WIEN SHOP ON THE ROAD »

Comments

Feriさん、こんにちは。
前三回のお話では、鉄道博物館と日光にある東武ワールドスクエアを思い出してしまいました。オーストリア人もジオラマが好きなんですね。凝った物を見るのは(ジオラマに限りませんが)、私も大好きです(^-^)
私は今アメリカ・シカゴに在住なのですが、こちらではスケボーに乗った大人の方をよく見かけます。
お国柄が顕れていますね(笑)
今後もFeriさんのブログを楽しみにしています。

Posted by: やんぬ | March 08, 2017 at 02:08 PM

やんぬ様、コメント、ありがとうございます。

シカゴにお住まいですか。一度だけ乗り継ぎでシカゴの空港へ立ち寄ったことがあります。離陸後、シカゴ市内を見ることができましたが‥

こちらでもスケートボードは日常の交通機関として使われていますね。若者だけでなく、中年の女性でも使っている人を見かけます。

Posted by: Feri | March 10, 2017 at 11:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Miniatur Tirolerland見学記(下) | Main | 変わったお店シリーズ117 UNI WIEN SHOP ON THE ROAD »