« スポーツができる公園 | Main | お得な空港アクセスは »

April 25, 2017

美味しいKrapfenですが‥

Img_2010_12_2812

最近は「固い話題」が多かったので、今日は「スィーツの話題」をお届けしましょう。

ご存じのようにオーストリアでは、伝統的な各種スィーツがコンディトライやCaféで販売されています。

これを目当てにいらっしゃるお客さまも多いのではないでしょうか。また、こちらでは女性だけでなく、スィーツが好きな男性も多いのが特長。

Caféなどで、大きなツィーツを美味しそうに召し上がっている紳士を見かけることがよくあります。Bierと一緒に召し上がっている方を始めて見かけた時は、正直、驚きましたが‥

Feriも甘いものは好きですが、一時期、生活習慣の関係で、体重が増えてしまったため、食べるのを控えていた時期がありました。

Img_2012_12_1064

そのため、今でも、自分でスィーツを買って食べる‥というケースはなく、友人と一緒にCaféに立ち寄った際などに頂く程度です。また、時々、友人から差し入れを頂くケースもありますが‥

そんな訳で、Feriはオーストリアの伝統的なスィーツについてうんちくを傾けるほどの知識は持ち合わせていません。

今日、ご紹介するのは、こちらの皆さんがお好きなスィーツの一つで、かつ庶民的なKrapfenです。

Krapfenは、日本でおなじみの「菓子パン」の親戚に当たるもので、写真をご覧になるとわかるように、ドーナツに似た揚げパンです。

イースト入りパン生地の中にマーマレードやジャムを入れて、油で揚げたもので、外に粉砂糖がまぶしてあります。

油で揚げていますが、左の写真をご覧になるとわかるように、やわらかいのがポイントです。

こちらのスィーツなので、大きさも「それなり」ですから、ボリューム満点。子供さんだけでなく、おやつに大人も食べています。

Img_2017_02_0231

菓子パンの部類なので、こちらではベッカライやスーパーマーケットでも販売している庶民的なスィーツです。

「Krapfen発祥の地」ですが、ドイツのベルリンだと言われています。そのため、ドイツではBerliner PfannkuchenまたはBerlinerと呼ばれることが多いようです。

また、英語圏では、ドーナツの変形として紹介されることもあるようです。まぁ、美味しければジャンルは何でも良い訳ですが‥

手軽で美味しいKrapfenは、スーパーマーケットやベッカライで特売をしていることが多く、庶民に愛されていることがわかります。

ただ、唯一の難点は、高カロリーであること。何しろ揚げパン+ジャム+粉砂糖ですから、カロリーが高くなるのは当然。

そのため、いい気になって食べてしまうと、大変なことになります(笑)。友人の女性も、klpfenが好きなのですが、食べ過ぎて太ってしまったとこぼしていたことを思い出しました。

皆さんも、ウィーンにお越しの際には、高級なスィーツだけでなく、庶民派スィーツの代表Krapfenも、是非、お試し下さい。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング |

« スポーツができる公園 | Main | お得な空港アクセスは »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« スポーツができる公園 | Main | お得な空港アクセスは »