« 番外編 Staatsoperette Dresden 1017/18シーズンプログラム | Main | Graz歌劇場2017/18シーズン・プログラム発表 »

April 29, 2017

今も残る旧ロゴ

Img_2015_06_0678

今日からゴールデンウィークが始まりますね。今年は前半が連休、後半が5連休という方が多いのではないでしょうか。

こちらのようにメーデーがお休みになると、更に連休が続くのですが‥

さて、最初にお断りから‥今日は「短めの話題」でご容赦ください。テーマは「ÖBBのロゴマーク」です。

ÖBBは、民営化を機にロゴマークを変更したのは、皆さまもご存じかと思います。

Img_2012_12_0632

ロゴマークのデザインを、言葉で説明するのは難しいので、写真をご覧頂くのが手っ取り早いですね。

今回、トップに掲載したのが、古いタイプ(一つ前)のロゴマークです。これはFeriが、30年前にオーストリアを訪問した頃、採用が始まったタイプだったと思います。

Img_2015_06_0667

ちなみに、その前はÖBBの文字をアレンジしたものですが、羽が生えたようなデザインで、これはなかなか見事なものでした。現在、保存車両などで、このロゴを見ることができます。

現在は、ÖBBの文字をアレンジしたロゴになっています。わかりやすいと言えば、わかりやすいのですが、デザイン的にはどうなのか‥個人的にはちょっと疑問が残りますが‥

こちらでは、日本ほど、ロゴや表示の更新が徹底されておらず、車両に関しても、検査時の塗替に合わせてロゴの変更を行っているようです。

Img_2016_09_0391

とは、言ってもロゴの変更から、かなりの歳月が経過しているため、現役の車両に関しては、ほぼ新しいロゴに更新されているようです。

また、左の写真はHauptbahnhof前にあるÖBB本社ですが、当然、新しい建物や駅には最初から現在のロゴが付いています。

Img_2017_02_0406

なお、一部の車両は、旧ロゴを完全に消している訳ではなく、オーバーペイントをして、新しいロゴを別の場所に貼り付けるといった対応をしているケースもありますが‥

右の写真はS-Bahnの電車ですが、塗装は前のまま。ただし、ロゴだけはオーバーペイントしているのがわかると思います。

Img_2016_09_0061

ところが駅構内の表示(ピクトグラム)に関しては、依然として旧ロゴを使っている場所があります。今回、お目にかけるのはHeiligenstadt駅の構内。ÖBBの旧ロゴが燦然と輝いています。そして、右側のS-Bahnのロゴも旧タイプ。

Img_2016_09_0290

興味深いのは同じHeiligenstadt駅の表示でも、地下鉄駅構内のピクトグラムは、S-Bahnのロゴも含めて更新されています。

ちなみに地下鉄駅構内では、ÖBBお案内は「ÖBB新ロゴ」ではなく、電車のピクトグラムを使っています。こちらの方がわかりやすいのは言うまでもありません。

Wiener Linienに関しては守備範囲が狭いため、比較的ロゴやピクトグラムの変更が早いのかも知れません。

Img_2016_09_0289

それに対して、ÖBBは組織が大きいこともあり、徹底するのに時間がかかるのでしょう。

良い意味で、総てにのんびりとしているオーストリアらしい話題でした。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« 番外編 Staatsoperette Dresden 1017/18シーズンプログラム | Main | Graz歌劇場2017/18シーズン・プログラム発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 番外編 Staatsoperette Dresden 1017/18シーズンプログラム | Main | Graz歌劇場2017/18シーズン・プログラム発表 »