« 変わった形のバス車庫 | Main | 無言でお買い物‥ »

April 03, 2017

中央駅の周辺は今‥

Img_2017_02_0400

日本では、4月3日が月曜日なので、実質的には今日から新年度がスタート‥ということになると思います。新入社員の皆様も、今日が初出社という方も多いのでしょうか。

Feriの場合、学校を卒業して最初に入った会社には、学生時代からアルバイトとして数年お世話になっていたこともあり、そのまま移行した感じでした。

さて、今日は「Hauptbahnhof周辺の再開発に関する話題」をお届けしましょう。

先日、ÖBB南鉄道プロジェクトの全体像をご紹介しましたが、ウィーン側最大のプロジェクトが、このブログでも何回かご紹介しているHauptbahnhof。駅

Projektgebiet_orthogr

本体は、すでに全面開業していますが、周辺の再開発事業は現在も継続中です。何しろ壮大な計画なので、時間がかかります。

車両基地跡地を再開発して新しい街を建設するプロジェクトが最も時間がかかるようで、現在は、整地が終わり、アパートなどの建物建設が始まっている状況です。

Img_2017_02_0402

逆に比較的再開発が早く進んでいるのが、Hauptbahnhofに隣接するエリアです。

特にÖBB本社がある周辺については、ホテルや高級アパートを含めて、かなり工事が進んでおり、実際に稼働している施設も増えてきました。

掲載したプロジェクトの地図で左側が今回、ご紹介するエリアです。

トップ写真の高級アパートは、現在、躯体が完成したところで、今後、外装の仕上げや内装工事に入るようです。

Humboldtgasseの西側Gertrude-Fröhlich-Sandner- Straße周辺では高級アパートなどの建設が進められています。

Img_2017_02_0404

角地にある上にHauptbahnhofの直近なので、非常に便利。ただ、お値段が高そうです(笑)。また、オフィス棟も併設されているようです。

道路を挟んで、この高級アパートの向かいには、すでに完成しているオフィスビルディングがあります。ガラスを多用した「今風のデザイン」が特長ですね。

今までHauptbahnhof付近にはホテルが少なかったのですが、駅の全面開業に合わせて新規にホテルも開業しています。その一つが変わった形をしたMotel One。上層階が出っ張っているのが特長です。

Img_2017_02_0405

このほか、A&O Wien Hauptbahnhof、AZUMUT HOTEL Vinnaなど、複数のホテルが営業を開始しています。

このホテル周辺でも高級アパートが建設されており、一部は完成、入居も始まっているようです。

一方、昔の佇まいを残しているのが、以前から街が形成されていたFavoritenstraße沿いです。

Bahnoramaの跡地は完全に整地されてしまい、跡形もなくなっていますが、それ以外の場所については、既存の集合住宅や商業施設があるため、再開発をする場合、一旦、解体する必要があります。

Img_2017_02_0411

そのため、住民との合意形成に時間がかかるものと思われます。比較的古くからある繁華街なので、昔ながらの建物も残っており、新旧のコントラストが今のウィーンを象徴している気がします。

現在、超高層ビルはÖBB本社だけですが、現在、駅に隣接してSIGNAグループが建設中のオフィスビルディングTHE ICON VIENNA(高さ88メートル)が完成すると、駅本体を挟んでツインタワーになるので、周辺の雰囲気がまた変わることになるでしょう。

Vis_wiednerguertel_bawag_c_signa

余談ですが、THE ICON VIENNAは3棟のビルディングからなる施設ですが、当初、最も高い建物は100メートルを超える予定でした。しかし、歴史地区に隣接するため、反対意見が多く、最終的に88メートルに押さえられた経緯があります。

10区は、ウィーンでも下町の雰囲気が残る場所です。そこで、Hauptbahnhofの建設と再開発が決まったため、何となくアンバランスな光景が見られます。

Feri個人としては、昔の面影が残る街並みの方が落ち着くのですが、時代の変化とともに街並みが変わっていくのはやむを得ないのかもしれません。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 変わった形のバス車庫 | Main | 無言でお買い物‥ »

Comments

古き街並みを残してほしい、と願うのは
旅で訪れるだけの人の我が儘でしょうね。

暫くウィーンに出掛けることができそうにないのですが、
次回訪れる時は《浦島太郎》状態ですね😖

Posted by: necchi | April 04, 2017 at 12:07 PM

necchiさま、コメント、ありがとうございます。

確かに最近は街並みの変化が激しいウィーンですが、やはり全体的な景観は維持するように配慮しているように感じます。

これは超高層ビルディングの制限にも現れています。次にお越しの際は、色々な発見が楽しみかと存じます。

Posted by: Feri | April 05, 2017 at 04:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 変わった形のバス車庫 | Main | 無言でお買い物‥ »