« 使用済み乾電池の回収 | Main | 万国共通「列車ダイヤ」 »

May 25, 2017

Gasthausbrauereien(ガストハウス醸造所)

Foto_28

先日、「Bierの銘柄」についてご紹介しましたが、基本的にはBierの製造販売を専門に行っている会社に関する話題でした。

実は、オーストリアにはGasthausbrauereien(ガストハウス醸造所)と呼ばれる小さな醸造所があります。

この話ですが、Feriは、以前、日本オーストリリア食文化協会の方から、色々と教えて頂いたことで、知りしました。

Foto_25

このブログでも何回かご紹介していますが、ガストハウスとは、レストランよりも庶民的なお食事処です。地方では宿泊設備を備えたところもあり、Feriも夏の旅行では、よく利用しています。

このガストハウスの中には、自家製のBierを利用するお客さまに提供しているところがあるのです。日本で言うところの「造り酒屋」といった趣でしょうか。

オーストリア全土では、その数、何と100以上あるそうで、これを全部回ることを考えたら、気が遠くなりますね。

Img_2013_01_3030

例えば、Feriも実際に行ったことがあり、このブログでも紹介したことのある19区にあるFischerbrau 1. Wiener Gasthof-Bräuerei(詳しくはこちらから)、や、14区のMedl-Bräu 1. Penzinger Gasthofbrauerei(詳しくはこちらから)も、このカテゴリーです。

ガストホフ醸造所の特長は、自店内で消費するBierを自家醸造しているという点です。Bierは、比較的小規模な設備でも製造が可能なので、このような形態が生まれたようです。

Img_2013_01_3397

また、Wineと異なり、原材料は必ずしも地元で採れたものだけを使う訳ではないので、このような形態が可能なのだと思います。

日本の場合、酒税法の関係で、酒類製造免許の取得が難しく、ガストホフ醸造所のような形態は少ないようです。

日本では、種類別に1年あたりの最低製造見込数量が定められており、免許取得後1年間に製造しようとする見込数量が、これに達しない場合、免許を受けられないそうです。ちなみにBierの場合は60キロリットルだとか‥

今回はウィーンで営業しているガストホフ醸造所の一部をご紹介しましょう。皆さまも、ウィーンにお越しの際には、地元のガストハウス醸造所を訪ねてはいかがでしょうか。大量生産のBierとはひと味違った味覚を楽しむことができると思います。

Img_2009_12_9770
-Fischerbräu 1. Wiener Gasthof-Bräuerei (Billrothstrasse 17, Wien, 1190)

-Stadtbrauerei Schwarzenberg (Schellingg. 14, Wien, 1010)

-Stiegl - Ambulanz(Alser Strasse 4, Wien, 1090)

-The Highlander(Sobieskiplatz 4, Wien, 1090)

-Wieden-Bräu Stark OEG(Waaggasse 5, Wien, 1040)
Img_2013_01_3033

-Zum Schwärzen Adler(Schonbrunner Strasse 40, Wien, 1050)

-Lichtenthaler Bräu (Lichtensteinstrasse 108, Wien, 1090)

-Medl-Bräu 1. Penzinger Gasthofbrauerei (Linzer Strasse 275, Wien, 1140)

-Roter Hiasl (Biberhaufenweg 228, Wien, 1220)

-Salm Bräu Ges.m.b.H. (Rennweg 8, Wien, 1030)

-Siebensternbräu (Siebensterngasse 19, Wien, 1070)
20170524ss00001

-1516 Brewing Company(Krugerstrasse 18 / Schwarzenbergstrasse 2, Wien, 1010)

-Brauwerk(Ottakringer Platz 1, Wien, 1160)

-Gegenbauer( Waldgasse 3, Wien, 1100)

-Kadlez Bräu (Hopfengasse 12, Wien, 1210)

20170524ss00002

最近では、インターネットを通じて簡単に情報発信ができるため、この手のガストハウス醸造所の中にも、自ら積極的に情報を発信するところが増えてきました。

そのため、各種情報を入手するのがたやすくなったのは、利用者にとってありがたいことです。

もちろん、ウィーン以外でも、各地にガストホフ醸造所は営業しており、地方色豊かな地Bierを提供しています。

地方の場合、宿泊施設を併設しているガストホフ醸造所も多く、そこへ宿泊する予定にすれば、心おきなく地Bierを楽しむことができますね(笑)。

ホイリゲ巡りの次は、ガストホフ醸造所巡り‥といきたいところですが、果たして実現できるでしょうか‥

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング, 街角の話題 |

« 使用済み乾電池の回収 | Main | 万国共通「列車ダイヤ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 使用済み乾電池の回収 | Main | 万国共通「列車ダイヤ」 »