« またまた架設水道の話題 | Main | 番外編 零ICHI(ゼロイチ)とは? »

May 16, 2017

チケット転売に思う

Img_2010_04_2641

2016/17シーズンのオペレッタ、オペラもまもなくお開きとなりますが、今日は「チケット転売の話題」をお届けしましょう。

日本では、インターネットの普及にともなって有名アーティストの公演チケット転売が問題になっているという話を耳にしました。

“正規の値段で購入できない”と、ファンから主催者側に苦情が来ているのでしょう。日本の場合、会場近くでチケットを転売する行為は「ダフ行為」として、各自治体の迷惑防止条例で規制されているため、万が一、当局に見つかれば身柄を確保される可能性があります。

ちなみに日本では以下の項目のうち、一つでも当てはまればダフ行為に該当するそうです。

-転売目的でチケットや券を購入すること

-公衆の場で、チケットを他者に転売すること

Img_2009_03_2732

そのため、古物商の免許を取得しているチケット古物商が、チケットを自社店舗で販売する場合は、該当しないそうです(私有地内だから)。

ただし、厳密には、チケット古物商であっても、転売目的で一般ルートからチケットを入手すると、ダフ行為に該当する可能性が高いそうです。かなりグレーゾーンですね。

ところで、こちらでは高い人気を誇るアンナ・ネトレプコが出演するオペラのチケットなどは、公式販売サイト(Culturall)では、まず、購入は不可能でしょう。

事前にチケット業者さんなどに流れてしまい、一般枠はチケット販売当日には事実上、ゼロとなっています。さらに、こちらのチケット業者さんに事前にオーダーを入れておかないと、高額な値段になっても入手できないこともあります。

Img_2010_04_2682

Feriは、ネトレプコのファンではありませんが、2回だけ国立歌劇場で、彼女が出演するオペラを観たことがあります。

1回は2009年3月の「ランメルモールのルチア」(出産後の復帰戦でした)、2回目は2010年4月の「ラ・ボエーム」です。

「ランメルモールのルチア」は、グルベローヴァさんと比べたいという思いがあったので、事前にチケットエージェントさんに依頼して入手してもらいました。かなりお値段が張りましたが‥

2回目の「ラ・ボエーム」については笑い話があって、たまたま某チケット業者さんのサイトを見ていたら、Feriでも手の出る値段で「空席あり」となっている席があったため、さっそく申し込みました。

ところが、チケット業者さん側の不手際で、実際には手持ちのチケットが完売していたにもかかわらず、インターネット上には「空席あり」と表示が出てしまった‥というのです。

ただ、そこはプロ。“ダメでした。ゴメンナサイ”ではなく、不手際を詫びた上で、何とかチケットを確保してきました。流石です。

Img_2010_04_2675

余談ですが、この時に「ランメルモール」には、現在は、日本でご活躍のバリトン歌手・甲斐 栄次郎さんも出演していました。

また、日本のようにダフ行為が禁止されていないため、劇場付近で、当日のチケット転売している素人(セミプロかな)やプロを見かけることがあります。

これは、かなり昔ですが、国立歌劇場前で明らかにプロの転売屋さんから、チケットを買ったこともあります。

声をかけてきたダフ屋のおっさんにFeriが“手持ちの現金がない”と言ったら、“Bankomatで下ろしたら?”と言ってくるところは、プロのダフ屋です。さすがにフォルクスオーパーの前には、余り転売屋さんは出没しないようですが‥

ところでFeriも、2010年3月、バイエルン国立歌劇場でグルベローヴァさんが出演するルクレツィア・ボルジア「」を見に行った際、予備で買ったチケットが余ってしまったことがあります。

ウィーンでしたら、速攻で、こちらに住む友人にプレゼントするのですが、如何せん、知人がいないドイツのミュンヘン。

Img_2009_03_2791

そこで、開演前に劇場前で転売にチャレンジしました。さすがにグルベローヴァさんが出演する公演だけに、何人かが声をかけてきましたが、値段が折り合わず、交渉決裂。

最終的には若い女性のファンに、ほぼ定価という「良心的なお値段」で転売しました。日本だったら完全なダフ行為です。

最近は、Culturallでも、お客さまが入手したチケットの再販売を受託するようになりました。Culturallの再販売では、出品するお客さま側が価格設定をするため、なかなか興味深い値段になっている公演もあります。

いずれにしても日本よりは、チケットの再販売やプレミアムを付けての販売が一般的になっているような気もします。

なぜ、日本では、このように人気公演については、プレミアムを付けたチケット販売が公認されていのか、そのあたり、「大人の事情」がありそうです。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

日記・コラム・つぶやき |

« またまた架設水道の話題 | Main | 番外編 零ICHI(ゼロイチ)とは? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« またまた架設水道の話題 | Main | 番外編 零ICHI(ゼロイチ)とは? »