« Bierの銘柄 | Main | 謎のピクトグラムシリーズ 不気味なマーク これは何? »

May 21, 2017

スタイリッシュな四輪自転車

Img_2016_04_1085

今日は「乗り物の話題」をお伝えしましょう。

今日は日曜日なので、休日向けの話題を選んでみました。以前、フォルクスオーパーへ観劇に出かけた際、おなじみCafé Weimarの前を通りかかった際、写真のような自転車が駐輪していました。

恐らく、この自転車のオーナーさんはCafé Weimarでご休憩中かと思います。写真をご覧になるとおわかりのように、四輪タイプの2人乗り(サイド・バイ・サイド)自転車です。

よく旧市街で、ベロタクシーを見かけますが、あちらはドライバーさんを含めて、3人乗りで、かつ電動アシスト付き。

Img_2016_04_1086

こちらは、ちょっと見た限りでは電動アシストのない人力専用車のようですが、写真を拡大して見たところ、前部にあるペダルにモーターが取り付けられており、やはり電動アシスト自転車(こちらではE-Bikeと言いますが)でした。しかし、なかなかスタイリッシュですね。

以前、体の不自由な方向けの三輪自転車を見かけたことがありますが、それに似たデザインです。

こんな自転車でウィーンの街を走ったら、さぞ、気持ち良いことでしょう。どんな方がオーナーさんなのか、興味がありましたが、Caféから出てくるまで張り込むほどFeriも暇ではないので、写真だけ撮影して、その場を去りました。

後日、調べたところPacific Cyclesという台湾に本社・工場がある自転車メーカー製であることがわかりました。日本にもPacific Cycles Japanという法人があり、折りたたみ式自転車など、なかなかユニークな製品を発売しているようです。

20170520_x201_00001

写真の製品は「2RIDER Electric」というモデルで、4850ドルほどするようです。なお、変速機には、世界のトップブランド・SHIMANO製(Shimano Alivio 8speed)が採用されています。

ちなみに、電動アシスト機能が付いていないモデルも販売しています。

ところで、その後、ふと気になったのが、「この四輪自転車の大きさ」です。というのは幅がかなりありますから、通常の自転車専用レーンを走行する場合、かなりのスペースをとってしまいます。

こちらの自転車専用レーンは、広い道路の場合は比較的、片方向でも2レーン分はあるので、何とかなると思います。しかし、道路幅が狭く、自転車専用レーンの幅が狭いケースです。

フォルクスオーパー前のWähringer Straßeなども、比較的狭いので、どこを走っているのでしょうね。通常の自転車と異なり、車高が狭いため、自動車用のレーンを走る場合、それなりのリスクがありそうな気もします。

まぁ、オーナーではないFeriが気にすることではないのかもしれませんが、実際に走っているところを見たいものです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

乗り物 |

« Bierの銘柄 | Main | 謎のピクトグラムシリーズ 不気味なマーク これは何? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Bierの銘柄 | Main | 謎のピクトグラムシリーズ 不気味なマーク これは何? »