« ウィーンで見かけるVHSとは? | Main | 雹(ひょう)の被害 »

May 30, 2017

オーストリアのエアコンですが‥

Img_2016_12_0539

今日は「エアコンの話題」です。

ご存じのように緯度が高いオーストリアでは、以前はクーラーは特別な場所以外、導入されていませんでした。日本でも、以前、北海道は、暖房機器は充実していますが、クーラーを設置している家庭が極めて少なかったのと同じ理由です。

もちろん、オーストリアも夏は気温が日本と同じように上がりますが、湿度が低いため、日陰に入ると涼しく感じるという特長がありました。

そのため、高層ビルディングなど特殊な例を除いて、クーラーやエアコンを設置するという習慣はなかったと思います。

Img_2017_02_0374

少なくとも、Feriが35年前に始めてオーストリアを訪問した頃は、「クーラーとは無縁の世界」でした。

それだけに、夏にオーストリアでバカンスを過ごして、帰国すると、日本到着前の機内アナウンスで“成田の気温は38度云々”という情報にせっすると、ゲッソリしたものです。

さて、そんなオーストリアですが、温暖化の影響もあるのか、ウィーンをはじめとする低地地方では、一般家庭も含めてクーラーやエアコンを設置するところが増えてきました。

Img_2017_02_0122

特にウィーンでは、商店でクーラーを導入するところが非常に増えているように感じます。一つは、季候の変動もあるでしょうが、以前と異なり、OA機器の増加により室内温度が上がる傾向も影響しているのかもしれません。

流石にディスプレイはブラウン管方式から液晶方式に変わり廃熱量は大幅に軽減されていますが、タワー側のパソコンでは本体から結構、熱が出ますからね‥

さて、そんなクーラー事情ですが、Feriが興味を持ったのは、「どのメーカー製の製品が使われているか」という点です。

Img_2017_02_0120

もちろん、統計データーを取ったわけでは無く、たまたまFeriが通りかかって見かけたものからピックアップしているので、必ずしも正確ではないかもしれません。この点は個人ブログなので、ご容赦下さい(言い訳モード)。

まず、圧倒的に多いと感じるのは、日本製。トップに掲載した写真は、Feriのアパート近くにある携帯電話ショップですが、HITACHI製でした。

最近は街を歩いているときでも、エアコンの室外機を見つけると写真を撮るクセがついてしまいました。気をつけないと「怪しい人物」と誤解されそうです。

Img_2017_02_0144

家庭用や小規模事務所用のエアコンですが、この他にもTOSHIBA製、Panasonic製などを発見しました。

以前、このブログでご紹介したようにホテルのビルトイン型エアコンでは、DAIKINやMITUBISHIなども採用されています。

日本は事実上の亜熱帯で、湿度も高いですから、その環境で鍛えられたエアコンやクーラーは、こちらでも信頼性が高いような気がします。また、日本製の多くはインバーター方式のものでした。

また、最後の写真はウィーン交通博物館REMISEで見つけたFUJITSUのエアコンです。オフィス用の大型室外機ですね。日本では、ご存じのように富士通ゼネラルがエアコンを販売していますが、ヨーロッパではFUJITSUブランドで販売しているそうです。

Img_2016_08_2740

そんな中、STIEBEL ELTRONという名前がついた室外機を見つけました。同社はドイツ・ニーダーザクセン州に本社があるメーカーだそうです。

元々は暖房装置の製造・販売が中心だったようですが、その後、電気温水器や給湯器、ヒートポンプシステムなどを手がけるようになりました。

日本にも現地法人がありますが、エアコンについては取り扱っていないようです。

この他、最近増えているのがSAMSUNGなどの韓国勢。やはりお値段が日本のメーカーよりも安いようで、急速にシェアを伸ばしているような気がします。

昨年、Feriが宿泊したニーダーエスターライヒ州の小さな街にある某ホテルのエアコンもSAMSUNG製でした(余談ですが、液晶テレビも同社製)。

Img_2015_09_4984

ところで、こちらの住まいは、いわゆる「外断熱工法」を採用しているため、冬は非常に暖かいのが特長です。

また、気密性が高いため、反面、一度、暖かくなってしまうと、なかなか冷えないという特性もあります。そのため、夏など、西日が入って部屋の温度が上がってしまうと、日が落ちても室温が高いまま‥

そのため、西日が入る部屋の場合、室温を上げない工夫をしないと大変なことになります。5区でFeriがお借りしている部屋は、西日の入らない方角だったので、全く問題ありませんでした。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« ウィーンで見かけるVHSとは? | Main | 雹(ひょう)の被害 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンで見かけるVHSとは? | Main | 雹(ひょう)の被害 »