« オーストリアの国花と国鳥は? | Main | Bierの銘柄 »

May 19, 2017

トランジットモール

Img_2014_05_2986

今日は「都市交通の話題」をお届けしましょう。

ヨーロッパを中心に、最近では都市中心部への自動車乗り入れを制限する動きがあります。その一つが「トランジットモール」と呼ばれる施策です。

「トランジットモール」とは、「公共交通と歩行者だけの通行を許した街路」のことで、公共交通(路面電車やバス)をスムーズに通すことに加えて、歩行者が自由に街路の向こう側にわたれることを狙っています。

そのため、トランジットモール内は、歩行者は自由に歩くことができますので、原則として、信号機はありません。もっとも最近では、例外も出てきているようですが‥

Img_2014_10_7762

では、路面電車が発達しているウィーンで、トランジットモールは存在するのか? 実は一部に、路面電車と歩行者だけが通行できるエリアがありますが、本格的なトランジットモールと呼べる場所は存在しません。

Feriの知る限り、現在、2系統の終点近くのOttakringにあるJohannes-Krawarik-Gasse停留所付近については、自動車の乗り入れが禁止されており、トランジットモールのような雰囲気になっています(左の写真が、その現場です)。

Katholische Kirche Altottakringの前に当たります。ただ、トランジットモールと言うより、広場のような雰囲気ですが‥

ただ、Feriは、黄昏時のJohannes-Krawarik-Gasse停留所付近の雰囲気は非常に好きです。

また、路面電車ではありませんが、歩行者優先の施策が打ち出され、抜本的な改良が行われたMariahilfer Straßeについても路線バス13Aが走っている区間が、トランジットモールのような雰囲気になっています。

ただし、ここは一般車両(自動車)の通行が完全にシャットアウトされている訳ではないので、厳密にはトランジットモールの定義からは外れると思います。

Kärntner StraßeやGrabenも基本的に歩行者優先ですが、時間帯によっては、荷物を搬入する自動車なども乗り入れますから、こちらもトランジットモールとは言えないと思います。

Img_2015_06_0840


これだけ路面電車が発達しているにもかかわらず、トランジットモールがウィーンにできないのか、Feriには不思議なのですが‥

恐らく商店などに対して、荷物を搬入する必要があること、繁華街でも上層階は住民が住む集合住宅が多いことなどが、要因になっているような気がします。

一方、グラーツの中心部にあるHauptplatzからHerrengasseに続く区間については、トランジットモールになっています。

例外的に荷物搬入用の自動車が走ることもありますが、信号機もなく、他のヨーロッパの都市で見られるトランジットモールです。

Img_2015_02_2346

道路中央に路面電車が走り、歩行者は自由に道路を渡ることができます。もちろん、わざわざ軌道上を歩いている人はいませんが、自動車が走っていない分だけ、歩行者は自由に移動することができます。

この雰囲気は、今回、掲載した写真でお感じ頂けると思います。

Img_2008_07_5208

Feriは、最近、InnsbruckやLinzには行っていないので、もしかするとトランジットモールができている可能性があるかもしれません。

オーストリアのお隣、ドイツはトランジットモールの採用に積極的で、有名なのがミュンヘンのトランジットモール。バイエルン国立歌劇場近くにもトランジットモールが設定されています。

日本人は、トランジットモールに慣れていないので、Feriも最初に行ったときは、正直、戸惑いました。こちらの歩行者が、路面電車を避けながら、上手に移動しているのを見て、トランジットモールの歩き方を学んだことを覚えています。

しかし、他のヨーロッパ都市では、トランジットモール周辺の商業施設へ荷物などを搬入する場合、どのような方法を採用しているのか、興味があるところです。

また、トランジットモール周辺に住んでいる住民の自家用車対策などは、どうなっているのでしょうね。残念ながらFeriは、都市交通の専門家ではないので、このあたりの事情をご紹介することができず、残念です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

乗り物, 街角の話題 |

« オーストリアの国花と国鳥は? | Main | Bierの銘柄 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オーストリアの国花と国鳥は? | Main | Bierの銘柄 »