« ウィーン市の新路面電車プロジェクト | Main | こだわりのベッカライJOSEPH »

June 23, 2017

謎のピクトグラム 番外編 楽しいHOTEL

Img_2004_05_7213

今日は「謎のピクトグラムの番外編」をお届けしましょう。

見つけた場所は、オーストリアではなく、ドイツだったので「番外編」としました。同じドイツ語圏ですが、オーストリアとドイツは、微妙に違うのが特長。実際、ドイツ語でも単語が異なっているケースもあります。

先日、昔の駅舎を転用したBaden-Badenの祝祭劇場をご紹介しましたが、その時、Baden-Badenで見つけたピクトグラムをご紹介しましょう。

Baden-Badenは、古くからの温泉保養地ですが、現在ではリゾート地としての性格が強くなっているようです。

Img_2004_05_7209

街には大きな公園もあり、祝祭劇場をはじめとする様々な施設が充実しています。また、比較的古いデザインの建物も多く、風情のある街並みが印象的でした。

ウィーン近郊のBadenよりも街の規模は大きいため、ホテルの数も多いような気がします。

この時、FeriはウィーンからBaden-Badenへ1泊で出かけたのですが、Frankfurtまでは航空機を利用し、空港駅からドイツ鉄道自慢のICEで向かいました。この区間は幹線なので、ICEも新型が投入されていました。

宿泊したホテルは祝祭劇場から少し離れた街の中心部にありました。こちらは、今回、ご紹介するピクトグラムとは関係ありません(笑)。

Img_2004_05_7212

ホテルへ到着後、祝祭劇場の確認を兼ねて街を散策しましたが、その時、見かけたのが写真のピクトグラムです。

ピクトグラムというより、「ホテルの看板」と考えた方が良さそうですが、恰幅の良い男性らしき人物がベッドでお休みになっているシルエットが、なかなか良いですね。

快適な睡眠をお約束します‥といったホテルのメッセージが伝わってくるようです。通常、真面目な看板が多い中、ちょっとユーモラスなデザインが目を引きました。

ちなみに、今まで色々なところを訪ねていますが、このようにベッドに寝ている人物をモチーフにしたピクトグラム(または看板)というのは、オーストリアでも見た記憶がありません。

なお、この看板にひかれて、昼食は、このホテルのレストランでとりました。季節の良い時期だったので、シャニガルテンを利用したのは言うまでもありません。

Img_2004_04_7215

ウィーン近郊のBadenならば、ホイリゲへ直行なのですが、こちらは普通のレストランですが、自慢のBierとヴァイスヴルスト(Weißwurst)を食べました。

ご存じの方も多いと思いますが、ヴァイスヴルストは日持ちがしません。それだけに新鮮さが勝負。そして、レストランなどでは、茹で汁とともに大きなボウルに入れてテーブルに運ばれてくるのが一般的です。この時も、正に正統派のスタイルでした。

ウィーンでも販売していますが、やはり本場は美味しいような気がしましたね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

ピクトグラム, 旅行・地域 |

« ウィーン市の新路面電車プロジェクト | Main | こだわりのベッカライJOSEPH »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーン市の新路面電車プロジェクト | Main | こだわりのベッカライJOSEPH »