« World Naked Bike Ride 2017 | Main | 謎のピクトグラム 番外編 楽しいHOTEL »

June 22, 2017

ウィーン市の新路面電車プロジェクト

20170620_x201_00001

今日はWiener Linienが発表した「Straßenbahn-Projekte laut Öffi-Paket bis 2020」の概要をお届けしましょう。

Wiener Linienでは、これから2020年に向けて、路面電車やバスの路線延長やルート変更を中心とした改良プロジェクトを発表しました。地下鉄U1の延長開業、U2/U5の建設工事なども関係しているようです。

-O系統の延長
O系統は、現在、Migerkastraße-Praterstern間を結ぶ路線ですが、北部の都市開発に合わせてPratersternまで1.4キロ、延長されることになりました。

この間に、4つの停留所が新設される予定になっています。なお、延長工事は2019年から開始されます。

-D系統の延長
D系統は、現在、Alfred-Adler-Straße ―Beethovengang間を結ぶ路線で、Hauptbahnhof Ostにも乗り入れています。

Img_2012_12_0449

現在はHauptbahnhofの先、Alfred-Adler-Straßeで折り返していますが、これをAbsberggasseまで延長しようというものです。延長区間の距離は1.1キロで、2つの停留所が新設されます。

この区間はU1と並行する路線ですが、ご存じのようにHauptbahnhof周辺の大規模再開発プロジェクトが進められているエリアです。そのため、U1を補完し、新しいエリアへの足を確保するための路線延長となったようです。

-6系統の路線改良
6系統はBurggasse-Stadthalle - Kaiserebersdorf, Zinnergasse間を結ぶ路線です。

路線が長い上に、混雑する区間を通過することから、より円滑な運行を行うため、新しいループ線を建設することになりました。

なお、D系統が延長されるとAbsberggasseで接続することになります。恐らく、D系統の延長に合わせた関連工事になると思われます。

-67系統の延長
67系統はOtto-Probst-Platz-Per-Albin-Hansson-Siedlung間を結ぶ路線です。

今回、発表された計画では、Per-Albin-Hansson-SiedlungからStreckenabschnittまで延長することになりました。これはU1の延長開業に伴う輸送需要の変化に合わせたものです。

また、6系統の運行を円滑にするため、供用区間の見直しも行われる模様です。工事は2018年から始まる予定になっています。

Grafikoffipaket_215465

-2系統と44系統の路線見直し
すでに、このブログでもご紹介しているように2系統と44系統の路線見直しが行われます。

44系統がOttakringへ、2系統がDorunbachへ行き先が変更されます。Johan-Nepomuk-Berger-Platzで接続するので、利便性は向上します。なお、こちらは、既に工事が進められています。


-15Aの改良
Meidling Hauptstraße -Enkplatz/Grillgasse間を結ぶバス路線15Aは、代替交通機関がないことから、混雑することでも有名です。

そこで、円滑な運行を図るためにバス専用レーンの増設、停留所の改修などの改良工事が行われることになりました。工事は2018年から開始される予定です。

この計画を見て、Feriが驚いたのは、路面電車の路線延長が含まれていることです。前回、U2の延長開業に合わせて25系統が延長されましたが、今後も地下鉄を補完する形で、路面電車を有効に活用していこうというウィーン市の意向が強く感じられます。

もともとコンパクトな街ウィーンですが、公共の市内交通網の充実は、目を見張るものがあります。

公共交通が縮小される傾向にある日本の中規模都市とは大きな差がありますが、これは、街づくりに対する基本的な考え方の違いによるものでしょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

乗り物, 街角の話題, 鉄道のお話 |

« World Naked Bike Ride 2017 | Main | 謎のピクトグラム 番外編 楽しいHOTEL »

Comments

その一方で、イタリア・ローマの様に地下鉄の建設が進まない都市なのに、路面電車の路線がごく僅かという所もありますが・・・
ウィーンより大きいとは言え、肝心の地下鉄工事が遺跡の調査が優先されるので、思うように進まず、新路線のC線が中心部への延伸がいつになるのかさっぱり分かりません。その一方で、路面電車の路線が廃止され、残っているのがごく僅かというのは理解出来ません。ウィーンの様な路線網があれば、地下鉄建設に関係なく、一定の需要が見込めるはずなのですが、自動車やバス優先の考えなのでしょうか?

こういう点も同じEUでも国によって違うんだなぁ・・・と思った次第です。

Posted by: おざきとしふみ | June 24, 2017 at 10:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« World Naked Bike Ride 2017 | Main | 謎のピクトグラム 番外編 楽しいHOTEL »