« ORFの車両も様々‥ | Main | 大型荷物の搬入も大変です »

June 11, 2017

番外編 謎の飛行機

Img_2015_06_0585


小耳に挟んだ話ですが、日本では6月11日は「傘の日」だそうですが、皆さまは、ご存じでいらっしゃいましたか?

日本洋傘振興協議会という団体が、暦の上で「入梅」にあたる6月11日を「傘の日」と定め、毎年ファッション性や機能性など傘の持つ多様な魅力の紹介にもつとめているそうです。

日本では、最近、傘=ビニール傘というイメージが定着してしまっているので、そういった使い捨て文化を払拭することも狙っているような気がします。

余談ですが、日本洋傘振興協議会のホームページには「世界の傘事情」という興味深い記事が掲載されているのですが、その中に「オーストリア編」がありました。その中で、SalzburgにあるKirchtagという傘の老舗が紹介されています。このエピソードは、後日、改めて‥

今日は、「ちょっと変わった飛行機のお話」です。

以前、オーストリアへの往復で頻繁に利用するドイツのフランクフルト・アム・マイン空港で、写真のような奇妙な飛行機を見かけました。

Img_2014_10_8305

一見すると、古くなった飛行機のようですが、機首部分が妙な形をしており、エンジン部分も変な感じです。

実は、この飛行機ですが、実際にお客さまを乗せて飛んだことがない、特殊な訓練用の実物大模型です。

この訓練というのは、航空機火災の消火と救助です。実際にガスバーナーなどにより火災をシミュレーションするため、機体は、通常の飛行機のようにアルミ合金製ではなく、耐火性の特殊な金属でできているそうです。

火災も機体だけではなく、エンジンからの出火、離着陸装置からの出火など、実際に想定される様々な場面を再現できるようです。

この訓練施設を使って、実際に航空機の消火や乗客の救助にあたる消防隊員の技術向上を図っているのです。

このような目的なので、機体のサイズは、実物大。エアバスA300、ボーイングB767クラスの大きさだと思われます。

Img_2014_10_8304

ウィーンのシュヴェヒャート空港にも、似たような金属製の飛行機がありますが、こちらはフレームだけの簡易なもの。そのため、訓練内容も限定されると思います。

なお、フランクフルト・アム・マイン空港に設置されている、この機体、しっかりD-FREYという登録番号も記入されています。もちろん、飛行機として、実際に登録されている訳ではありません。

最後の写真は、ウィーンの消防署まつりでデモンストレーションに使用された火災訓練用コンテナ。これの飛行機版と考えてよいでしょう。

さて、日本では長崎空港に隣接した場所に空港保安防災教育訓練センターという国道交通省の施設があり、そこに同じような設備が設置されています。Feriも、昔、仕事で長崎空港を利用した際、機内からチラッと見たことがあります。

Img_2016_09_0170_2

日本の施設も一般には公開されていませんが、紹介記事によると胴体内は16の区画に仕切られており、プロパンガスを燃料にしたバーナーが並んでおり、制御室から炎の強弱や火災の範囲などをコントロールできるようです。

実際に空港で航空機火災が発生したら困りますが、万が一の場合、円滑に消火や救助を行うためには、このような施設を使って、様々なケースを想定した訓練が不可欠だと思います。

ちなみに、このブログでも何回かご紹介していますが、空港で使う特殊消防車は、オーストリアが誇るはRosenbauer International AG(ローゼンバウアー)製が、圧倒的な世界的シェアを誇っています。

訓練の都度、燃やされる「謎の飛行機」。航空安全を守る「縁の下の力持ち」と言えるでしょう。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

飛行機のお話 |

« ORFの車両も様々‥ | Main | 大型荷物の搬入も大変です »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ORFの車両も様々‥ | Main | 大型荷物の搬入も大変です »