« 街の真ん中にあるランドアバウト | Main | 移民トラブル‥ »

July 21, 2017

郷土料理“Lungauer Bauerngröstl”

Img_2007_08_8738_2

今日は「郷土料理の話題」をお届けしましょう。

夏は車で地方に旅行することが多かったFeri。当然、三食が外食になります。定番のWiener Schnitzelもいただきますが、正直、飽きてきます(笑)。

また、フルスペックのWiener Schnitzelは食べることができなくなってからは、パスタなどを食べることも増えてきました。

地方に行ってもイタリアに近い地方は、イタリア人の観光客が多いこともあり、ピザ屋さんが必ずあります。ピアは巨大ですが、パスタに関しては、こちらの感覚では量が少なく、今のFeri向きです。

Img_2007_08_8735

しかし、時々、その地方の料理を食べてみたくなることがあります。地方で比較的多いのがBauerngröstlと呼ばれる料理です。

このジャンルで有名なのが、“Tiroler gröstl”。チロル地方の家庭で最も親しまれている代表的な郷土料理で、じゃがいも、牛肉、豚肉、玉ねぎ、そしてハーブを混ぜ合わせて炒めた料理です。

「チロル風肉じゃが料理」という人もいますが、日本の肉じゃがとはイメージが違うのは言うまでもありません。

ご参考までに、最後の写真がウィーンで食べたTiroler gröstl。目玉焼きが載っているのがポイントかな‥

さて、今回、ご紹介する“Lungauer Bauerngröstl”も、この親戚と言って良いでしょう。地名が冠されていることからもわかるように、ザルツブルク州にあるLungau地方の郷土料理のようです。

20170720_x201_00001


ただ、Feriは、オリジナルを全く知らないので、レストランで出てきた“Lungauer Bauerngröstl”がオリジナルに忠実なのかどうかは、わかりません(笑)。

この時は、Tiroler gröstlもMenüに載っており、どちらにするか迷ったのですが、一度は試したい郷土料理ということで“Lungauer Bauerngröstl”をお願いしました。

Img_2012_06_3143

さて、出てきたものは、Feriが予想したとおりのもの。

ジャガイモの炒め物で、定番のSpeckscheibeに加えて、Bratwurstが載っているのが特長です。

ちなみに、Bauerngröstlは熱いフライパン(または鉄鍋)に入った形で提供されることが多いのですが、この時はフライパンでした。

この日は定食だったので、総ての料理にKrautsalatが付いていましたので、Feriにとっては結構、食べ応えがありました。

例によって味が単純なので、途中で飽きてきます。これだけは、致し方ありません。

ちなみに、お値段は6.8Euroでした。この手の料理には、WineよりBier。この日もBierを飲みながら、黄昏のシャニガルテンで、充実した一時を過ごしました。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング, 旅行・地域 |

« 街の真ん中にあるランドアバウト | Main | 移民トラブル‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 街の真ん中にあるランドアバウト | Main | 移民トラブル‥ »